« 2012年5月19日 | トップページ | 2012年5月21日 »

2012年5月20日

2012年5月20日 (日)

道路ふさぐテープ、バイク転倒 男性けが 京都・西京区(20日)

20日午前4時15分ごろ、京都市西京区川島尻堀町の市道丁字路で、新聞販売所従業員の男性(55)=同市右京区=のバイクが、道をふさぐように張られたテープに触れて転倒した。男性は腰などに軽いけが。京都府警西京署は悪質ないたずらとみて傷害容疑で調べている。
 同署などによると、張られていたのは、引っ越しで荷物を保護する時などに使われる「養生テープ」と呼ばれる化学樹脂製テープ。道路をふさぐように道路脇の鉄柵につなぎ約9メートルにわたり張られていた。地上から高さ56センチだったという。
 男性が気づきブレーキをかけたが間に合わず、テープの一部がハンドル部分に巻き付いてバランスを崩したという。丁字路に近い別の場所にも6.4メートルにわたり同様にテープが張られていたが、被害はなかった。

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=Logo2

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官26メートル引きずり医師逮捕 交通取り締まりで傷害容疑(20日)

岡山県警倉敷署は20日、速度違反の取り締まりをしていた警察官を引きずってけがをさせるなどしたとして、傷害と公務執行妨害などの疑いで川崎医科大付属病院(倉敷市)の放射線科医師、藤浪和正容疑者(29)=同市徳芳=を逮捕した。
 逮捕容疑は18日午後6時45分ごろ、倉敷市西坂の国道429号で、制限速度50キロを超える77キロで乗用車を運転。取り締まり中の男性巡査部長(32)が窓から手を入れてエンジンを止めようとしたところ、そのまま発進し、巡査部長を約26メートルひきずって転倒させ、左ひざの打撲などの軽傷を負わせた疑い。
 同署によると、藤浪容疑者は巡査部長に停止を求められていったんは止まったが「急いでいる。時間がない」と言って逃走したという。
 ほかの警察官が車のナンバーを覚えていた。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120520/crm12052020050008-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

風俗店従業員転落死で男2人を公開手配 強盗致傷容疑 警視庁(20日)

東京都品川区の雑居ビルで今月7日、このビルに住む元デリバリーヘルス(無店舗型風俗店)従業員の和久津安二郎さん(35)が転落死し、男4人が同居男性に暴行して現金を奪ったとして逮捕された事件で、警視庁大崎署捜査本部は20日、新たに強盗致傷などの疑いで、いずれも住所不詳、職業不詳、小田浩司(41)と柴田真也(28)の両容疑者を公開手配した。
 小田容疑者は、逮捕された自称風俗店経営、鳳山徳行容疑者(40)が経営していた風俗店の関係者とみられ、捜査本部は、和久津さんの転落死についても何らかの事情を知っているとみて行方を追っている。手配容疑は7日未明、品川区西五反田のビル7階で、男性(27)に暴行を加え、現金約2万円などを奪ったとしている。
 捜査本部によると、和久津さんと男性は以前、鳳山容疑者の風俗0店で働いていたが、事件前には、新たなデリヘルの開店準備のため、現場ビルに住み込んでいた。
 情報提供は大崎署捜査本部(電)03・3494・0110。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120520/crm12052021070009-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日単位・レベル)
命の大切さを教えよ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120507110151

 千葉県山武市で72歳の女性が自宅で刺殺された事件の犯人は孫の県立高校1年の少年(15)の犯行だった。
 事件は15日午後8時半ごろから16日午前6時20分ごろまでの間に1階自室で寝ていた女性が胸などを刺され死亡していた。少年は「女性宅にあった包丁で寝ているところを数回刺して殺害した」と容疑を認めていると言うが動機は「金をとったと責められた」と供述している。
 いずれにせよ衝動的に犯行に及んだとみられているが、警察庁によると少年犯罪は検挙人員が平成15年の14万4404人以来、減少を続けており平成23年は過去10年間で最も少ない7万7696人となった。罪種別では暴力行為など粗暴犯、窃盗犯が前年に比べて減少するなど減少傾向にあるのに対して、殺人事件の23年の検挙者は785人で前年に比べて2人の増。強盗事件は593人で同28人の増で、10年前に比べて凶悪犯も全体的に減少傾向にあるものの高水準で推移している。

