« 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月7日 »

2012年5月6日

2012年5月 6日 (日)

ひき逃げ当て逃げ計6件相次ぐ 大阪市、同一車両か(6日)

 大阪市福島区と西区で6日午前、2件のひき逃げ事故と4件の当て逃げ事故が相次いだ。大阪府警は同じ乗用車が事故を起こしたとみて、道路交通法違反容疑で運転手の行方を追っている。
 府警によると、午前9時40分ごろ、大阪市中央区東心斎橋1丁目で乗用車が一方通行の道路を逆走し、パトカーが追跡したが見失った。約40分後、北西に約3キロ離れた大阪市福島区吉野2丁目で、車両の通行が禁止された「野田新橋筋商店街」の中をよく似た乗用車が走り、歩行者の78歳と82歳の女性2人に相次いで接触。2人は足などに軽傷を負ったが、乗用車はそのまま走り去った。
 さらに、この前後、同一車両とみられる車が別の車などにぶつかる当て逃げ事故が福島区で2件、隣の西区で2件あった。府警は正午すぎ、福島区海老江8丁目の住宅街で、放置された乗用車を発見。車体の両側にぶつかったような跡があり、レンタカーだった。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

留置所志願 警官を刺そうとした男を逮捕 東京・葛飾(6日)

警察署前で警備の警察官を刺そうとしたとして、警視庁葛飾署は6日、殺人未遂の現行犯で自称東京都江東区大島在住の無職、吉田利幸容疑者(62)を逮捕した。同署によると、「生活保護を受けていた。留置所に入りたかった」などと供述している。
 逮捕容疑は、6日午後2時5分ごろ、葛飾区立石の同署庁舎前でビニール袋から包丁を取り出し、男性警部補(50)を「おいおい、やるか」と刺し殺そうとしたとしている。警部補にけがはなかった。同署によると、吉田容疑者は当時、酒に酔っており、現場で警察官らに取り押さえられた。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120506/crm12050622500004-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

運転手“ホテルでバス修理の手配”(6日)

群馬県の関越自動車道で大型バスが道路脇の壁に衝突し乗客7人が死亡した事故で、逮捕された運転手が事故の前日に休憩をとったホテルで、「故障していたバスの修理の手配をしていた」と供述していることが警察への取材で分かり、警察は十分な休憩をとらなかったために居眠り運転をした疑いがあるとみて調べています。警察の調べによりますと、バス会社「陸援隊」の運転手河野化山容疑者(43)は事故の原因について、「疲れていて居眠りをした」と供述しているということです。
河野運転手は、事故前日に金沢市を出発する前、午前9時前から午後4時半まで旅行会社が用意したホテルで休憩をとっていて、「寝たり起きたりを繰り返していた」と話していましたが、その後の調べで、「ホテルでは、故障していたバスの修理の手配をしていた」と供述していることが警察への取材で分かりました。
「陸援隊」によりますと、河野運転手は「陸援隊」の名義を借りて中国人観光客向けのツアーを個人で営業していましたが、自分が所有するバス4台のうち1台が故障していたということです。
警察は、河野運転手がホテルで十分な休憩をとらなかったために居眠り運転をした疑いがあるとみて調べています。

News_pic1_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

「コンビニ強盗、私です」画像公開で観念(6日)

札幌市中央区のコンビニ店で4月24日に起きた強盗事件で、北海道警札幌中央署は4日、同市清田区真栄5の3、無職高野尚貴容疑者(45)を強盗容疑で逮捕した。
発表によると、高野容疑者は4月24日夕、コンビニ店「セイコーマートおかだ店」に果物ナイフのようなものを持って押し入り、女性店員を脅し現金約6万円を奪った疑い。
 同署は今月1日、高野容疑者の顔が映った防犯カメラ画像を公開。画像を見た高野容疑者は4日午前、同署に「コンビニ強盗は私です」と電話をかけてきた。調べに対し、高野容疑者は容疑を認め、「逃げ切れないと思った」と話しているという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(6、7日単位レベル)
国民みんなで考えよう
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212_2

