カテゴリー

« 現場で事件分析 警視庁分析捜査班設置(3日) | トップページ | がれき受け入れ反対“市長に危害を”(3日) »

2012年4月 3日 (火)

119番通報増加に対応 東京消防庁ホームページ、搬送の緊急性判断コーナー開設 (3日)

119番通報の増加で、救急車が対応しきれない状態を解消するため、東京消防庁は2日、インターネットのホームページ(http://www.tfd.metro.tokyo.jp/)上で、症状などを入力し、救急車を呼ぶかどうか判断してもらう「救急受診ガイド」コーナーを開設した。

 年齢のほか、「頭痛」「呼吸が苦しい」といった症状などを入力すると、緊急性によって、「救急車の利用」「1時間以内の受診」「6時間以内の受診」「24時間以内の受診」のどの対応がふさわしいか表示される。パソコンや携帯電話、スマートフォンから利用することができる。

 同庁は平成16年に119番通報が約104万件に達したことなどから、19年に救急車を呼ぶべきか相談したり、医療機関の案内を受けたりできる「救急相談センター」を開設した。119番通報の件数は減少したが、同センターへの相談件数が増え、電話がつながらないケースが増加。昨年1年間にあった約48万件の着信のうち、約3分の1にあたる16万8千件ほどの電話に出られなかったことなどから、HP上にガイドコーナーを新設した。

 同庁職員らは同日、東京・丸の内のJR東京駅前でPR活動を実施。通行人にチラシを配布するなどして、ガイドコーナーの開設をアピールした。http://sankei.jp.msn.com/region/news/120402/tky12040219500017-n1.htm

Msn_s1_5

« 現場で事件分析 警視庁分析捜査班設置(3日) | トップページ | がれき受け入れ反対“市長に危害を”(3日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 現場で事件分析 警視庁分析捜査班設置(3日) | トップページ | がれき受け入れ反対“市長に危害を”(3日) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