 先日の産経新聞に10代の声という投書欄に13歳の中学生が、10年育てた金魚を死なせたことに対する反省や16歳の高校生が不幸な動物を救うため獣医になりたいなど、命に関する意見が掲載されていた。ダンスや武道だけでなく、「命の大切さ」を教える教育が必要である。
 東京都多摩市の集合団地「エステート永山」敷地内で19日の夜から不審火が4件続いており警戒が必要だ。首都東京体感治安は「レベル2(イエロー)」とする。
 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「1件でも多くの情報を」 板橋の資産家夫婦殺害から3年 警視庁がチラシ配布(20日)

東京都板橋区で平成21年5月、不動産賃貸業の瀬田英一さん=当時(74)=夫婦が自宅で殺害、放火された事件が発生から丸3年になるのを前に、警視庁板橋署捜査本部は20日、東武東上線大山駅など現場近くの3駅でチラシを配り、事件に関する情報提供を求めた。
 大山駅前で、通行人らにチラシを手渡した捜査1課の龍一文課長は「非常に痛ましい事件。被害者の無念を晴らすためにも、1件でも多くの情報を寄せて頂きたい」と呼びかけた。
 事件は、21年5月25日未明、板橋区弥生町の瀬田さん方から出火し、焼け跡から鈍器のようなもので殴られ、刃物で刺された英一さんと妻、千枝子さん=同(69)=の遺体が見つかった。警視庁は、これまでに延べ約2万7千人の捜査員を動員、94件の情報が寄せられたが、犯人特定には至っていない。
 情報提供は板橋署捜査本部(電)03・5272・0110まで。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120520/crm12052012520005-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

団地で連続不審火 同一犯とみて捜査 警視庁(20日)

東京都多摩市の集合団地「エステート永山」敷地内で19日深夜、ベビーカーなどが燃やされる不審火が4件相次いでいたことが20日、警視庁多摩中央署への取材で分かった。いずれも同団地の1号棟と6号棟付近で短時間に発生していることから、同署は同一犯による連続放火の可能性があるとみて、非建造物等放火の疑いで調べている。
 同署によると、不審火は19日午後11時10分ごろから約15分間に4件発生。1号棟入口に置いてあったベビーカー1台と自転車のタイヤや掲示板に掲示してあった紙が燃やされた上、6号棟前にあった枯葉が幅約1メートルにわたって燃えていた。
 火はすでに消えており、けが人はいないという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120520/crm12052013160006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

日食めがね、粗悪品にご注意…目傷める危険性(20日)

21日の金環日食を前に、太陽を見ると目を傷める危険性のある粗悪な日食めがねが販売されていたとして、消費者庁は18日、商品名を公表した。
 消費者に使わないよう呼びかけている。
 この日食めがねは、輸入業者「デメテル」(東京都豊島区)が販売した「日食観賞用グラス」(1個1900円)。同庁などによると、3月上旬頃からインターネット通販で計41個が販売された。同庁の指摘を受け、16日から自主回収を始めた。
 同庁は、このほかにも危険なめがねが出回っている可能性があると見ており、「室内の蛍光灯を見て、明るく、形がはっきり見える製品は使わないで」と、注意を促している。

| コメント (0) | トラックバック (0)

知人女性宅へ入り込み突き飛ばす…容疑の警部補(20日)

知人女性宅へ勝手に入り込み、この女性を突き飛ばしてけがをさせたとして、大阪府警浪速署は19日、滋賀県警高速隊小隊長の警部補・竹嶌園生容疑者(42)(大津市栄町)を傷害と住居侵入の疑いで逮捕した。
 竹嶌容疑者は「家に入ることは女性が承諾していた。突き飛ばしておらず、女性が勝手に転んだ」と容疑を否認しているという。
 発表では、竹嶌容疑者は17日、20歳代の飲食店店員の女性が住む大阪市浪速区のマンションの部屋に侵入。同日午後10時5分頃、買い物から帰宅した女性に「何してるの」と声をかけられた際、女性を突き飛ばして転倒させ、胸や腕の打撲などの軽傷を負わせた疑い。
 竹嶌容疑者は逃走し、女性は直後に110番した。竹嶌容疑者は女性が勤める同市内の飲食店に客として通い、知り合ったという。(2012年5月20日11時17分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

何でやねん! 盗難バイクを持ち主に返さず署内に4年間放置 兵庫県警(20日)

