« 市橋被告に控訴審判決、印税寄付などで刑軽減求める(11日) | トップページ | 入院中の男性殺害容疑、同室の男2人逮捕 青森(11日) »

2012年4月11日 (水)

市橋被告に2審も無期懲役判決 英国人女性殺害事件(11日)

 千葉県市川市で2007年に英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22)が遺体で見つかった事件で、殺人などの罪に問われた無職市橋達也被告(33)の控訴審判決が11日、東京高裁であった。飯田喜信裁判長は、無期懲役とした裁判員裁判の一審・千葉地裁判決を支持し、市橋被告の控訴を棄却した。
 一審判決は、市橋被告が07年3月25日ごろ、市川市内の自宅マンションでリンゼイさんの顔などに打撃を加え、両手首を縛って強姦(ごうかん)し、翌26日までに首を圧迫して殺害したと認めた。
 これに対し、弁護側は「被告には首を圧迫している認識はなく、殺意があったとは言えない」と主張し、有期の懲役刑に減刑するよう求めて控訴していた。
 市橋被告は事件後、整形手術を受けるなどして2年7カ月にわたり逃亡を続けていた。

Logo2_2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

« 市橋被告に控訴審判決、印税寄付などで刑軽減求める(11日) | トップページ | 入院中の男性殺害容疑、同室の男2人逮捕 青森(11日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54445564

この記事へのトラックバック一覧です: 市橋被告に2審も無期懲役判決 英国人女性殺害事件(11日):

« 市橋被告に控訴審判決、印税寄付などで刑軽減求める(11日) | トップページ | 入院中の男性殺害容疑、同室の男2人逮捕 青森(11日) »