« 大阪・池田市マンション女性遺体事件 指名手配中の32歳長男が警察に出頭、逮捕(3日) | トップページ | 119番通報増加に対応 東京消防庁ホームページ、搬送の緊急性判断コーナー開設 (3日) »

2012年4月 3日 (火)

現場で事件分析 警視庁分析捜査班設置(3日)

警視庁捜査支援分析センターは2日、事件現場に出動して捜査情報の分析活動や、遺留品のデータなどから犯人像を割り出す「分析捜査班(モバイルチーム)」を設置した。これまで、分析活動は主に本部の分析センターで行ってきたが、事件現場や一線の警察署で行うことで、よりスピーディーに事件を解決することが狙いだ。分析班が現場に出動して情報分析を行うのは全国初。

 モバイルチームはセンターの分析官の警部1人と捜査員4人の計5人1組の2班体制。事件の発生と同時に現場や担当警察署に行き、現場で情報をリアルタイムで分析するほか、専門知識を持つ分析官が未解決の事件などで、独自の情報収集などを行い、事件の早期解決を目指す。

 センターではこれまでに、防犯カメラの画像解析やパソコンを利用した犯罪の対処、過去の犯罪データの蓄積から類似犯罪の手口分析をし、犯人像を導き出すプロファイリングを行うなど、犯罪捜査で得られた情報を集約し犯人割り出しに役立てている。

 大相撲の野球賭博事件の捜査では、力士らから携帯電話を押収し、消去されたメールを復元して分析したことにより八百長疑惑が発覚。また、目黒区で昨年1月、夫妻が殺傷された事件でも、防犯カメラの映像から犯人を割り出すなど、実績を上げている。

 吉田尚正刑事部長は「情報の集約、分析のプロフェッショナルとしてのスキルを発揮して事件捜査に貢献し、成果を出してほしい」と訓示した。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/region/news/120402/tky12040217270010-n1.htm

« 大阪・池田市マンション女性遺体事件 指名手配中の32歳長男が警察に出頭、逮捕(3日) | トップページ | 119番通報増加に対応 東京消防庁ホームページ、搬送の緊急性判断コーナー開設 (3日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54378272

この記事へのトラックバック一覧です: 現場で事件分析 警視庁分析捜査班設置(3日):

« 大阪・池田市マンション女性遺体事件 指名手配中の32歳長男が警察に出頭、逮捕(3日) | トップページ | 119番通報増加に対応 東京消防庁ホームページ、搬送の緊急性判断コーナー開設 (3日) »