« 2012年5月14日 | トップページ | 2012年5月16日 »

2012年5月15日

2012年5月15日 (火)

“アイロンを部下の体に”自衛官が懲戒(15日)

北海道の陸上自衛隊第2師団に所属する自衛官5人が、部下の自衛官11人に対し、アイロンを体に押し当てるなどの暴行を加えたなどとして、最長で停職60日の懲戒処分を受けました。
処分を受けたのは、北海道旭川市にある陸上自衛隊第2師団第2後方支援連隊に所属する24歳から40歳の自衛官5人です。
第2師団によりますと、5人は、去年9月、教官などとして部下の自衛官11人の指導に当たっていましたが、このうちの1人が部下の足などを蹴ったり熱いアイロンを尻に押し当てたりするなどの暴行を加えていたほか、別の1人は香辛料を付けたお菓子を無理やり食べさせていました。
また、ほかの3人は暴行を見ていながら制止せず黙認していたということで、5人は停職1日から60日の懲戒処分を受けました。
第2師団では、「このような事件が起きたことは誠に遺憾だ。指導教育を徹底し、再発防止に万全を期したい」とコメントしています。

News_pic1_4 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120515/k10015141961000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

落書き:JR東、特殊塗料で対策…壁面コーティング(15日)

鉄道施設の落書きに悩まされているJR東日本東京支社は15日、山手線線路周辺の約100カ所を対象に落書き防止対策に乗り出すと発表した。塗料メーカーが開発した反射材入りの特殊塗料を壁面にコーティングし、落書きに使われる接着剤を付着しにくくするほか、付着しても塗料が簡単に除去できるよう防止塗料を塗布する。
 4月末現在、山手線の渋谷や原宿、池袋、五反田など駅周辺の線路下通路など約100カ所で落書きが確認された。住民や自治体からの通報を受けてそのつど消去してきたが、落書きは減らずイタチごっこが続いていた。
 同支社は「街の美化だけでなく、照明に反射する塗料を使用することで犯罪防止にもつながる」と新技術に期待を寄せる。初年度は渋谷駅周辺を中心に約40カ所で工事に着手する。3年計画で総額2億4000万円を予定している。【斎藤正利】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/news/20120516k0000m040053000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

土方歳三に憧れ、法被姿で模造刀…ホームで叫ぶ(15日)

神奈川県警神奈川署は15日、横浜市鶴見区矢向、元JR職員で無職の大竹芳雄容疑者(53)を銃刀法違反(模造刀剣の携帯禁止)容疑で現行犯逮捕した。
 発表によると、大竹容疑者は同日午後3時5分頃、JR京浜東北線東神奈川駅のホームで、日本刀に似た刃渡り約70センチの模造刀を所持した疑い。
 大竹容疑者は調べに対し、「日帰り旅行先の京都で買った。新撰組の土方歳三に憧れ、格好いいと思ってやった」と話しているという。
 同駅助役から「刃物を持った男が大声を出している」と110番があり、神奈川署員ら約50人がホームに駆けつけると、大竹容疑者が模造刀を手に持ち、水色の法被姿で立っていたという。大竹容疑者の呼気からは、1リットルあたり0・6ミリ・グラムのアルコール分が検出された。

| コメント (0) | トラックバック (0)

刺されて死亡した男性の身元判明 東京・台東(15日)

東京都台東区根岸のアパートで13日夜、男性が刺され死亡した事件で、警視庁下谷署は15日、男性はアパート3階に住む無職、国兼康祐さん(39)と確認した。 同署は傷害容疑で逮捕した隣人で無職、真壁貞雄容疑者(71)を同日、容疑を殺人に切り替えて東京地検に送検した。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120515/crm12051517540024-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

女児へのわいせつ容疑で元巡査を再逮捕 千葉県警(15日)

千葉県警成田署は15日、強制わいせつの疑いで県警成田国際空港警備隊の元巡査、坂本竜樹容疑者(23)=別の強制わいせつ罪で起訴=を再逮捕した。
 再逮捕容疑は4月3日正午ごろ、県内の公園で遊んでいた小学生の女児に声を掛け、近くの神社に連れ込んで体を触るなどしたとしている。
 同署によると「他にもやった」と供述しており、裏付けを進めている。坂本容疑者は平成19年に京都府警で採用され、昨年4月から千葉県警に出向。5月10日付で懲戒免職処分とされた。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120515/crm12051521000027-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(15、16日単位・レベル)
こんな教育でいいの?
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120507104621

