« 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月14日 »

2012年5月13日

2012年5月13日 (日)

ホテル元従業員が証言「奥の方から逃げ道ない」(13日)

13日朝、広島県福山市でホテルを全焼する火事があり、6人が死亡、1人が重体、3人が重軽傷を負いました。このホテルの元従業員が、「内部は避難が難しい構造だった」と語りました。
 ホテルの元従業員:「(Q.火事が起きたら逃げやすい環境だったと思うか?)いや。階段が同じような場所に2カ所あっただけ。逃げられない、そりゃあ」「(Q.つまり、階段のない奥側の反対側の部屋の人は?)奥のほうからは逃げられない。階段のほうからもし火が出た場合には、特に逃げられない、逃げ道はない」

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220513027.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜・幼稚園教諭強盗殺人事件 土地勘のある者の犯行か(13日)

岐阜・瑞浪市の幼稚園教諭・松井洋子さん(40)が殺害された強盗殺人事件で、警察は、13日も遺体発見現場で遺留品などを捜索した。
周辺は、地元の人以外はあまり通らない場所であることなどから、警察は、犯人が土地勘のある者の可能性もあるとみて調べている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00223202.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

友梨さん事件から9年 両親が情報求めチラシ配布(13日)

大阪府熊取町で平成15年、当時小学4年の吉川友梨さん(18)が行方不明になって20日で9年となるのを前に、両親と地元の支援者、捜査員が13日、大阪府岸和田市の阪和自動車道岸和田サービスエリアで情報提供を求め、チラシを配った。
 約20人がおよそ2千枚を配布した。父親の永明さん(51)は「(事件が)忘れ去られている感じが強くなってきた。『まだ見つかっていないんやね』と言われると、時間ばかりがたっている気がする。何か気付いたことがあればぜひ情報をいただきたい」と話した。
 泉佐野署捜査本部によると、友梨さんの行方が分からなくなったのは15年5月20日午後3時ごろ。遠足からの帰宅途中に何者かに連れ去られた可能性が高いが、有力な情報は寄せられていない。 情報は泉佐野署捜査本部、電話072(464)1234。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120513/crm12051318270015-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日単位・レベル)
なぜできない?ホテル名の事前公表
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120504104137

 広島県福山市で13日朝、ホテルが全焼して7人が死亡する火災があった。安全点検はどうだったのか。昨年9月に福山市が行った建築基準法に基づく査察で、階段の幅や非常用の照明、排煙設備の不備など8項目で不適合が指摘され改善の指導を受けていた。これらの不備は、昭和62年に行われた査察でも指摘されたが改善されなかったという=NHK
 改善指導は何度も行われていたというが、指導しても改善されなければ「危険地域への立ち入り」を禁止するためホテル名を事前に公表すべきであった。それが法律より人命が尊いというものだろう。ホテルニュージャパンを思い出す。
 昔からビル火災があると同様施設を消防が立ち入り調査するが改善命令に従わない場合はホームページなどで「公表」。特にホテル、旅館業は全国の旅行者が分かるようにすべきだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホテル火災 死者を6人に訂正(13日)

13日朝、広島県福山市で一部4階建てのホテルが全焼した火事で、広島県警察本部は、いったん、男女7人が死亡したと発表しましたが、その後、男性1人については、死亡が確認されていなかったとして、死者を6人と訂正しました。広島県警察本部では、「警察の確認作業が不十分だった。申し訳ない」と話しています。

13日午前7時ごろ、広島県福山市中心部の住宅街、西桜町にある「ホテルプリンス」から火が出て、一部4階建ての鉄筋の建物と木造2階建ての建物をつなぎ合わせた構造のホテルが全焼しました。
この火事で、宿泊客の男性2人、女性4人の合わせて6人が死亡し、男性1人が意識不明の重体となっているほか、従業員1人を含む女性3人が重軽傷を負いました。
広島県警察本部は、いったん7人が死亡したと発表しましたが、その後、死者を6人に訂正しました。これについて広島県警察本部は、「病院で治療中の重体の男性について、警察署が十分に確認しないまま死者として数え、警察本部に報告した。十分に確認しないまま発表してしまい、確認作業が不十分だったと言わざるをえない。関係者に迷惑をかけてしまい申し訳ない」と話しています。
警察と消防によりますと、建物は、客室になってる2階と3階部分の燃え方が激しく、出火当時、ホテルにいた従業員は重傷を負った75歳の女性1人だったということで、警察と消防が出火の原因や避難誘導などの詳しい状況を調べています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120513/k10015085781000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元バレーボール選手・大林素子さん、東京・新宿区で1日警察署長に(13日)

