« 通学路の安全点検、各地に広がる(28日) | トップページ | 入浴死:実態調査へ…交通事故を超える死者数 厚労省(28日) »

2012年4月28日 (土)

偽名で働き偽名で生活保護、消費者金融も「偽名」(28日)

偽名で病院職員として働きながら、生活保護を不正受給したとして、大阪府警東淀川署は27日、大阪市東淀川区下新庄、無職坂本敏和容疑者(39)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。以前、別の自治体でも不正に受給したことがあったため、名前を偽ったという。坂本容疑者は「消費者金融から偽名で約1500万円借りた」とも供述しており、同署は余罪についても調べる。
 大阪地検は同日、坂本容疑者を詐欺罪で起訴した。起訴状によると、坂本容疑者は病院勤務で収入があったのに申告せず、2009年7月~翌年6月に市から保護費約130万円をだまし取ったとされる。
 同容疑者は別の自治体で生活保護を申請した際、「住宅扶助費を受け取ったまま、住まずに逃げたことがあった」と供述しており、08年から「野田」姓を名乗って大阪市から保護費を受給していた。昨年9月になって偽名に気付いた同市が本名での支給に切り替えたところ、通院先の病院が名前が変わったのを不審に思い、府警に届け出た。
 自宅の捜索で、十種類以上の名の履歴書や消費者金融のカードなどが押収されており、坂本容疑者は「偽名で金を借りれば返さなくてもいいと、テレビで見た」と話している。

« 通学路の安全点検、各地に広がる(28日) | トップページ | 入浴死:実態調査へ…交通事故を超える死者数 厚労省(28日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54575714

この記事へのトラックバック一覧です: 偽名で働き偽名で生活保護、消費者金融も「偽名」(28日):

« 通学路の安全点検、各地に広がる(28日) | トップページ | 入浴死:実態調査へ…交通事故を超える死者数 厚労省(28日) »