15日は沖縄が本土に復帰してから40周年の節目の日。同日午後には、野田首相らが出席して記念式典も開かれた。
 この記念日に東京・世田谷区の私立和光小学校6年の授業で「沖縄」を取り上げていた。授業では担当の先生が昭和34年、アメリカ軍の戦闘機が沖縄の小学校に墜落した事故の写真を使い、沖縄が戦後27年間、アメリカ軍の統治下に置かれ、軍による事件や事故に巻き込まれてきた歴史を子どもたちに説明。沖縄では復帰後も、基地をめぐる問題が解決していない現実を伝えた。これに対して、子どもたちからは「基地はなぜ、都心にないのに、沖縄にはあるのか」などといった意見が出された。
 さらに児童の1人は「沖縄がアメリカに支配されていたのが写真でわかり、印象に残りました。これからもっと沖縄の歴史を学んでいきたいです」と話していた=NHK電子版

 担当の先生は「同じ日本でありながらあまり知られていない重要な歴史が沖縄にあることを子どもたちに知ってもらいたかった」と話しているが、沖縄の問題を「学校に戦闘機が墜落した」。「アメリカに支配されている」「沖縄県民が事件・事故の犠牲になっている」-など単純な出来事だけで教育するのは如何なものか。現実だけを説明するのではなく、戦争という悲しい出来事が背景にあり、戦争を二度と起こさないための「力のバランス」という安全保障問題の説明抜きにしては語れない部分もあろう。
 テレビを見ていて、国歌斉唱を否定し「国の存在を無視する」という日教組的な教育であると嘆かわしくなった。

 テレビ朝日の「朝まで生テレビ」の4月が沖縄からの中継だった。そのなかで、沖縄県民のなかには「日本から独立したい」の意見も出されていた。中国からの観光客などが多く収入もあるという。
 どうぞ独立してください。米軍、自衛隊は全て引き上げ、警察の運営も県民でどうぞと言いたい。文化も違うようだし日本国から切り離すことを提言したい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

幼稚園教諭殺害、カーナビ壊される (15日)

岐阜県瑞浪市で幼稚園教諭の女性が殺害された事件で、女性の車のカーナビが壊されていたことがわかりました。警察は、犯人が証拠隠滅を図ったとみて調べています。
 この事件は、幼稚園教諭の松井洋子さん(40)が殺害され、不審な男によって松井さんの口座から現金85万円が引き出されていたものです。
 瑞浪市役所の駐車場で見つかった松井さんの車に大量の血の跡が残っていたことから、警察は犯人がこの車の中で松井さんを殺害し、遺体を捨てた山中まで運んだとみていますが、この車のカーナビが壊されていたことが警察への取材で新たにわかりました。警察は、犯人が証拠隠滅のため、カーナビの走行記録を消そうとしたとみて、詳しく調べています。
 一方、殺害された松井さんの葬儀が午前11時半ごろから瑞浪市内で営まれ、参列者は松井さんに最後の別れを告げていました。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5029678.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

性暴力被害、24時間支援 6月から東京で電話相談開始(15日)

 性暴力にあった女性と子どもを被害後早くから支えようと、DV(ドメスティックバイオレンス)などの問題にとりくんできた女性たちが「性暴力救援センター・東京」を結成した。6月から24時間の電話相談を受け付け、早期の医療ケアに結びつけていく取り組みを始める。
 性被害の場合、早く産婦人科に行って適切な処置を受けられれば妊娠を防げる可能性が高くなり、心身の回復にもつながりやすいとされる。ただ、被害を周囲に話したり、病院に行ったりするのをためらう人が多いのが特徴だ。
 こうした課題を解消するため、安心して話せる相談窓口の整備や受け入れる医療体制づくりが各地で進んでいる。大阪では一昨年春に民間の「性暴力救援センター・大阪」が病院内に専用診察室を設けて電話相談を始めた。その夏には、愛知県警などが「ハートフルステーションあいち」をスタート。6月からは佐賀県も始める予定。東京のセンター結成もこうした取り組みの一つだ。
 センターの代表は東京都江戸川区のまつしま病院(産科、婦人科、小児科、心療内科)の佐々木静子院長が務める。事務局長の平川和子・東京フェミニストセラピィセンター所長は、被害から何年もたって相談に来る女性たちにカウンセラーとして接してきた。「被害直後からのケアが、どうしても必要。急性期のケアができる場所をつくれば、いろんな支援につながりやすい」と語る。
 電話を受けるのは、NPO法人「女性の安全と健康のための支援教育センター」による性暴力被害者支援看護職養成講座(40時間)を修了した看護師ら。必要に応じて、弁護士や精神科医、シェルター(避難所)も紹介する。本人が望めば警察に通報する。
 電話相談の番号は03・5607・0799。相談は電話・面接とも無料。活動費は寄付を募っていく。(編集委員・河原理子)