20120417115059_2

 茨城県や栃木市で竜巻などで大変な被害を受けている。最近はこうした自然被害が多く「生きていて初めての経験」などの住民の談話を聞く。それほど自然環境が変わっており、予測のつかない場合が多い。だから「想定外」の言葉が存在する。
 ところで原発ゼロの日が来てしまった。一気に脱原発の声が大きくなった。数千人単位のデモも激化している。
 あの昭和48年の第一次オイルショックを思い出す。銀座など繁華街のネオンサインは消え、テレビの深夜放送もなくなった。石油製品を中心にした物不足に買いだめに走る主婦もあってトイレットペーパーが消えた。石油不足が招いたもので、今後も全くその危険がないのかと言えばあり得る。つまり想定内なのである。
 脱原発主張の皆さんに聞きたい。代替エネルギーを何にするか、火力発電では限界がありオイルショックのような事態になれば大暴動も起きかねないのです。
 地熱発電や風力発電で果たして原発分を補えるのか。中国が日本に売り込みを図っているのが太陽光発電ーそれとて自然環境の変化のなかで月に4、5日しか日照時間がない場合はどの程度の発電が期待できるのか。「想定外」ではすまされない。
 昔はコンビニもなかったし自販機もなかった。第一次オイルショックではテレビ放送も制限されガソリンスタンドの営業も日曜日はなかった。極端に言えば今後、深夜は完全計画停電などの生活に耐えられるのかね。
 電力の供給不足、料金の高騰により大企業は海外に出るし町工場は倒産に追い込まれるなど経済問題はどうするの。「それは政府の仕事だ」は責任転嫁も甚だしい。なによりも街が暗くなる。犯罪が増加するし失業者が増え社会環境は悪化する。全て国民の責任である。
 原発が必要なのか否かは孫の時代まで考えてやる必要があります。この際、憲法改正も含めて国民投票しようではないか。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

運転手の「無許可営業」、社長が認める (6日)

群馬県の関越自動車道で乗客45人が死傷した高速バスの事故から1週間。事故を起こしたバス運行会社の社長が東京都内で記者会見を開き、運転手の男が無許可で「白バス営業」をしていたことを認めました。
 「深く深く、本当におわび申し上げます」(陸援隊・針生裕美秀社長)
 事故を起こしたバス運行会社「陸援隊」の針生裕美秀社長は、午前11時から東京都内で記者会見を行っています。事故後の国土交通省の監査で、陸援隊は河野化山容疑者を「日雇い」の形で運転させるなど、多くの法令違反が明らかになっていますが、針生社長は、運転手の河野容疑者が資格がないのにもかかわらずバス4台を所有し、陸援隊の名義で運行していたことを認めました。
 「河野が所有し、当社が使用者のバスが4台あったのは事実です」(陸援隊・針生裕美秀社長)
 一方で今回の事故について、河野容疑者は十分に休みもとっていて「過労運転ではない」と強調しました。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5022293.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

相模原市南区の県道に倒れていた70歳女性死亡 ひき逃げか(6日)

神奈川・相模原市で6日未明、70歳の女性が倒れているのが見つかり、まもなく死亡が確認された。警察は、現場の状況などから、死亡ひき逃げ事件として調べている。
午前2時半ごろ、相模原市南区の県道で「ばらばらの死体のようなものがある」と、通行人から110番通報があった。
警察が駆けつけたところ、現場には、近くに住む無職・根岸和世さん(70)が倒れていて、まもなく死亡が確認された。
近所の人は「救急車がうちの前で止まったから、何かあったのかなと思って。もう倒れてるも何もね、シートかぶされていた」と話した。
根岸さんの体には、複数の車にひかれた痕などがあることから、警察は、死亡ひき逃げ事件として、逃げた車の行方を追っている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00222702.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

栃木 突風で建物被害10人けが(6日)

栃木県真岡市にある芳賀地区広域行政事務組合消防本部によりますと、6日午後4時現在、真岡市、益子町、茂木町の合わせて3つの市と町で、少なくとも50棟の住宅で屋根が吹き飛んだり窓ガラスが割れるなどの被害があり、合わせて10人がけがをしたという情報があるということです。これらの人たちは、住宅の窓ガラスが割れて手や頭などを切ったり、プレハブの下敷きになって頭を打ったりするなどのけがをしているということですが、いずれも症状は軽いということです。
 栃木県真岡市にある芳賀地区広域行政事務組合消防本部によりますと、真岡市の西田井地区、益子町の塙地区、大沢地区、大平地区、それに、茂木町の増井地区で、竜巻によるとみられる被害の通報が多数寄せられているということです。
真岡市西田井地区では、複数の住宅で屋根瓦が飛ばされ、窓ガラスが割れる被害が相次いでいます。住民は「急にあたりが暗くなり、雷とともに激しい雨とひょうが降った。ゴーという大きな音がして外に出てみたら屋根が壊れていて驚いた」と話しています。
また、栃木県の益子町役場によりますと、突風の影響で、住民から自宅が倒壊したなど被害の連絡が多く寄せられているということです。益子町は役場内に対策本部を設置して、被害状況の確認を急いでいます。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120506/k10014919201000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

竜巻?2人重体30人超けが30~50棟倒壊 茨城(6日)