東京・新宿区で12日、元バレーボール選手・大林素子さん(44)が1日警察署長を務め、自転車の安全利用を呼びかけた。
会場となった新宿区歌舞伎町の広場では、交通安全教室などが開かれ、警視庁新宿警察署の1日署長となった大林さんが、自転車の利用者に対してマナー向上を呼び掛けた。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00223175.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

河野容疑者立ち会わせ実況見分…関越道バス事故(13日)

 群馬県藤岡市の関越自動車道で乗客7人が死亡したツアーバス事故で、群馬県警は13日早朝、事故現場となった同自動車道上り線藤岡ジャンクション(JCT)で、バス運転手河野化山容疑者(43)(千葉市中央区新宿)を立ち会わせて実況見分を行った。
 見分は事故現場付近の上り3車線のうち2車線を規制し、事故発生とほぼ同時刻に行われた。黄色いジャンパーにスエット姿の河野容疑者は、10人以上の捜査員に囲まれながら、当時の状況を説明していた。(2012年5月13日08時47分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

現金18万円ひったくり 兵庫・尼崎(13日)

13日午前9時10分ごろ、兵庫県尼崎市大庄西町4丁目の路上で、近くに住む無職の女性(55)が現金約18万円が入った手提げバッグを自転車の若い男にひったくられた。尼崎南署が窃盗事件として捜査している。
 同署によると、女性は自転車で買い物に行く途中だった。左折しようとした際、男が前を横切るようにして、前かごからバッグを持ち去った。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120513/crm12051314200008-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

職務質問中に車発進 警察官が重傷(13日)

12日夜遅く、東京・新宿区の路上で車に乗っていた男を呼び止め、職務質問をしようとした警察官が急発進した車に引きずられ、足の骨を折る大けがを負いました。
 12日午後11時半ごろ、新宿区新宿7丁目の路上で、新宿警察署の警察官2人が不審な乗用車を見つけ、乗っていた男2人を車から降ろして所持品を見せるよう求めていたところ、このうち1人が車に乗り込みドアを開けたまま急発進しました。
この際、36歳の巡査が運転席のドアにしがみつき静止させようとしましたが、20メートルほど引きずられて振り落とされ、右足の骨を折る大けがを負いました。
警視庁によりますと、車はその後、現場からおよそ400メートル離れた新宿区内のマンションの敷地内で見つかりましたが、男は今も逃走中だということです。
警視庁は、現場に残ったもう1人から話を聞くなどして、公務執行妨害の疑いで逃げた男の行方を捜査しています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120513/k10015082251000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

署に駆け込んだ容疑者、取り調べ中意識失い死亡(13日)

滋賀県警大津署は12日、覚醒剤取締法違反(譲渡)容疑で同日未明に逮捕した大津市真野、職業不詳川緑哲二容疑者(48)が取り調べ中に意識を失い、搬送された市内の病院で死亡した、と発表した。
 同署によると、川緑容疑者は同日午前2時15分頃、同署前で停車したダンプカーの助手席から下車し、約10分後、同署に駆け込んできた。署員が調べたところ、同容疑で逮捕状が出ている川緑容疑者とわかり、逮捕。取り調べを始めると、「ぜんそくの症状が出ている」と訴え、意識を失った。
 司法解剖で死因は急性心不全と判明。覚醒剤の簡易鑑定では陽性反応が出た。
 ダンプカーは後続の乗用車に追われ、同署前で停車。乗用車には男性3人が乗っており、ダンプカーの運転手の男(36)(道交法違反容疑で現行犯逮捕)ともめている間に川緑容疑者は、同署に駆け込んだ。乗用車の男性らは「当て逃げされた」などと話しているという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