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子中学生3人のスカートめくる 容疑の静岡市職員逮捕「制服に触れた覚えあるが…」と容疑否認(15日)

静岡中央署などは15日、女子中学生のスカートをめくったとして、県迷惑防止条例違反の疑いで、静岡市葵区瀬名川、静岡市建設局土木部河川課職員、依田豊昭容疑者(25)を逮捕した。
 逮捕容疑は4月18日午後6時20分ごろ、静岡市清水区の路上で、自転車で帰宅途中の女子中学生3人のスカートをめくった疑い。
 同署によると「制服に触れた覚えはあるが、スカートはめくっていない」と容疑を否認している。同様の手口による被害の相談が市内の中学校からあったため、捜査していた。
 同市の池谷真樹行政管理部長は「事実であれば、大変遺憾。調査した上で、厳正に対応していきたい」とした。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120515/crm12051514490022-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

無施錠の居酒屋で窃盗の疑い(15日)

明け方まで営業していてカギがかかっていない、東京・渋谷区の居酒屋などに侵入して金を盗んだとして、47歳の男が逮捕されました。
警視庁は、男が同じ様な手口でこれまでに50件の盗みを繰り返していたとみて、調べています。
逮捕されたのは、住居不定、無職の古谷和寿容疑者(47)です。警視庁によりますと、古谷容疑者はことし1月と3月、渋谷区内の居酒屋とキャバクラに侵入し、店の売上金や従業員の財布の金19万円余りを盗んだとして、窃盗などの疑いが持たれています。
調べに対し古谷容疑者は「明け方まで営業している店は閉店した後、従業員がカギをかけずに仮眠していることが多いので、簡単に入れた。これまでに都内や神奈川県でおよそ50件盗みを繰り返した」と供述しているということです。古谷容疑者の自宅からは、狙いをつけた店の名前や駅からの道順を記したノートも見つかっているということで、警視庁は余罪についても調べを進めることにしています。

News_pic1_3 http://www.nhk.or.jp/lnews/shutoken/1005057841.html?t=1337051971219

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車店強盗:55万円奪い展示の高級品に乗り逃走 枚方(15日)

15日午前0時45分ごろ、大阪府枚方市西禁野2の自転車販売店に男が押し入り、経営者の小山信介さん(26)に包丁のような物を突きつけて「金を出せ」と脅した。小山さんが売上金など約55万円を渡すと、男はさらに「自転車をよこせ」と要求。小山さんが店内の壁に掛けて展示していたスポーツタイプの自転車(約21万円相当)を下ろすと、男はそれに乗って逃走した。小山さんにけがはなかった。 府警枚方署は強盗容疑で捜査。男は30代くらいで白っぽいパーカに迷彩柄のズボン姿。サングラスとマスクをしていた。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20120515k0000e040173000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

夫にガソリンかけ焼殺 37歳妻、起訴内容認める(15日)

高知市の市営住宅で昨年6月、無職、高橋誠さん=当時(46)=にガソリンをかけ、放火して殺害したとして、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた妻、智美被告(37)=愛媛県松山市=の裁判員裁判初公判が15日、高知地裁(平出喜一裁判長)であり、智美被告は起訴内容を認めた。弁護側は心神耗弱を主張した。
 検察側は冒頭陳述で「夫が浮気をしていると一方的に思い込み、憎悪して殺害することを決めた」と指摘した。
 起訴状では、智美被告は昨年6月7日、自宅で寝ていた高橋さんにガソリンをかけ、マッチで火を付けて殺害したとしている。
 捜査関係者によると、智美被告は「夫から暴力を受けていた」と話したが、動機について一部不可解な供述があるとして約3カ月の鑑定留置後に起訴された。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察追跡の車が事故 3人死傷(15日)

