« 振り込め詐欺 1000万円余被害(25日) | トップページ | 紛失の捜査用カメラ発見 神奈川県警 会社員が誤って持ち帰る(25日) »

2012年4月25日 (水)

また警察不祥事! 捜査書類を被害者に無断で作り直す 秋田、巡査長を本部長訓戒(25日)

秋田県警の20代男性巡査長が、被害者から任意提出を受けた捜査書類をなくし、被害者に無断で作り直していたことが25日、県警への取材で分かった。県警は3月29日付で、巡査長を本部長訓戒処分とした。
 県警によると、書類は昨年8月の窃盗事件の証拠品に関する任意提出書。被害者の自筆で氏名、住所などが書かれ、押印されていた。書類がなくなっているのに気付いた巡査長が書き直し、自分の人さし指で代印していた。誤ってシュレッダーに掛けた可能性があるという。
 書類を見た上司が昨年9月、被害者の筆跡との違いに気付き発覚した。巡査長は「書類だけあればいいかと思い自分で作ってしまった」と話しているという。
 県警は「捜査書類の重要性、保管管理の徹底など、指導教養して再発防止に努めたい」としている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120425/crm12042511230008-n1.htm

« 振り込め詐欺 1000万円余被害(25日) | トップページ | 紛失の捜査用カメラ発見 神奈川県警 会社員が誤って持ち帰る(25日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また警察不祥事! 捜査書類を被害者に無断で作り直す 秋田、巡査長を本部長訓戒(25日):

« 振り込め詐欺 1000万円余被害(25日) | トップページ | 紛失の捜査用カメラ発見 神奈川県警 会社員が誤って持ち帰る(25日) »