寺でお布施400万盗まれる 住職が入浴の15分間に荒らされ 愛知・日進(13日)

12日午後11時55分ごろ、愛知県日進市梅森台の眺景寺で、住職の松平竜哉さん(52)から「自宅が荒らされ、現金がとられた」と110番があった。1階の居間にあった現金約400万円がなくなっており、愛知署は窃盗事件として調べている。
 同署によると、松平さんが午後11時20分ごろ、風呂に入るために居間を離れ、約15分後に戻ると居間の窓ガラスが割られ、室内が荒らされていた。同居する松平さんの両親、妻、次女は1階と2階の寝室にいたが、物音には気付かなかった。
 テーブル付近にあった約160万円入りの手提げ金庫、106万円入りのポーチ、約50万円と印鑑が入ったポリ袋、それぞれ約40万円が入ったセカンドバッグと茶封筒が被害に遭った。檀家(だんか)からのお布施だという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120513/crm12051310510001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

民家に男女2人の遺体 首にひも巻かれた痕 秋田・横手(13日)

13日午前7時半ごろ、秋田県横手市増田町狙半内の住宅で「男性が玄関で倒れている」と119番があり、現場に駆け付けた救急隊員が首にひも状のもので巻かれた痕がある男女2人の遺体を発見した。秋田県警が死因などを捜査している。
 県警によると、玄関に男性の遺体、室内に女性の遺体があった。この住宅には夫婦が住んでいたといい、身元の確認を急いでいる。
 この住宅の夫婦の知人が訪れたところ、倒れている男性を発見、近所の住民を介して通報した。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120513/crm12051311420004-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

広島・福山のホテル火災 死者7人に(13日)

13日朝、広島県福山市でホテルから火が出て一部4階建ての建物が全焼し、警察によりますと、宿泊客の男女7人が死亡宿泊客と従業員合わせて3人が重軽傷を負いました。
客室のある2階と3階の燃え方が激しいということで、警察は出火の原因や避難誘導などの詳しい状況を調べています。
13日午前7時ごろ、広島県福山市中心部の住宅街、西桜町にある「ホテルプリンス」から火が出ました。
消防車8台が消火にあたり10時すぎに消し止めましたが、一部4階建ての鉄筋の建物と木造2階建ての建物がつなぎ合わされた構造のホテルが全焼しました。
警察によりますと宿泊客の男性3人女性4人の合わせて7人が死亡し、従業員1人を含む女性3人が重軽傷だということです。
消防などによりますと、12日夜は20人近くが宿泊し、出火当時にいた従業員は重傷を負った75歳の女性1人だったということです。
客室になってる2階と3階部分の燃え方が激しいということで、警察と消防が出火の原因や避難誘導などの詳しい状況を調べています。
火事を目撃した男性は「出火当時、従業員とみられる女性が『火事だ、火事だ、起きて』と、宿泊客を起こそうと叫ぶ声が聞こえた。そのうち煙がひどくなって、竹が割れるような音がした」と話していました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120513/k10015083701000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

貴金属買取店強盗、犯行の様子カメラに(13日)

11日夜、兵庫県西宮市の貴金属買取店で現金150万円が奪われた強盗事件で、男の犯行の様子が防犯カメラにおさめられていました。
 11日午後8時前、兵庫県西宮市の貴金属買取店に入ってきた男。右手に持った液体のようなものを店員の顔めがけて何度も吹きかけます。その後、男は金庫らしきものなどをかばんに入れて立ち去りました。
 警察によりますと、奪われたのは現金150万円で、この店では今年2月にも、男に現金23万円を奪われる強盗事件が起きています。警察は2月の事件との関連を調べるとともに、逃げた男の行方を追っています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5027616.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

成田エクスプレスに飛び込み自殺か…新小岩駅(13日)

12日午後8時15分頃、東京都葛飾区のJR総武線新小岩駅で、男性が大船・池袋発成田空港行きの成田エクスプレス(12両編成)にはねられ、間もなく死亡した。運転士らが、男性がホームから飛び込むのを目撃しているといい、警視庁葛飾署は自殺の可能性が高いとみて身元を調べている。男性は20~30歳代とみられるという。JR東日本によると、同線は東京―千葉駅間で約1時間にわたって運転を見合わせ、約3万2000人に影響した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