 6日午後0時45分ごろ、茨城県つくば市北条で竜巻とみられる突風が発生した。つくば市消防本部によると、建物が30~50棟倒壊し、30人以上が負傷。男子中学生を含む2人が重体になっているという。水戸地方気象台によると、突風は竜巻かダウンバーストと見られるという。茨城県つくば市では午後0時39分に最大瞬間風速18.7メートルを記録していた。
 気象庁によると、日本上空約5500メートルに北から零下21度以下の寒気が流れ込む一方で、日本海にある低気圧に向かって南からの暖気が入り、大気の状態が不安定になっている。そのため6日夜にかけて西日本から東北地方までの広い範囲で積乱雲が発達し、竜巻や落雷、ひょうなどの恐れがある。同庁は東北、関東、甲信、北陸の広い範囲に竜巻注意情報を出した。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(6日単位・レベル)
運び屋の黒幕とは
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120417115059

 平成23年の覚せい剤密輸入の検挙件数が平成で最も多かったことが警察庁のまとめで分かった。航空機を利用した「運び屋」の検挙が高い割合を占めているという。
 平成23年の全薬物の検挙人員は1万3768人で前年に比べ761人の減少。但し暴力団員の検挙人員は7242人で同182人の増加となった。
 戦後の第3次覚せい剤乱用期がピークだった平成9年以降減少傾向に入り、ここ数年は横ばいで推移しているが、暴力団員の検挙人員は増加傾向にあるという。
 また、日本の裁判で良く無罪になる運び屋は131人検挙した。国別では36か国の老若男女と多様だが、その約4分の1はナイジェリア人が関与しており、黒幕的存在になっているという。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

関越道バス事故 休憩回数が河野容疑者の供述と食い違い(6日)

関越自動車道で乗客7人が死亡したバス事故で、逮捕された運転手の河野化山容疑者(43)が、石川・金沢市を出発してから、途中、2回しか休憩をとらず、供述と食い違いがあることがわかった。
河野容疑者は4月28日午後10時ごろ、金沢市を出発し、およそ7時間後に群馬県の関越道で事故を起こしていて、途中のサービスエリアで「3回休憩した」と供述しているという。
しかし、群馬県警の捜査本部が運転日報を調べたところ、この間、2回しか休憩しておらず、供述と食い違っているという。
一方、捜査本部は、河野容疑者が出発前に滞在していた石川・白山市に捜査員を派遣し、河野容疑者が食事をしたとされるショッピングセンターで、防犯カメラの映像などを調べた。
捜査本部は、事故前の行動を確認し、河野容疑者が居眠り運転をした原因を調べている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00222689.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

川に転落か、女性の遺体発見 夫も不明 群馬・みなかみ(6日)

5日午後9時40分ごろ、群馬県みなかみ町入須川で、近くに住む不動産業須田利夫さん(63)と妻の里子さん(63)が川に落ちたのではないか、と知人の男性(60)から110番通報があった。県警沼田署などが捜索したところ、須川川で里子さんとみられる女性の遺体を発見。利夫さんの行方が分からず、捜索を続けている。
 署によると、夫妻は5日午後6時半ごろから3時間ほど、通報した男性宅で一緒に飲食していた。帰宅しようと午後9時40分ごろ、里子さんが先に庭に出たが、姿が見えなくなり、里子さんを捜していた利夫さんも直後に行方不明になった。
 男性宅の庭先の北側は高さ30メートル以上の崖で、下に須川川が流れている。フェンスなどはなく、辺りは暗いという。女性の遺体は男性宅の下流約430メートルで見つかった。同署は転落事故とみて調べている。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

川に流される事故相次ぐ 女子中学生ら4人救助(6日)

東京・八王子市で、中学2年の女子生徒らが川に流されるなどの事故が相次ぎ、合わせて4人が救助されました。
 5日午後3時20分ごろ、八王子市の浅川で、5人で遊びにきていた女子中学生のうち2人が川に流されました。2人は約100メートル流され、岩場でうずくまっていたところをレスキュー隊などによって救助されました。いずれも擦り傷などの軽傷だということです。警視庁によりますと、2人は、4日までの雨で増水した川で足を取られたということです。
 また、付近では中学1年の男子生徒2人も川に落ちましたが、近くにいた人に救助され、けがはありませんでした。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220505045.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

潮干狩り客800人 一時戻れず(6日)

5日午後、浜松市西区の浜名湖で、潮干狩りをしていたおよそ800人が、満潮のため潮が満ちてきた干潟に取り残され、消防が手配したボートで陸に戻るトラブルがありました。
けが人などはいませんでした。

