« 会社役員刺殺される 札幌のマンション(4日) | トップページ | 詐欺:「クリーンエネルギー」金融商品持ちかける手口横行(4日) »

2012年4月 4日 (水)

東京ミイラ遺体は医師…家で宗教的儀式か(4日)

東京都小金井市本町の住宅で2日に発見されたミイラ化した遺体は、住人の男性医師とみられることが分かった。同居する男性の2人の娘が「父はまだ生きている」などと話していることも判明。家の中で、何らかの宗教的儀式が行われていた可能性も出てきた。
 警視庁小金井署によると、死後数年が経過。死亡時の年齢を調べているが、現時点で88歳という。同署員と小金井市職員が遺体を室内で発見した際には、酸素吸入器を付け体にガーゼやラップが巻かれていた。
 男性は数十年前から自宅に診療所を併設。内科や小児科の診察を行っていた。自宅では、長女(61)と次女(58)と同居していたもようで、長女は医師免許を所持。同診療所に女医として登録していたという。
 異変が現れたのは、2010年ごろで、診療所が閉鎖され、男性が姿を見せなくなった。読売新聞によると、長女は周囲に自分に霊能力があるなどと話していたという。
 先月16日には、小金井署員らが男性の安否確認のために訪問したが、長女らが「対応できない」と入室を拒否していた。
 調べに対し、長女らは「父はまだ生きている。心臓の音が聞こえる」などと説明。小金井署は、遺体の司法解剖を行い、詳しい経緯を調べる方針だ。

関連記事

« 会社役員刺殺される 札幌のマンション(4日) | トップページ | 詐欺:「クリーンエネルギー」金融商品持ちかける手口横行(4日) »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京ミイラ遺体は医師…家で宗教的儀式か(4日):

« 会社役員刺殺される 札幌のマンション(4日) | トップページ | 詐欺:「クリーンエネルギー」金融商品持ちかける手口横行(4日) »