« 2012年4月27日 | トップページ | 2012年4月29日 »

2012年4月28日

2012年4月28日 (土)

三重・いなべ市で中学講師が教え子をひき逃げした疑い 事情聴く(28日)

三重・いなべ市で4月20日、中学校の男性講師が、教え子の男子生徒を車でひき逃げし、けがをさせていたことがわかった。警察は、講師から事情を聴いていて、容疑が固まり次第、書類送検する方針。
警察がひき逃げなどの疑いで任意で事情を聴いているのは、いなべ市立北勢中学校の男性講師(23)。
警察によると、男性講師は4月20日午前8時前、学校近くの交差点で、自転車で通学途中の教え子の男子生徒を軽乗用車でひき逃げした疑いが持たれている。
男子生徒は、足に軽いけがをした。
学校によると、男性講師は、「大変申し訳ないことをした」と話しているという。
警察は、容疑が固まり次第、男性講師を書類送検する方針。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00222220.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

運転手ら不起訴は不当と検察審査会へ申し立て(28日)

大阪市浪速区の国道で昨年5月、急ハンドルを切ったタンクローリーが歩道に突っ込み、男性2人が死亡した事故で、大阪地検が、事故を誘発したとされる自転車の男(61)=重過失致死罪で禁錮2年の実刑判決が確定=だけを起訴し、タンクローリーの運転手(56)ら2人を不起訴としたのは不当だとして、遺族が大阪検察審査会に申立書を提出したことが28日、遺族への取材で分かった。
 申し立てたのは、亡くなった同市城東区の運送アルバイト、登尾(のぼりお)正昭さん=当時(75)=の妻ら遺族3人。長男の昭夫さん(40)は「父を直接はねた当事者らにも過失があり、不起訴になった理由について納得できない。申し立てすることで事故の全容が知りたい」としている。
 事故は、自転車を避けようとしたワゴン車が左車線のタンクローリーの前に割り込み、それを避けようとしたタンクローリーが歩道に突っ込んだ。
 大阪府警は自転車の男とそれぞれの車の運転手2人を逮捕したが、大阪地検は運転手2人については嫌疑不十分で不起訴とした。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120428/crm12042820000002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(28、29日単位・レベル)
いかに説得するか?
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120415105052

 25日夜、茨城県筑西市で39歳の女性とその元夫が死亡した事件。元夫が女性を刺した後、自殺したとみられている。こうした事件、いつも問題になるのが「警察に相談していた」。
 今回も女性は元夫からの暴力について以前から警察に相談。しかも、被害届けを出すよう勧められていた。届けを出さなかったこともあり、警察は夫に警告すると同時に自宅を警戒していたという。そして、「男のほうを見張るべきだ」の批判も…
 これでは「警察は何をしているんだ」とは言えませんよ。ストーカー事件の多くもやはり、被害届けを出すよう勧めるが多くの人は出したがらないという。だから、事件になるかどうかは「紙一重」なんですよね。
 でも、警察がどこまで説得したのか?なんですが、ちょっと危険な人物は、警察に知らせただけで逆上してしまうことがある。そこで、警察に相談するときは、相手の身柄を確保してもらうぐらいの覚悟が必要なんです。
 あるいは、相談者の身柄を加害者から隔離することです。相談者がどちらも嫌なら、警察は、注意書きを書いたカードを渡し、「説明済み」の署名・捺印をもらうことです。「責任は貴方自信ですよ」とアピールが必要。でないと同じ事の繰り返しになってしまう。
 今回の場合「男を見張れ」と言っても24時間、しかも無期限の見張りはできる訳がない。勝手な事を言っては困ります。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする
 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗容疑で中3の3人逮捕 たばこ50箱奪う、北九州(28日)

福岡県警戸畑署は28日、北九州市内のたばこ店に押し入りたばこ50箱を奪ったとして強盗と住居侵入の疑いで、同市の中学3年の男子生徒3人を逮捕、中学2年の男子生徒(13)を補導した。全員容疑を認めている。
 逮捕容疑は、24日午後2時50分ごろ、同市戸畑区のたばこ店に侵入、店番中だった経営者の女性(73)に暴行し、たばこ約50箱を奪った疑い。
 同署によると、たばこは未開封のまま同区内で見つかった。事件から約1時間半後、市内のゲームセンターで特徴の似た4人を警察官が発見、事情を聴いていた。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201204/CN2012042801001384.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