兵庫県警飾磨署は19日、同県姫路市内の女性(21)が平成20年2月に盗まれ、盗難届が出されていたミニバイクが同署内に約4年間放置されていたと発表した。盗難被害の翌日に署員が発見、署内に移動させていたとみられ、吉野泰司副署長は「誠に申し訳ない。署員に対する指導を徹底したい」としている。
 同署によると今月7日、同署裏の駐輪場で放置されているミニバイクを署員が発見。盗品照会をしたところ、20年2月12日に盗まれ、翌13日午後10時ごろ、所有者の女性から盗難届が提出されていた。記録を調べたところ、盗難届提出前の13日午前9時40分ごろ、同署員が同じミニバイクの盗品照会をしていたといい、その後署内に放置されたとみられるという。同署は詳しい経緯を調べている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120520/crm12052011430002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

父殺害容疑で無職の41歳男逮捕 浜松(20日)

浜松東署は20日、父親(74)を刺殺したとして、殺人の現行犯で、浜松市東区、無職の男(41)を逮捕した。
 逮捕容疑は、20日午前3時15分ごろ、自宅で父親の首を果物ナイフで刺して殺害したとしている。
 浜松東署によると、男は両親と3人暮らし。現場を目撃した母親が、近所に住む親族を通じて通報した。同署が詳しく調べている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120520/crm12052011530004-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗傷害:「万引きの男に切られ」店員重傷(20日)

19日午後10時40分ごろ、福岡県糸島市前原中央3のビデオショップ駐車場で、男性店員(25)が店にいた男に刃物のようなもので首や腹を切られた。店員は福岡市内の病院に運ばれたが重傷という。県警糸島署は強盗傷害事件とみて逃げた男の行方を追っている。
 同署によると、店員は通行人に「万引きの男に切られた」と話しているといい、男を追いかけた際に切られたという。店内の防犯ビデオカメラ映像から、男は10〜20代で170センチ前後。緑色の野球帽に「5」とプリントされた緑色のシャツを着ていたという。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120520k0000m040110000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

12万円クワガタつがい盗む…ほかに14匹不明(20日)

オオクワガタの中では最も大きくなる種類の一つとして人気の高い「グランディスオオクワガタ」(インド産)のつがい(計12万8000円相当)を昆虫販売店で盗んだとして、京都府警伏見署は18日、久御山町野村村東、無職平田健司容疑者(50)を窃盗容疑で逮捕した。
 同じ店では、逮捕容疑の2匹とは別に14匹のクワガタがいなくなっており、同署は、余罪があるとみて調べる。
 発表では、平田容疑者は昨年8月25日午後、伏見区内の昆虫販売店で、展示中のグランディスオオクワガタの雄と雌各1匹をケースから盗み出した疑い。同署がこの日、家宅捜索した際、雌(体長5・3センチ)は見つかったが、平田容疑者は容疑を認めたうえで「雄は死んだ」と供述したという。
 同署によると、平田容疑者は昨年7月頃からこの店を訪れ、店を出た後にクワガタがいなくなっていることが多かったため、同8月下旬に店主が追及したところ、平田容疑者は盗んだことを認めたという。しかし、平田容疑者が約束した代金の支払いをしなかったため、店主が今年2月、同署に被害届を出していた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

“エロDVD”詐欺に注意を!“告発”チラつかせ金銭要求(20日)

男のスケベ心につけ込む、新手の詐欺の存在が明らかになった。アダルトDVD児童ポルノ購入者に対する「告発状」なるものを不特定多数に郵送し、連絡してきた人から金銭を要求するものだ。中には、40万円をだまし取られたケースまであるという。
 「あなたの行為は法律に違反しています」
 思わずドキッとするような、こんな文言が盛り込まれた手紙が突然送りつけられる被害が続発している。女性や児童の支援をする特定非営利法人(NPO)をかたる送り主のターゲットは、違法なわいせつDVD児童ポルノなどを購入した経験がある人たち。
 「被害者女性の強い意向により事件証拠(購入履歴、金融機関履歴等)を提出し告発致します」と脅し、連絡を要求。まんまとひっかかった人から金銭をだまし取るのだ。「児童や女性に対するこのような行為は非人道的で絶対に許されません」と強調する手口も共通しているという。
 国民生活センターによると、被害は全国規模に波及している。各地の消費生活センターには、昨年ごろから被害相談が増え始め、今年3月には相談件数は103件にまで達したという。
 捜査関係者は「モザイクなしの裏DVD児童ポルノ作品は所持しているだけで犯罪。購入者のやましい思いにつけこんだ詐欺だろう」と語る。国民生活センターでは、要求に応じないよう注意を呼びかけている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