運動会に女が乱入し児童の頭や頬たたく(13日)

福島署は12日、運動会が行われていた福島市の小学校で児童5人の頭などをたたいたとして、暴行容疑で福島市松川町、無職、佐藤愛子容疑者(40)を逮捕した。
 逮捕容疑は12日午前10時10分ごろ、福島市の小学校の校庭で、5~6年生の児童5人の頭や頬を平手やノートでたたいたとしている。5人にけがはなかった。
 小学校では、運動会が行われており、福島署によると、佐藤容疑者は児童が椅子に座っている列に後ろから近づき、5人を続けてたたいた。
 学校関係者が呼び止めたが立ち去ったため、学校が警察に通報。同日夕、市内で発見した。関連記事

| コメント (0) | トラックバック (0)

公安委の監査指示、8年間ゼロ(13日)

平成12年に始まった警察改革を受け、警察庁は監察体制を強化しているが、不祥事が続発している現状を考え合わせると、適正に運用されているかどうか疑問符がついている。
 「警察改革の精神である『自浄機能の強化』のまさに中核を担っている」。警察の監察部門が果たす役割について、警察庁の片桐裕長官はこう位置づける。
 警察改革以降、警察庁では首席監察官以下を6人から22人に、管区警察局でも計25人から計125人に監察部門を増員。組織内部での発言力と独立性を高めるため、全国の警察本部の首席監察官についても16年度までに、任命権者が国家公安委員会である地方警務官(警視正)に格上げした。
 警察庁と管区警察局が、全国の警察本部を対象に行った監察の実施回数は、22年度で2116回に上り、12年度と比べて約3・5倍にまで増加している。
 一方、警察改革に向けた議論では、公安委員会の形骸化も指摘。改正警察法で管理機能の充実・強化を図るため「公安委員会による監察の指示」が新たに規定され、公安委員会が警察の監察状況を厳正にチェックし、具体的に監察を指示できるようにした。
 しかし、これまでに出された監察の指示は、幹部と私企業との違法な関係や不適正な予算執行などを踏まえ、13年に神奈川と奈良、16年に北海道と福岡の各公安委員会からの計4件にとどまる。最後の監察の指示が出されて以後、8年間は1件の指示も出されていない。     ◇■警察の監察部門 全国の警察本部では首席監察官のもと、警察の能率的運営と規律保持に向け、毎年度、監察実施計画を作成して監察を実施している。「警察の警察」として、監察部門の警察官は身内の服務規定違反や犯罪行為などについても調べる。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120512/crm12051222030007-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察改革、効果に陰り 不祥事続発で懲戒処分後絶たず(13日)

