« 飲酒トラブルで男性死亡 殺人で捜査 長崎(5日) | トップページ | 検察改革 97%で可視化実施 地検特捜部と特刑部で(6日) »

2012年4月 5日 (木)

遺体発見後にようやく…家族が再三要請も捜査せず(5日)

家族の再三にわたる要請にもかかわらず、警察は捜査に乗り出しませんでした。
 今年3月、三重県松阪市の山林で、神戸市の一瀬敦さんが遺体で見つかりました。家族によりますと、一瀬さんが去年11月に行方不明になって以降、兵庫県の垂水警察署などに少なくとも6回、捜査を求めたものの、相手にされなかったということです。
 一瀬さんの兄:「僕が電話をかけすぎて、『お兄さん大丈夫ですか』『頭のほう、大丈夫ですか』と言われたくらい」
 一瀬さんは車にはねられた後、山林に遺棄されたとみられ、捜査が始まったのは遺体発見の後でした。兵庫県警は、事実関係の調査に乗り出しました。

2009_1229_211958annlogo1_3 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220405038.html

« 飲酒トラブルで男性死亡 殺人で捜査 長崎(5日) | トップページ | 検察改革 97%で可視化実施 地検特捜部と特刑部で(6日) »

東京都関係ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遺体発見後にようやく…家族が再三要請も捜査せず(5日):

« 飲酒トラブルで男性死亡 殺人で捜査 長崎(5日) | トップページ | 検察改革 97%で可視化実施 地検特捜部と特刑部で(6日) »