« 祇園の事故 警察庁も詳細を調査へ(13日) | トップページ | 木嶋被告に死刑判決(13日) »

2012年4月13日 (金)

木嶋被告の判決、主文後回し 連続不審死、3人殺害認定(13日)

首都圏で起きた男性3人の連続不審死で殺人罪などに問われた木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判の判決公判が13日午前、さいたま地裁で始まった。大熊一之裁判長は主文の宣告を後回しにして、判決理由の朗読を開始。3人は被告に殺害されたと認定した。
 木嶋被告は2009年、東京都青梅市の会社員寺田隆夫さん(当時53)=東京事件=、千葉県野田市の無職安藤建三さん(当時80)=千葉事件=、東京都千代田区の会社員大出嘉之さん(当時41)=埼玉事件=を練炭による自殺と見せかけて殺害したとして起訴された。その他、婚活サイトを通じて出会った複数の男性に対する詐欺や窃盗など計10の事件で起訴されている。
 これまでの公判で、木嶋被告は2件の詐欺事件については認め、殺人罪については「3人を殺していません」と無罪を主張。弁護側は死亡した3人を「自殺や事故死」としている。

Logo2_3

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

« 祇園の事故 警察庁も詳細を調査へ(13日) | トップページ | 木嶋被告に死刑判決(13日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木嶋被告の判決、主文後回し 連続不審死、3人殺害認定(13日):

« 祇園の事故 警察庁も詳細を調査へ(13日) | トップページ | 木嶋被告に死刑判決(13日) »