« 2012年5月4日 | トップページ | 2012年5月6日 »

2012年5月5日

2012年5月 5日 (土)

未公開株詐欺 自宅訪問の手口急増(5日)

実体がない会社の未公開株や社債を購入させて代金をだまし取る詐欺事件で、被害者の自宅を訪れて現金を直接受け取る手口が急増し、ことしだけで25の都道府県で7億円以上の被害が出ていることが分かりました。
警察庁は、東京などを拠点とするグループが、受け取り役を飛行機や新幹線で各地に向かわせ、被害を拡大させているとみて調べています。

警察庁によりますと、証券会社などを装って「必ずもうかる」などとうその電話をかけ、実体がない会社の未公開株や社債を購入させて代金をだまし取る事件は、当初、架空名義の口座に現金を振り込ませる手口がほとんどでした。
ところが、ことしに入り、被害者の自宅を訪れて現金を直接受け取る手口が急増し、先月までに55件、合わせて7億4000万円余りの被害が出ていることが分かりました。
こうした手口はオレオレ詐欺でも増えていますが、オレオレ詐欺の被害が首都圏に集中しているのに対し、今回の被害は北海道から熊本まで25の都道府県にわたり、1件当たりの被害額もオレオレ詐欺の4倍の1600万円に上っています。
検挙された受け取り役のほとんどは首都圏に住み、飛行機や新幹線で被害者のもとを訪ねていて、警察庁は東京などを拠点とするグループが受け取り役を各地に向かわせ、被害を拡大させているとみて調べています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120505/k10014902211000.html

News_pic1

| コメント (0) | トラックバック (0)

笑われたから…車で中学生追いカミソリ見せ脅迫(5日)

群馬県警前橋署などは4日、前橋市荒牧町、理容師北川悦雄容疑者(66)を脅迫の疑いで逮捕した。
 発表によると、北川容疑者は3日午前11時頃、軽乗用車で同市内の中学3年男子生徒3人(いずれも14歳)を追いかけ、3人が車をやり過ごそうとして止まったところに、車内からカミソリを無言で示して脅迫した疑い。
 北川容疑者は容疑を認めて、「自分のことを見て笑われたから」と供述。経営する理容店から車で追いかけたという。カミソリはひげそりに使う二つ折りで、刃はついていなかった。
 中学生3人は当時、学校からの帰宅途中。被害に遭った男子生徒の1人が事件後、追いかけてきた軽乗用車が北川容疑者の自宅に駐車してあるのを見つけ、同署に通報した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

白馬岳遭難の男性6人?発見…4人が意識不明(5日)

長野県白馬村の北アルプス・白馬岳(2932メートル)に登山に入った男性6人グループの遭難で、別の登山者が5日午前8時頃、近くの尾根で6人とみられる男性が倒れているのを発見し、山荘を通じて県警大町署に通報した。県警ヘリが救助を始めた。
 4人が意識不明という。
 県警や山小屋関係者によると、6人が倒れていた現場は、北アルプス・小蓮華山(2709メートル)の山頂付近。いずれも北九州市の63~78歳で、同市門司区の男性(75)がリーダーとみられる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

虚偽捜査報告書流出 “犯人捜し”難しく 「控訴断念迫るメッセージか」(5日)

 小沢一郎民主党元代表(69)の公判に絡む証拠資料のインターネット流出が4日、明らかになった。司法の信頼性を根底から揺るがす事態となっており、指定弁護士側、弁護側、検察いずれも「どこから出たのか心当たりがない」と戸惑いを隠せない様子だ。“犯人捜し”は困難も予想されるが、小沢元代表を無罪とした東京地裁判決の控訴期限が今月10日に迫っていることから、「控訴の是非の判断に影響を与えようとする暗黙のメッセージではないか」(法曹関係者)との声も出ている。
 ◆「身内の恥だ」 捜査報告書の虚偽記載は、小沢元代表の昨年12月15日の公判で問題化した。実際にはないやり取りを記載したまま小沢元代表を強制起訴した東京第5検察審査会に提出されていたため、弁護側は「起訴議決は虚偽の報告書に基づく」と反発し、公訴棄却を求める事態に発展した。
 石川知裕衆院議員(38)を取り調べ、公判に証人として出廷した田代政弘検事(45)は、「思い出して作成したので記憶が混同した」と釈明。だが、東京地裁が判決で「事件の見立てに沿う供述を獲得することに力を注いだ」と指弾するなど、検察の捜査のあり方が批判を浴びた。
 ある検察幹部は「現在捜査中であり、この問題は身内の恥でもある。検察関係者の関与は考えにくい」とした上で、「報告書を拡散することで問題を大きくしようとする意図を感じる」と話す。
関連記事