警察官の不祥事が止まらない。警察庁によると、今年1~3月の懲戒免職者数は既に12人に上るほか、旧態依然とした組織的隠蔽(いんぺい)がいまだに行われていたことも発覚。不祥事根絶どころか、警察組織全体の意識の緩みを危惧する声も出ている。焦燥感を募らせる警察庁は、「警察改革の精神」の徹底に向け、施策の検討に乗り出した。
●いまだ組織的隠蔽  「明らかに時代の流れに逆行している」。警察庁幹部がこう批判するのは、静岡県警の松嶋勝己・前磐田署長=犯人隠避容疑で書類送検、懲戒免職=をめぐる部下の不祥事隠しだ。
 松嶋前署長は平成22~23年、当時の副署長らに指示し、(1)20代巡査の詐欺(2)20代巡査の窃盗(3)40代警部補の盗撮-の各事件を捜査せずに3人を依願退職させ、本部に「一身上の都合」と虚偽の報告をしていた。
 1年足らずに1つの警察署で3件もの不祥事が連続するのも驚きだが、いまだに組織的な不祥事隠しが行われていたことは由々しき事態といえる。
 警察庁幹部はこう言う。「かつては『辞めさせて幕を引く』という形で不祥事を隠すことがよくあった。しかし、平成12年に始まった警察改革以後は不祥事を調査・捜査し、責任の所在を明確にした上で必要な処分を行っており、今回の事案は極めて悪質だ」
 ●職務絡みも目立つ  札幌・ススキノのSMバーで全裸になっていた北海道警巡査長、「買うのがもったいない」とアダルトDVDを万引した富山県警巡査長、警察手帳を偽造した徳島県警の巡査部長…。
 今年に入ってから、不祥事は枚挙にいとまがないが、深刻なのは職務に絡む不祥事も目立つことだ。
 年末から年始にかけ、警視庁ではオウム真理教元幹部が本部に出頭してきた際に“門前払い”したり、大阪府警でも警察官が飲酒検査でアルコール濃度の数値を水増ししたりした不祥事が発覚した。
 また、長崎県の2女性殺害事件に絡む千葉県警習志野署員の“旅行問題”や、京都府で小学生ら10人が死傷した交通事故に絡む被害者情報の無断提供など不祥事が途切れることはない。
 ●1~3月免職12人  警察庁によると、23年中の全国警察の懲戒処分者数は前年比18人減の367人(免職45人、停職83人、減給123人、戒告116人)。今年1~3月の免職は既に12人で、このまま推移すると昨年1年間とほぼ同数となり、不祥事に歯止めがかからない状況だ。
 懲戒処分者数は警察改革元年の12年以降、減少傾向だったが、22年に急増後、23年もほぼ同数で高止まっている=表参照。
 警察庁は不祥事の続発を受け、4月下旬に「『警察改革の精神』の徹底等に向けた総合的な施策検討委員会」(委員長=金高雅仁官房長)を設置。各局の筆頭課長ら幹部二十数人で議論し、7月をめどに不祥事根絶に向けた新たな施策を取りまとめるという。
 元警視庁捜査1課長の田宮栄一氏の話「不祥事の根底には、自由度が増した世の中の風潮に警察官も浸り、『少しくらい許される』という気の緩みがあるのではないか。組織は脆弱(ぜいじゃく)化の一途をたどり、まさに危機的な状態だ。根本的な幹部の意識改革や教育制度を見直さない限り、不祥事は止まらないだろう。
◇ ■警察改革 平成11~12年、神奈川県警の覚醒剤使用もみ消し事件や、監禁事件の被害女性が保護された当日に新潟県警の幹部らが興じた「雪見酒問題」など、不祥事が相次いで発覚した。一連の不祥事を受け、懲戒処分の指針制定▽改正警察法公布▽懲戒処分の発表の指針制定-など不祥事根絶に向けた警察改革の枠組みが整えられた。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120512/crm12051222010006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

男が爆破予告、3千人避難 札幌のイオン(13日)

12日午後6時半ごろ、札幌市西区発寒の大型ショッピングセンター、イオンモール札幌発寒店で、男が2階の衣料品店の女性店員に「爆弾を仕掛けた」と言い残して立ち去った。客と従業員ら約3100人が避難し、周辺は一時、騒然となった。
 通報を受けた札幌・西署が午後10時までイオン内の1~3階を捜索したが、不審物は見つからなかった。男は50歳ぐらいで、身長約175センチ。西署が業務妨害事件として行方を追っている。
 現場はJR札幌駅から北西約6キロの住宅街。
 イオン前で客待ちをしていたタクシー運転手の男性(59)は「客がぞろぞろと出てきた。パトカーが何台も来て、警察官がごみ箱の中を調べていた」と驚いた様子で話した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120512/crm12051223220008-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪市平野区のマンションで男児死亡、パチンコで母親の外出(13日)

12日午後7時半ごろ、大阪市平野区喜連西のマンション3階に住む主婦の女性(30)から、「赤ちゃんが息をしていない」と119番があった。消防などが駆けつけ、現場で女性の次男=生後約1カ月半=の死亡を確認した。
 大阪府警平野署によると、外出先から帰宅した母親が、布団が顔にかかった状態で寝ていた次男を発見した。次男に外傷などはないといい、同署が詳しい死因を調べる。
 同署によると、この家は4人暮らし。この日、父親は出勤しており不在で、母親は同日午後0時半ごろ、パチンコなどに行くために1人で外出していたという。家には当時、長男(3)と次男の2人がいたとみられる。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120513/crm12051301250000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月14日 »