« 不明児童・生徒1191人 大都市集中 安否確認できず(14日) | トップページ | 振り込め詐欺:猫の駐在さんが防止に一役 京都(14日) »

2012年4月14日 (土)

スマホ情報流出、アプリ作成者を警視庁が特定へ(14日)

スマートフォン(高機能携帯電話)の電話帳に登録された個人情報を外部に送信してしまうアプリが出回っていた問題で、警視庁が情報収集を始めたことが、捜査関係者への取材でわかった。
 同庁は今後、接続業者(プロバイダー)などから話を聞くなどして、ウイルスが仕組まれたとみられるアプリを作成した関係者の特定を進め、刑法のウイルス作成罪にあたるかどうかを慎重に検討する。
 情報セキュリティー会社「ネットエージェント」(東京)によると、問題となっているのは、人気ゲームなどを動画で紹介するアンドロイド用の無料アプリ。ダウンロードして起動すると、電話帳に登録した個人名や電話番号、メールアドレスなどの個人情報が外部に送信される仕組みで、少なくとも16種類が確認された。これらのアプリは13日に削除されたが、流出した個人情報は数百万人分に上る可能性があるという。

« 不明児童・生徒1191人 大都市集中 安否確認できず(14日) | トップページ | 振り込め詐欺:猫の駐在さんが防止に一役 京都(14日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54469708

この記事へのトラックバック一覧です: スマホ情報流出、アプリ作成者を警視庁が特定へ(14日):

« 不明児童・生徒1191人 大都市集中 安否確認できず(14日) | トップページ | 振り込め詐欺:猫の駐在さんが防止に一役 京都(14日) »