大相撲力士事故で2人軽傷 東京・両国の交差点(20日)

19日午後7時55分ごろ、東京都墨田区立川の区道交差点で、直進しようとしたタクシーが右側から来た乗用車と出会い頭に接触する事故があった。警視庁本所署によると、タクシーの後部座席には、客として大相撲力士の十両の徳勝龍(25)と幕下の明瀬山の2人が乗っており、2人とも救急車で病院に運ばれたが、頸椎(けいつい)捻挫の軽傷という。タクシーの60代の男性運転手と乗用車に乗っていた男性2人にけがはなかった。
 交差点に信号機はなく、タクシー側に一時停止線があった。同署は、タクシー側が一時停止線を無視したとみて調べている。
 現場は夏場所が開催されている両国国技館から約800メートルの交差点だった。徳勝龍は20日に勝ち越しをかけた一番に望む予定。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

死亡男児虐待で同居の男再逮捕 「スーパーの階段で落ちた」と否認(20日)

大阪府枚方市で4月、1歳の男児が意識不明の状態で病院に搬送され、その後死亡した事件で、大阪府警捜査1課などは19日、殺人容疑で、男児と同居していた無職、有馬潤(まさる)被告(22)=男児の母親への傷害罪で起訴済み=を再逮捕した。府警によると、「近くのスーパーで階段から落ちたので、多分、それが原因」などと容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は、4月17日午後7時~7時半ごろ、枚方市甲斐田町の自宅で、知人女性(40)の長男、渋谷龍瑠(りゅりゅ)ちゃんを壁や床に何度も投げつけたり、腹を殴ったりして、殺害したとしている。
 府警によると、龍瑠ちゃんは有馬容疑者の弟の子供だが、有馬容疑者が認知。事件当時は、30代の内妻と内妻の連れ子、龍瑠ちゃんの4人暮らしだった。
 龍瑠ちゃんは17日夜、病院に搬送されたが、25日に死亡。死因は急性硬膜下血腫による脳ヘルニアで、頭の骨が折れていたほか、内臓も損傷していた。
 府警は先月18日、龍瑠ちゃんの母親の頭を蹴るなどして重傷を負わせたとして、有馬容疑者を傷害容疑で逮捕。龍瑠ちゃんが負傷した経緯について調べたところ、知人から「有馬容疑者が龍瑠ちゃんを床に投げつけた」などの証言を得て、暴行の状況から殺意があったと判断した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120519/crm12051921490005-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

違法薬物4種を麻薬指定 所持・使用でも摘発可能(20日)

幻覚症状や興奮作用などを引き起こすとして、薬事法で違法薬物に指定されている薬物のうち、乱用実態が確認された4薬物について、厚生労働省が麻薬取締法の規制対象となる「麻薬」に指定することが19日、分かった。パブリックコメント(意見公募)を経て、7月上旬にも麻薬に指定する政令を公布する。
 違法薬物は、成分構造別に「指定薬物」として規制されており、4薬物を含む68薬物が指定されている。薬事法では販売が禁じられるものの、所持や使用は規制されないが、麻薬に“格上げ”することで麻薬取締法が適用され、所持や使用などでも摘発可能になる。
 厚労省によると、麻薬指定されるのは、JWH-018▽カンナビシクロヘキサノール▽MDPV▽4-メチルメトカチノン(メフェドロン)。MDPVは平成20年12月、ほかの3薬物は21年10月に指定薬物となっていた。違法薬物の麻薬指定は20年以来4年ぶり。
 違法薬物は若者を中心に乱用が後を絶たず、最近は違法薬物とほぼ同じ成分が含まれているものの薬事法で規制できていない「脱法ハーブ」などの「脱法ドラッグ」を販売・流通するケースも横行している。
 厚労省は今後も乱用実態のある違法薬物の麻薬指定を進め乱用に歯止めをかけていく方針。「脱法ドラッグ」は、指定薬物と成分構造が似ていれば一括で規制対象にできる「包括指定」の導入を検討している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120520/crm12052000050000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月19日 | トップページ | 2012年5月21日 »