14日夜、愛知県岡崎市で、交通違反をしたとして警察の車に追跡されていた乗用車が橋の欄干に衝突し、助手席の男性が死亡したほか、この車をよけようとしたとみられるワゴン車の運転手など2人が軽いけがをしました。14日夜11時半ごろ、岡崎市日名西町の交差点で、右折禁止に違反したとして警察の車に追跡されていた乗用車が橋の欄干に衝突して横転しました。
この事故で、助手席に乗っていた岡崎市の26歳の会社員の男性が全身を強く打っておよそ2時間半後に死亡し、運転していた飲食店従業員の26歳の男性が軽いけがをしました。
また橋の近くで、この乗用車をよけようとしたとみられるワゴン車が堤防から落ち、運転していた男性が軽いけがをしました。
警察によりますと、乗用車は現場から東におよそ20キロ離れたところで右折禁止に違反し、警察官が止まるよう指示したものの従わなかったということです。
追跡の方法について岡崎警察署の徳升智幸副署長は「適切であり、問題はないと考えている」と話しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120515/k10015122631000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ストーカー被害相談の北海道・石狩市の女性、わいせつ行為される(15日)

ストーカー被害を警察に相談していた北海道・石狩市の女性が、その後、何者かに連れ去られ、わいせつな行為をされていたことがわかった。
被害に遭った石狩市の20代の女性は、2012年2月から、「車に乗らない方がいい」などと書かれた匿名の脅迫文を4回郵送され、警察に10回にわたり、相談していた。
その後、5月3日、何者かに目隠しをされて空き家に連れ去られ、体を触られるなどの被害に遭った。
警察は、監禁の現場に姿を見せた女性の知人で、札幌の無職・紺野裕己(ゆうじ)容疑者(41)を脅迫の疑いで逮捕した。
紺野容疑者は、「身に覚えがない」と容疑を否認している。
道警は、「相談を受けていながら、被害が出たことは真摯(しんし)に受け止めている」とコメントしている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

軽トラ窃盗、無免許、国道を逆走…少年3人を逮捕(15日)

神奈川県で少年3人が軽トラックを盗んだうえ、無免許で運転し、国道を逆走したうえ、駆けつけた警察官を殴ったなどとして逮捕されました。
 窃盗や公務執行妨害の疑いなどで逮捕されたのは、相模原市の高校3年の男子生徒(17)と小田原市の17歳と18歳の少年、合わせて3人です。3人は14日午前7時すぎ、相模原市のコンビニ店に駐車していた軽トラックを盗み、無免許で運転し、警察の追跡を逃れるため、国道を逆走したうえ、警察官を殴るなどの暴力を振るった疑いが持たれています。警察によりますと、取り調べに対し、2人は容疑を認めていて、18歳の少年は「殴っていない」と容疑を否認しています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

脱法ドラッグ業者、29都道府県に拡大 (15日)

麻薬に似た幻覚症状がある脱法ハーブなどの脱法ドラッグの販売業者が今年3月の時点で29の都道府県に広がり、1月に比べて大幅に増えていることがわかりました。
 厚生労働省によりますと、脱法ドラッグを店頭やインターネットなどで販売している業者は今年3月末現在で29の都道府県で389の業者に上り、1月時点の17都府県212業者から大幅に増加しました。1月には業者がなかった北海道や栃木、愛知、岐阜などでも確認され、これまで大都市圏中心だった業者が地方の都市にも広がっている実態が浮かび上がりました。
 厚労省では、薬物の構造を一部変えたものが新種の脱法ドラッグとして次々と出ていることから、構造が似たものを一括して「違法薬物」に指定する制度の導入を検討しています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5028923.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜・女性殺害事件 事件前に付近で女子高生が刃物男に脅される(15日)