釣り堀火災2件、連続放火か 東京・あきる野(28日)

東京都あきる野市で28日未明、養沢川沿いにある2つの釣り堀の事務所兼食堂で、相次いで火災が発生した。いずれも従業員や釣り客などはいなかったが、消火活動にあたっていた東京消防庁の男性隊員がガラスで手を切り軽傷。2つの事務所は約1キロの距離で、発生時間も近いことなどから、警視庁五日市署は連続放火の可能性もあるとみて詳しい出火原因を調べている。
 同署によると、28日午前1時20分ごろ、あきる野市養沢の釣り堀「トーマスブレークモア記念社団養沢毛鉤専用釣場」で、「建物から火が出ている」と近所の住民から119番通報があった。木造平屋の事務所兼食堂約70平方メートルを焼き、約3時間半後に消し止められた。けが人はいなかった。
 また、同時刻ごろ、南に約1キロ離れた同市養沢の釣り堀「秋川国際マス釣り場」でも火の手があがっているのを、養沢毛鉤専用釣場に向かっていた東京消防庁の隊員らが発見。鉄筋2階建て事務所兼食堂の1、2階部分計約390平方メートルが焼け、消火にあたっていた20代の男性消防隊員がガラスで右手を切り軽傷を負った。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120428/dst12042810210002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

フィリピンパブ無許可営業の暴力団組長ら3人逮捕(28日)

フィリピンパブを無許可で営業したとして、東京・足立区に住む暴力団組長の男ら3人が警視庁に逮捕されました。
 暴力団上州家会会長の伊藤勝彦容疑者(59)と足立区の石塚隆容疑者(49)ら3人は今年1月下旬ごろ、風俗営業の許可を受けていないにもかかわらず、不正にフィリピンパブを経営した疑いが持たれています。警視庁によりますと、暴力団組員には営業が許可されないことを知った伊藤容疑者が、知人の石塚容疑者名義で営業許可を取り、店を営業していました。警視庁が去年10月に開設した「暴排フリーダイヤル」に「伊藤容疑者が組員だから、石塚容疑者が名義貸しをしているのではないか」という情報提供があり、事件が発覚しました。取り調べに対し、3人は「間違いない」と容疑を認めています。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220427066.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

入浴死:実態調査へ…交通事故を超える死者数 厚労省(28日)

高齢者に多いとされる入浴中の死亡事故について、厚生労働省は初の全国的な実態調査を実施することを決めた。厚労省がん対策・健康増進課は「関係学会の要望などを踏まえ、年度内にも着手したい」としている。入浴中に死亡する人は、東京都など一部地域の調査や死亡統計からの推計で年間約1万4000人と、交通事故の死者数(昨年4612人)を大幅に上回ると見られるが、実態は分かっていない。
 東京都監察医務院などによる都内の調査や救急搬送患者の調査など、範囲を限定した研究はあるが、全国の事故を網羅した調査はなかった。入浴は日本特有の習慣のため、世界的なデータもない。
 入浴時の事故で多いのは、浴槽内で溺れるほか不整脈や心筋梗塞(こうそく)、くも膜下出血などを発症するケース。救急搬送される人の大半は高齢者で冬場に増加。脱衣所から寒い浴室に移動した際、急激な温度変化で心臓に負担がかかる「サーマル・ショック」が原因と考えられるケースが多いという。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120428k0000m040108000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽名で働き偽名で生活保護、消費者金融も「偽名」(28日)

偽名で病院職員として働きながら、生活保護を不正受給したとして、大阪府警東淀川署は27日、大阪市東淀川区下新庄、無職坂本敏和容疑者(39)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。以前、別の自治体でも不正に受給したことがあったため、名前を偽ったという。坂本容疑者は「消費者金融から偽名で約1500万円借りた」とも供述しており、同署は余罪についても調べる。
 大阪地検は同日、坂本容疑者を詐欺罪で起訴した。起訴状によると、坂本容疑者は病院勤務で収入があったのに申告せず、2009年7月~翌年6月に市から保護費約130万円をだまし取ったとされる。
 同容疑者は別の自治体で生活保護を申請した際、「住宅扶助費を受け取ったまま、住まずに逃げたことがあった」と供述しており、08年から「野田」姓を名乗って大阪市から保護費を受給していた。昨年9月になって偽名に気付いた同市が本名での支給に切り替えたところ、通院先の病院が名前が変わったのを不審に思い、府警に届け出た。
 自宅の捜索で、十種類以上の名の履歴書や消費者金融のカードなどが押収されており、坂本容疑者は「偽名で金を借りれば返さなくてもいいと、テレビで見た」と話している。

| コメント (0) | トラックバック (0)