浜松市消防局などによりますと、5日午後2時前、浜松市西区舞阪町の弁天島から600メートル沖合の浜名湖の干潟で、潮干狩りをしていた男性が「潮が満ちて取り残された」と御前崎海上保安署に通報しました。
消防などが確認したところ、干潟におよそ800人の潮干狩り客が取り残されていて、干潟の水深は15センチほどありありました。
このため、浜松市消防局は静岡県マリーナ協会に小型ボートで潮干狩り客を弁天島に運ぶよう要請しました。
およそ1時間40分後に全員が弁天島に戻り、けが人などはいませんでしたが、この時、干潟には水深50センチほどまで潮が満ちていたということです。
潮干狩りを運営している弁天島遊船組合によりますと、5日は2500人の客が訪れたものの客を運ぶ小型ボートは24隻しかなく、潮が満ち始める時間帯までに客を弁天島まで戻すことができなかったということです。
弁天島の遊船組合は「大型連休で、舟を増やしていたが、迷惑をかけ大変申し訳ない」と話しています。
静岡市から来た30代の女性は「水が急に上がってきたので、みんなが驚いていました。なかなか船に乗れなくて大変でした」と話していました。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120505/k10014909351000.html

News_pic1

| コメント (0) | トラックバック (0)

北アルプス:遭難で8人死亡 十分な防寒具を持たず(6日)

ゴールデンウイーク(GW)終盤の北アルプスを吹雪が襲った。遭難して死亡した8人はいずれも60代以上の中高年。8人のうち、長野県白馬村の白馬(しろうま)岳(2932メートル)で死亡した6人の中には、山登りの「ベテラン」もいたというが、十分な防寒具を備えていなかった。「軽装が事故につながったのか」。救助隊員らは無念を隠せなかった。【渡辺諒、福富智】
 栂池(つがいけ)高原の山小屋の従業員によると、北九州市の6人のパーティーは事前の予約通り、3日午後2〜3時に栂池ヒュッテに到着した。4日は午前5時ごろに白馬岳山頂近くの白馬(はくば)山荘に向けて出発。従業員は「6人は(雪面を歩くための)アイゼンを付け、ピッケルを持っていたと思う」と振り返る。出発時は青空が見える好天だったという。
 GWの山小屋はにぎわう。しかし予報では4日午後から天気が崩れるため、他の客は宿泊をキャンセルしたり、縦走ルートを変更するなどした。この日、白馬岳方面へ向かった別の1組は天候悪化で引き返した。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120506k0000m040071000c.html

続きを読む "北アルプス:遭難で8人死亡 十分な防寒具を持たず(6日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

父親殴り死なせた疑い 29歳息子を逮捕「仕事しないことをとがめられた」 茨城・鉾田(6日)

父親を暴行して死なせたとして、茨城県警鉾田署は5日、傷害致死の疑いで、茨城県鉾田市札、無職、藤井真史容疑者(29)を逮捕した。
 逮捕容疑は4日午後9時半ごろ、自宅居間で父親の無職、正男さん(71)の顔や頭を殴ったり蹴ったりして死なせた疑い。
 鉾田署によると藤井容疑者は正男さんと2人暮らし。「仕事をしないことをとがめられた」と供述しているという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120505/crm12050520460006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

【高速バス衝突】県警、週明けに陸援隊社長聴取へ 事故から1週間、「複数の日雇い運転手使う」(6日)

群馬県藤岡市の関越自動車道で7人が死亡した高速ツアーバス事故で群馬県警は5日、バス会社「陸援隊」(千葉県印西市)が違法な運行を続けていた疑いが強まったとして、週明けにも道路運送法違反の疑いで同社の針生裕美秀社長(55)から事情を聴く方針を固めた。また、事故を起こした河野化山容疑者(43)についても、無許可でバスの営業を行っていた疑いがあるとみて捜査に乗り出す。事故から6日で1週間。県警は5日、千葉市の河野容疑者宅を家宅捜索を行い、運行実態の解明を急いでいる。
 ■名義貸しの疑い
 国土交通省の特別監査で針生社長は、自動車運転過失致死傷の疑いで逮捕・送検された運転手、河野容疑者以外にも複数の日雇い運転手がいたと説明した。河野容疑者も「アルバイトの運転手だった」と説明しており、運転手の短期雇用を禁じている道路運送法に抵触する恐れがある。
 一方、河野容疑者も自らバスを保有し、陸援隊の名義を借りて中国人観光客向けのツアーを手配していたことも分かっている。
 河野容疑者の所有するバスは、営業可能な「緑ナンバー」になっており、車検証の「使用者」は陸援隊とされていた。しかし、収入や経費を管理していれば、使用者の名義にかかわらず河野容疑者が事業主とみなされる。河野容疑者は事業主となる許可を受けておらず、道路運送法の無許可営業(白バス営業)にあたる可能性がある。

続きを読む "【高速バス衝突】県警、週明けに陸援隊社長聴取へ 事故から1週間、「複数の日雇い運転手使う」(6日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月7日 »