« “発射後数個にわかれた模様”(13日) | トップページ | 木嶋被告の判決、主文後回し 連続不審死、3人殺害認定(13日) »

2012年4月13日 (金)

祇園の事故 警察庁も詳細を調査へ(13日)

12日、京都・祇園の繁華街で、車が歩行者などを次々とはね、運転していた男を含む8人が死亡した事故を受けて、警察庁は、運転手にてんかんの症状があったことが事故に影響したかどうか詳しく調べたうえで、必要な対策を検討することにしています。

軽自動車を運転して死亡した京都市西京区の藤崎晋吾容疑者(30)は、てんかんの症状で通院しており、先月、運転免許を更新した際には、てんかんの症状があることを申告していなかったことが警察の調べで分かっています。
てんかんの持病がある運転手が起こした事故としては去年4月、栃木県鹿沼市で運転手が発作を起こして小学生の列にクレーン車で突っ込み、6人が死亡した事故があります。
この運転手も、てんかんの持病を申告しておらず、死亡した小学生の遺族は病気を申告しないまま免許を取得できないようチェックの強化を求める署名を、今月、松原国家公安委員長に提出しました。今回の事故について、警察庁は、運転手がすでに死亡しているうえ、車が最初にタクシーに衝突したあと、300メートル以上の距離をほぼまっすぐ走っていることから、てんかんによる発作が実際に起きていたのかや、起きていたとしても人を次々にはねたことと関係があるかどうか、現時点では分からないとしています。
警察庁は、てんかんの症状が事故に影響したかどうか詳しく調べたうえで必要な対策を検討することにしています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120413/k10014413761000.html

« “発射後数個にわかれた模様”(13日) | トップページ | 木嶋被告の判決、主文後回し 連続不審死、3人殺害認定(13日) »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祇園の事故 警察庁も詳細を調査へ(13日):

« “発射後数個にわかれた模様”(13日) | トップページ | 木嶋被告の判決、主文後回し 連続不審死、3人殺害認定(13日) »