« スマホ情報流出、アプリ作成者を警視庁が特定へ(14日) | トップページ | 自転車死亡事故急増、事故防止呼びかけ (14日) »

2012年4月14日 (土)

振り込め詐欺:猫の駐在さんが防止に一役 京都(14日)

20120414k0000e040193000p_size51

京都府宮津市の府警宮津署養老駐在所で飼われている雄ネコが、制服姿で警察官とともにお年寄り宅をパトロールし、振り込め詐欺防止に一役買っている。同府北部は今年に入って振り込め詐欺が頻発。警察官だけで回るよりも打ち解け、注意をよく聞いてもらえるといい、被害ゼロを目指して出動している。
 ネコの名前は伊右衛門(いえもん)。山田達見巡査部長(27)が赴任した昨年4月、小屋脇に野良猫が産み捨てていたのを近所の人が見つけ、妻佳世さん(27)が譲り受けた。当時は生後2週間程度。順調に育ち、駐在所のカウンターに座って外を眺める姿が評判になった。
 府警によると、今年に入って府内で発生した振り込め詐欺11件のうち、5件は同署管内で、被害額は3150万円に上った。地元住民の約3割は65歳以上のお年寄りだけの世帯。そこで伊右衛門とのパトロールを考えた。

http://mainichi.jp/select/news/20120414k0000e040192000c.htmlLogo_mainichi_s1

« スマホ情報流出、アプリ作成者を警視庁が特定へ(14日) | トップページ | 自転車死亡事故急増、事故防止呼びかけ (14日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54469738

この記事へのトラックバック一覧です: 振り込め詐欺:猫の駐在さんが防止に一役 京都(14日):

« スマホ情報流出、アプリ作成者を警視庁が特定へ(14日) | トップページ | 自転車死亡事故急増、事故防止呼びかけ (14日) »