通学路の安全点検、各地に広がる(28日)

 通学路の安全を確保しようという動きは各地に広がっている。
 埼玉県とさいたま市は24日、通学路の安全点検を行うよう、学校長らにそれぞれ通知した。
 さいたま市の通知では、通学路を点検し、主要道路の抜け道になっていたり、縁石やガードレールが設置されていなかったりするなどでは必要に応じて通学路を変更するよう求めた。今のところ、さいたま市内で通学路を変更した学校はないという。
 茨城県教育庁は、小・中・高校と特別支援学校の通学路について、危険箇所や過去の交通事故の発生状況を緊急調査する。5月中に危険度の高い通学路を洗い出し、徒歩や自転車、バスなどの通学手段や地域の交通環境なども考慮して、各校の通学実態に合った対策を練る。(2012年4月27日18時11分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

黒柳徹子さん、タクシー乗車中に追突されけが 六本木(28日)

27日午後10時45分ごろ、東京都港区六本木3丁目の都道で、俳優の黒柳徹子さん(78)の乗っていたタクシーが後ろから来たタクシーに追突され、黒柳さんが首に軽傷を負った。
 警視庁麻布署によると、黒柳さんの乗ったタクシーは信号待ちをしていたという。追突したタクシーの運転手の男性は「考えごとをしていて追突してしまった」と話しているという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

財務省、ひったくり事件の職員を懲戒免職(28日)

 財務省は27日、ひったくりをしたとして逮捕、起訴された同省理財局国有財産業務課、佐藤誠芳被告(28)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。同省によると、佐藤被告は2月29日午後10時ごろ、東京都港区内の路上で、歩いて帰宅中の会社員女性に背後から自転車で近づき、追いぬきざまに現金約3万円などが入ったトートバッグを奪った。3月19日に東京区検が東京簡裁に窃盗罪で起訴している。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

社債購入めぐる名義貸しで詐欺 3200万円被害 栃木(28日)

栃木県警真岡署は27日、栃木県真岡市内の無職の女性(62)が、証券会社員などをかたる男らに現金3200万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として捜査している。
 調べによると、女性宅に5日、証券会社員を名乗る男から電話があり「社債を買う権利をほしがっている人がいるが、栃木県限定で販売されるため買えない」などと言って、名義を貸すよう持ちかけてきた。
 女性が了承したところ、社債発行会社を名乗る男が「権利を譲るのは不正行為だ。取引終了後に全額返金するので金を振り込んでほしい」などと電話があり、女性は9日から18日にかけて指定された口座に現金を振り込んだほか、男に直接現金を手渡し、7回で計3200万円を払った。
 返金期限になっても金が戻らないことから、27日に真岡署に届け出た。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120427/crm12042721250017-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

「犯人への憎しみなえず」朝日阪神支局襲撃の遺族(28日)

兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局で昭和62年、小尻知博記者=当時(29)=が散弾銃で射殺された事件から5月3日で25年となるのを前に、遺族が27日、朝日新聞社を通じて「今なお姿を見せない犯人への憎しみがなえることはありません」とするコメントを発表した。
 25年間、何も変わらないという妻裕子さん(52)は「私の中では白髪の一本もない、黒々とした頭に、無精ひげを生やした29歳のままです」と小尻記者の記憶を呼び起こし「いつの日か、事件の真相が明らかになる日が来ることを心待ちにしています」と語った。
 小尻記者の父信克さんは昨年夏に83歳で他界し、朝日放送に勤める長女の美樹さん(27)は「祖父が抱いてきた犯人への憤りは私も同じです。なぜ父が亡くなったのか答えは見つからず、悔しい気持ちが変わることがありません」とコメントした。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120427/crm12042723140020-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月27日 | トップページ | 2012年4月29日 »