岐阜県で幼稚園教諭が殺害された事件で、新たな不審者情報が浮上した。
事件当日、被害女性が行方不明になる直前、付近で女子高校生が刃物を持った男に脅されていたことがわかった。
警察は、事件との関連を調べている。
14日夜、岐阜・瑞浪市の斎場で、殺害された幼稚園教諭・松井洋子さん(40)の通夜が営まれた。
家族や親戚のみが参列し、松井さんの突然の死を悼んだ。
笑顔であいさつした幼稚園の入園式からおよそ1カ月、松井さんは、岐阜県内の山中で、変わり果てた姿で見つかった。
松井さんの遺体は、道路からおよそ30メートル下の斜面で見つかったという。
車のカーナビの履歴から、現場近くで40分停車していたことがわかった。
死因は、鋭利な刃物で左胸を刺された失血死で、顔には複数回、殴られた痕があったという。
行方不明となった5月7日午後6時半ごろ、松井さんは「人に会う約束がある」と言い残し、幼稚園を離れた。
そして、およそ1時間後の午後7時半ごろ、市役所に隣接するATM(現金自動預払機)で、松井さんのキャッシュカードを使い、現金を引き出すニット帽にマスク姿の男が、防犯カメラに映っている。
松井さんの元教え子は「真実が知りたいっていう気持ちと、犯人がちゃんと捕まってほしいという、この2つ。切実に思っています」と話した。
そして14日、また新たな事実がわかった。
行方不明となる直前の7日午後6時ごろ、市役所から1kmほど離れた路上で、女子高校生が刃物を持った男に脅される事件が起きており、周辺の学校では、メールで保護者に注意を呼びかけていた。
警察は、不審な男の行方を追うとともに、松井さん殺害との関連について調べている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00223295.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

拳銃所持容疑:商工会会長を逮捕 福島・楢葉町(15日)

拳銃1丁と実弾数発を所持していたとして、福島県楢葉町商工会会長の「渡辺興業」社長、渡辺征(ただし)容疑者と息子の同社役員、啓容疑者が銃刀法違反容疑で警視庁渋谷署に逮捕されていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。渡辺容疑者は東日本大震災の同町復興計画検討委員会の副委員長を務めていた。警視庁は入手経路などを調べる。
 逮捕容疑は、今月12日、いわき市の事務所内で拳銃と実弾数発を2人が所持していたとしている。拳銃は啓容疑者の机の中に隠されていたという。
 渡辺容疑者らが拳銃を所持しているとの情報があり、警視庁が12日に事務所と自宅を家宅捜索していた。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120515k0000m040140000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「百貨店地下に爆弾」と電話、2700人避難(15日)

14日午後2時45分頃、札幌市中央区北4西2の「東急百貨店札幌店」に男の声で「地下の食料品街に爆弾を置いた」と電話があった。
 このため客と従業員の計約2700人が一時店外に避難し、札幌中央署員が1階から地下2階にかけて捜索したが、爆発物らしきものは見つからなかった。電話は公衆電話からで、男の声は50~60歳くらいだったという。同署は威力業務妨害事件として捜査している。

| コメント (0) | トラックバック (0)

性犯罪は刑重く、放火は執行猶予増…裁判員判決(15日)

最高裁は14日、裁判員制度の施行から21日で3年となるのを前に、裁判官のみの裁判と、裁判員裁判の量刑の分布を比較した調査結果を公表した。
 裁判員裁判では強姦致傷や傷害致死で重罰化する一方、現住建造物等放火や強盗致傷で執行猶予の割合が高まり、判決に市民感覚が反映された結果、“両極化”の傾向が鮮明になった。
 調査は殺人など8罪が対象。制度施行前に起訴され、2008年4月以降に裁判官裁判で判決があった被告2757人と、今年3月末までに裁判員裁判で判決があった同2884人の量刑を比較した。
 実刑の分布のピークは、強姦致傷では、裁判官裁判の「懲役3年超、5年以下」に対し、裁判員裁判は「5年超、7年以下」。殺人未遂、傷害致死、強制わいせつ致傷、強盗致傷の4罪もワンランク重くなった。女児が虐待死した傷害致死事件で3月、大阪地裁が検察側求刑の1・5倍の懲役15年を言い渡すなど、社会的非難が強い事件を中心に重罰傾向が出ている。(

2012年5月14日21時57分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー無賃乗車の疑い 仙台から横須賀、450キロ(15日)