続きを読む "虚偽捜査報告書流出 “犯人捜し”難しく 「控訴断念迫るメッセージか」(5日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

【高速バス衝突】ナンバープレート貸し 業界で問題化(5日)

関越道の高速ツアーバス事故で、逮捕された河野化山容疑者が陸援隊から営業許可を名義借りして、違法にツアーを行っていた可能性が浮上した。バス業界に詳しい業界関係者によると、こうした手法は「ナンバープレート貸し」と呼ばれており、業界内で以前にも問題になることがあったという。
 バス会社の道路運送法の営業許可は、全長12メートル以上の大型バスを保有している場合、そのバスを含めて計5台のバスをそろえないと認可されない。
 だが、大型バスは新車価格で4千万円前後とされる。個人での新規参入は資金面で踏み込めないことが多いという。
 このため「緑ナンバー」となる営業許可を取れない「白ナンバー」のバス運転手が、営業許可を持つ会社に雇用される形で名義を借りて営業することがあり、これを「ナンバープレート貸し」と呼んでいるという。
 運転手を雇った会社側は、ナンバープレート料として運転手から代金を徴収するほか、自社が受注した業務を割安な人件費で運転手側に割り振ることが多いという。「ナンバープレート貸し」について業界関係者は「いわばフランチャイズチェーンのような形態」と解説する。
 関係者によると、印西市にある陸援隊の駐車場には、社名の違うバスも止まっていた。河野容疑者もナンバープレート貸しで陸援隊で運転手を務めていた可能性が指摘されている。
 また、バス業界関係者は「陸援隊に点呼簿などの書類がないのは、採用された運転手が個別に営業活動をしていたからではないか」と話し、ナンバープレート貸しによって、運転手の健康管理などが適正に行われていない問題点を指摘した。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120505/dst12050510290009-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

同乗のバス運転手「行きは自分が運転」 (5日)

群馬県の関越自動車道で7人が死亡した高速バス事故で、千葉から金沢まで同乗していた別の運転手が警察に対し、「金沢までは自分が運転した」と話していることが新たに分かりました。
 群馬県警は4日、自動車運転過失致死傷の疑いで逮捕された河野化山容疑者(43)が、金沢発のバスに乗務する前に滞在していた石川県のホテルなどに捜査員を派遣しました。
 河野容疑者とともにバスに乗り、千葉から金沢まで向かった別の運転手に対する事情聴取も行われましたが、この運転手は「金沢までは自分が運転した」と話していることが、警察への取材で新たに分かりました。
 これまでの国土交通省の監査に対し、バスの運行会社「陸援隊」の針生裕美秀社長は「河野容疑者から金沢に行くのは初めてで、不安だと相談を受けたため、もう1人の運転手を同乗させた」と話していましたが、社長の代理人の弁護士が3日、こうした経緯を否定するなど、会社側の説明は食い違っていました。
 このため、警察は、河野容疑者が1人でバスを運転するに至った経緯など、会社の運行管理に問題がなかったか、近く、社長からも事情を聴く方針です。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5021041.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

関越道バス事故 逮捕の運転手「アルバイト運転手だった」(5日)

