« 2012年4月25日 | トップページ | 2012年4月27日 »

2012年4月26日

2012年4月26日 (木)

刃物突きつけ「全部出せ、全部」コンビニ強盗の男を逮捕 警視庁(26日)

コンビニエンスストアに押し入り、現金18万円を奪ったとして、警視庁代々木署は26日、強盗の疑いで、東京都杉並区和泉、アルバイト、尾続(おつづき)猛容疑者(36)を逮捕した。同署によると、尾続容疑者は「借金返済と生活費に困ってやった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は昨年12月30日早朝、渋谷区笹塚のコンビニ「セブンイレブン笹塚店」に押し入り、男性店員(22)に刃物を突きつけ、「全部出せ、全部」などと脅迫し、現金約18万円を奪ったとしている。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120426/crm12042616180006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

乳児虐待容疑で母親逮捕 大阪「たたきつけた」(26日)

生後1カ月の長女に暴行し重傷を負わせたとして、大阪府警捜査1課は26日、傷害の疑いで母親の無職伊藤幸容疑者(25)=大阪市旭区=を逮捕した。
 捜査1課によると、伊藤容疑者は「娘にミルクをあげたが吐き出して服を汚したため、カッとなって両足をつかんで振り上げ、ベッドにたたきつけた」と供述している。
 逮捕容疑は1月27日午後から同30日午後の間に長女に暴行し、急性硬膜外血腫など2カ月のけがを負わせた疑い。
 同課によると、30日午後、伊藤容疑者と夫が長女を連れて病院を訪れ「風呂で蛇口に頭をぶつけた」と説明。不審に思った病院が大阪市の児童相談所に通報した。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201204/CN2012042601001922.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「AKB公演に行きたかった」5人組窃盗団を逮捕(26日)

男は「メイドカフェに行くための金が欲しかった」と供述しています。
 無職の田崎祐助被告(21)は去年12月、東京・江戸川区の住宅に窓から忍び込み、現金や指輪など210万円相当を盗んだとして逮捕・起訴されました。警視庁によりますと、田崎被告は少年4人と「ファイブガイズ」という窃盗団を結成していて、このグループによる被害は去年10月以降、66件に上るとみられています。窃盗ができなかった際には憂さ晴らしのために放火することもあったということです。取り調べに対し、「AKB48の公演やメイドカフェに行くための金が欲しかった」と供述しています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官不祥事もみ消し問題、当時の磐田署長ら処分 静岡(26日)

静岡県警磐田署が、署員3人の窃盗や盗撮容疑をもみ消して依願退職させたとされる問題で、県警は26日、前署長の松嶋勝己警視(58)=警務部付=や副署長(56)ら当時の署幹部5人を犯人隠避の疑いで静岡地検に書類送検し、発表した。
 松嶋前署長は「立件が難しく、辞めてもらうことが最優先と判断した」と説明するなど、全員が容疑を認めているという。同日付で松嶋警視を懲戒免職とし、そのほかを停職3カ月や減給の処分とした。当時の県警本部長(58)=公安調査庁出向中=は警察庁長官訓戒相当の訓告を受けた。
 県警によると、松嶋前署長は署幹部らと共謀し、昨年5月から今年2月までの間に同署地域課の署員3人が起こした同僚への詐欺や窃盗、一般女性への盗撮容疑について、必要な捜査や県警本部への報告をせず、隠した疑いがある。県警は26日、改めて前署員3人を詐欺と窃盗、県迷惑防止条例違反の疑いで書類送検した。いずれも容疑を認めているという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

“首謀者”の元組員に懲役20年 6億円強盗事件(26日)

東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所で昨年5月、約6億円が強奪された事件で、首謀者とされ強盗傷害罪などに問われた指定暴力団山口組系元組員、小沢秀人被告(42)ら3人の裁判員裁判の判決公判が26日、東京地裁立川支部であった。池本寿美子裁判長は「周到な計画を練ったうえで包丁などを用いた危険な犯行で結果は重大」として、小沢被告に懲役20年(求刑懲役22年)を言い渡した。
また、自動車販売業、亀治中博之被告(41)は懲役15年(同18年)、トラック運転手、藤沢千秋被告(41)は懲役14年(同18年)とした。
 判決理由で、池本裁判長は「小沢被告は計画を伝達し、実行させた中心的存在で、亀治中被告と藤沢被告も連絡役などとして重要かつ不可欠な役割を果たした」と指摘した。
 判決によると、小沢被告らは共謀して、昨年5月12日午前3時ごろ、営業所に侵入し、警備員を刃物で数回刺して重傷を負わせ、現金約6億円を奪った。

Head_logo1_3

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

死亡の女性、警察に元夫の暴力相談 (26日)