神奈川県警浦賀署は14日、仙台市から神奈川県横須賀市まで約450キロをタクシーで無賃乗車したとして、詐欺の疑いで横須賀市走水、塗装工、渡辺泰周容疑者(36)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年10月13日未明、仙台市青葉区から横須賀市の自宅まで約7時間、タクシーに乗車し、運賃と高速代計約14万円を支払わずに逃走した疑い。
 同署によると、解体現場で短期間働くために数日前、仙台に行ったが「つらくて帰ってきた」と供述しているという。
 当時2千円しか持っておらず、料金を取りに行くと言って戻ってこないのを不審に思った運転手が警察に届けた。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

通知を7年間怠る 福山市消防局 広島ホテル火災(15日)

 広島県福山市の「ホテルプリンス」で宿泊客7人が死亡、3人が重傷となった火災で、福山地区消防組合消防局が平成17年2月以降、消防法に基づきホテル側に点検報告を求める通知を一度も出さず、事実上放置していたことが14日、同局への取材で分かった。同局は「通知だけでは十分な効果が得られないと思った」としているが、同局では内規で2年に1回と定めた定期査察も15年以降実施していなかったことが明らかになっており、ずさんな対応がまた浮き彫りになった。
 一方、福山市が昨年9月に実施した防災査察で非常用照明や排煙設備の不備など建築基準法上の問題点を指摘した際、ホテルの女性経営者(63)が「経営が苦しく設備投資は難しい」と回答していたことも明らかになった。
 消防局によると、福山南消防署が平成15年9月に定期査察した際、ホテル側が自動火災報知機や消火器の点検、従業員らによる消火訓練などをしていなかったことが判明。このため同局は実施と報告書の提出を求めたが、ホテル側からの回答はなく、17年1月に再度通知を出した。
 ホテル側からはその後も報告書の提出はなかったが、消防局も福山南消防署に改善報告の状況を確認しないまま、7年間放置した状態になっていたという。関連記事

記事本文の続き 消防局の吉澤浩一予防課長は「指導不足だったことは認識しており、再発防止の観点から、今後の課題としたい」と話した。
 消防は、ホテル側の防火態勢の不備を把握しながら、なぜ査察や改善確認を怠ったのか。14日に記者会見した福山南消防署の横山宏道署長は「査察対象物件が多く、人員不足で手が回らなかった」と釈明した。
 福山地区消防組合消防局によると、ホテルプリンスのような延べ床面積1千平方メートル以上の宿泊施設などの「第2種査察対象物件」は管内に1006件。昨年はこのうち557件の査察に入った。
 年間査察率は50%を超えており、計算上は消防法に基づく「2年に1回以上」の査察条件もクリアできたはずだが、ホテルプリンスだけは9年間で1度も査察に入っていなかった。
 消防局幹部は「南消防署は他の7署と比較しても査察率が良かったはず。なぜこのホテルだけ見過ごしたのか分からない」と首をかしげる。 横山署長は14日の会見でも「原因については調査中としか言えない」と繰り返し、「9年間も査察できなかったことは重く受け止めている」と声を落とした。
 一方、福山市も昭和62年9月から昨年9月までの間に計5回、建築基準法に基づく査察に入り、ホテルの構造上の不備などを指摘したが、改善報告を求めただけで最後まで確認していなかった。
 市建築指導課の高橋正樹課長は「改善してもらえるよう管理者に強く働きかけるべきだったが、現行法では強制力がなく、制度上の問題もあった」と対応の不備を認めた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

2時間連れ回し現金奪う 恐喝容疑で長野の男逮捕(15日)

男性に因縁をつけて約2時間連れ回し、現金5万円を脅し取ったとして、神奈川県警相模原北署は14日、恐喝の疑いで、長野県飯山市飯山、無職、清水大力容疑者(23)を逮捕した。
 逮捕容疑は1月28日午後2時ごろ、相模原市緑区の路上で東京都八王子市の会社員の男性(28)に「後輩にぶつかった」と因縁をつけ、現金を脅し取った疑い。
 同署によると、清水容疑者はいったん東京都町田市まで歩いて男性を連れていき、郵便局で現金を下ろさせた。午後4時ごろ再び相模原市に戻り、金を奪って男性と別れた。「やっていない」と容疑を否認している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120515/crm12051500160000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月14日 | トップページ | 2012年5月16日 »