関越自動車道で乗客7人が死亡したバス事故で、逮捕された運転手の河野化山容疑者(43)は、群馬県警の取り調べに対し、「アルバイト運転手だった」と話していることがわかった。
バス会社「陸援隊」の社長は、国土交通省の特別監査に対し、河野化山容疑者の雇用形態について、「仕事が入った時だけお願いし、給料は日払いで払うことにしていた」と説明していて、「日雇い」であったとみられていた。
4日、河野化山容疑者は、群馬県警の取り調べに対し、「アルバイトとして陸援隊で働いていた」と話したという。
一方、国交省によると、河野容疑者は、「陸援隊」から名義を借りて、自分が所有するバスを使った中国人向けツアーを主催していたという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

白馬岳で6人遭難か 爺ケ岳でも62歳と連絡取れず(5日)

長野県警大町署は4日、前日から北アルプスの白馬岳(標高2932メートル)に登山に入った北九州市の60~70代の男性6人のパーティーが、4日夜になっても宿泊予定の山小屋に到着せず、家族から救助要請があったと発表した。同署は6人が遭難したと見て5日朝から捜索する。
 同署によると、現地は4日午後、一時吹雪だった。6人の携帯電話に連絡を取ろうとしているが、電波が通じないか、呼び出し音が鳴っても応答がない状態だという。
 連絡が取れない6人は63~78歳とみられ、北九州市門司区の男性(75)がリーダーという。3日から2泊3日の予定で同県小谷村の栂池高原から入山したという。
 大町署によると、北アルプスの爺ケ岳でも4日に登山に入った大阪市住之江区の女性(62)から「吹雪で身動きが取れない」と山小屋に連絡があり、その後、連絡が取れない状況になっているという。女性は単独で入山した。同署は5日朝から捜索する。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

「盗聴された」で隣人切りつける? 殺人未遂で男逮捕(5日)

4日午前5時10分ごろ、大阪府泉佐野市鶴原の路上で、近くに住む杉原利夫さん(80)が外出しようとしたところ、家の前にいた隣人の男に、いきなり無言で折りたたみナイフで顔を切りつけられた。騒ぎを聞いて屋外に出てきた杉原さんの長女、順子さん(35)も顔を切られ、いずれも右ほほを1カ所切る重傷。男は近隣住民の通報で駆けつけた大阪府警泉佐野署員に殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。
 同署によると、男は同市鶴原の無職、谷口定盛容疑者(73)。調べに対して容疑を認めているが、「盗聴されていた」などとも供述しており、同署で動機などを慎重に調べている。過去にトラブルなどは確認されていないという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

民家に一部白骨遺体、住人の92歳女性か 長男と連絡取れず(5日)

4日午前11時ごろ、岐阜県土岐市泉町大富、無職、小栗重子さん(92)方の1階寝室で、布団の上に一部白骨化した女性の遺体を多治見署員が見つけた。
 死後2~3週間経過し、同署は重子さんの可能性があるとみて死因の特定を急いでいる。同居の長男(59)と連絡が取れなくなっており、事情を知っているとみて行方を捜している。
 多治見署によると、住民から4日朝、交番に「小栗さんをしばらく見掛けず、心配だ」と相談があった。
 小栗さん方は2人暮らし。遺体は、布団が掛かり、あおむけの状態だった。外傷はなく、部屋に荒らされた形跡はなかった。
 近所の女性(66)は取材に「3日午前、長男が裏口から家に入るところを見たが、変わった様子はなかった」と話した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120504/crm12050420530007-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

「母が死亡した際の冷たい態度に嫌悪感」 父親蹴って死なせた疑い 長男逮捕(5日)

滋賀県警守山署は4日、父親に暴行を加え死亡させたとして傷害致死の疑いで同県守山市欲賀町、無職の長男、寺田浩也容疑者(51)を逮捕した。
 逮捕容疑は3日午後8時ごろ、自宅で同居していた父親の無職、勉さん(81)の胸や腹を蹴って放置し、死亡させた疑い。
 同署によると、寺田容疑者は勉さんと2人暮らし。「母が死亡した際の父の冷たい態度に嫌悪感を抱いた」と容疑を認めている。4日午前10時ごろ、寺田容疑者が寝室で死亡している勉さんを発見。「昨晩、蹴りつけた父親が死んでいる」と同署に出頭した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120505/crm12050501170000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月4日 | トップページ | 2012年5月6日 »