25日夜、茨城県筑西市で39歳の女性とその元夫が死亡した事件です。元夫は女性を刺した後、自殺したとみられていますが、女性は元夫からの暴力について以前から警察に相談していました。
 29日午後6時すぎ、茨城県筑西市にある雑貨店の駐車場で血を流して倒れている男女2人が発見されました。2人は市内のパート従業員・和田優子さん(39)と和田さんの元夫(43)で、まもなく死亡が確認されました。現場には包丁が残され、目撃情報などから元夫が和田さんを刺した後に自殺したものとみられていますが、和田さんは以前から元夫の暴力について警察に相談していました。
 先月に離婚した和田さんは今月1日、警察に「元夫に殴られた」と相談し、被害届を出すよう勧められましたが、提出を見送ったといいます。警察は元夫に対し、和田さんに近づかないよう警告し、和田さんの自宅周辺を警戒するなどしていたと説明します。JNNの取材に応じた和田さんの家族は、警察の一連の対応に理解を示しながらも悔しさをにじませました。
 「まさかこんなことになるとは思わなかった」(和田さんの母親)
 「あっち(元夫)を見張っていれば(事件を)起こさなかったのでは」(和田さんのおば)
 筑西署では「前向きに取り組んできたが、尊い命が失われ残念だ」としています

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5014090.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

亀岡署被害者情報漏えい 警察庁・片桐長官「極めて軽率」(26日)

京都・亀岡市で無免許運転の車が小学生の列に突っ込んだ事件で、被害者の住所や電話番号を警察官が無断で加害者側に渡していた問題について、警察庁の片桐 裕長官は「極めて軽率」と述べた。
26日午前、警察庁の片桐長官は、会見で「被害者や家族に関する情報を、ご了承を得ることなく、被疑者側に伝えるということは、極めて軽率で、不適切である」と述べた。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00222090.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

福祉センターでNPO法人の女性、刺殺 無職男を逮捕(26日)

26日午後1時40分ごろ、徳島県藍住町奥野の同町福祉センター3階のNPO法人「ライフ・サポート徳島」の事務所で、「人が刺された」と110番通報があった。県警板野署員が駆け付け、同NPO法人の経理事務員の松本佐織さん(40)=徳島市沖浜町=が腹部や首などから血を流して倒れているのを発見、近くにいた男が犯行を認めたため、殺人未遂で現行犯逮捕した。松本さんは病院へ運ばれたが、約1時間20分後に失血死した。
 同署によると、現行犯逮捕されたのは同町内の無職の男(39)で、精神疾患で通院しているという。松本さんは刃物のようなもので腹や首を刺されており、同署は殺人容疑に切り替え、犯行動機などを追及している。
 同NPOは県内の精神障害者や家族への相談や就労訓練などの就労支援に関する事業を行っている。

Head_logo1_2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日単位・レベル)
しっかり検証を
【治安
つぶやき】2009_1228_222559212 20120415102840_2京都府で児童ら10人が死傷した事故で、京都府警・亀岡署の担当者が遺族に無断で加害者側に被害者全員の個人情報を教えていた問題で、警察庁の片桐長官は「極めて軽率かつ、不適切」とし、厳正な措置がなされると述べたという=産経電子版。長官が可愛そうでならない。
 「被害者の携帯番号」や住所などを書いた連絡先を被害者に無断で渡していたというもので、亡くなった被害者所有の携帯に電話がかかったことから明らかになった。「謝罪をしたい」という加害者の願いに対する親切さからだろうが、被害者感情からすれば許せる問題ではない。しかし携帯番号は警察からではないという情報もある。
 前日「どのようにして漏らしたのか」の問に、署長は「口頭で」と答えたが、後に府警の会見では文書を渡したことが明らかになった。問題は署長答弁の〝体質〟にある。嘘を付いたのか、調査をしないで安易に答えたのか…だから隠蔽などに拡大する。
 いずれにせよ、被害者情報を加害者に教えたことは、事実であり、きちっと検証してほしい。
 この問題は、被害者の情報を他人に知らせる云々は、報道に対する広報もかつて青森県で話題になった。広報に関しては「警察庁は警察法」で「都道府県警察は警察法施行令」で決められており、交通事故の被害者発表は広報活動であっても厳しさが求められている。議論を重ねたうえで現在の発表スタイルがある。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

空き巣に入れずイラッ 放火容疑で少年窃盗団を逮捕(26日)

窃盗のターゲットになる無施錠のオフィスや民家が見つからず、腹いせに放火したとして、警視庁少年事件課は、非現住建造物等放火の疑いで、東京都足立区に住む無職少年ら、15歳の少年2人を逮捕した。2人とともに、別の機会に民家などから現金などを盗んだとして、窃盗などの疑いで、住所不定、無職、田崎祐助容疑者(21)ら2人も逮捕した。
 同課によると、4人はもう1人の少年(15)と計5人で「ファイブガイズ(5人男)」と称するグループを結成。昨年10月から1都4県で、無施錠の事務所や民家に侵入、約60件の盗みを繰り返していたとみられ、少なくとも計約530万円の被害が確認されているという。
 無職少年らの逮捕容疑は、昨年11月2日午前2時10分ごろ、東京都千代田区内のオフィスに駐輪していたバイクに放火し、同オフィスなど2棟(計約190平方メートル)を焼損させたとしている。直前に、盗みに入ろうと無施錠のオフィスなどを探したが見つからず、腹を立てて、火を付けたとみられる。
 田崎容疑者らは「秋葉原でAKB48のコンサートやメイド喫茶に行って遊ぶための金がほしかった」などと窃盗の容疑を認めているという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120426/crm12042612340003-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

亀岡暴走:交通課係長が容疑者父に連絡先文書渡す(26日)

京都府警亀岡署が児童ら10人が死傷した事故の加害者の少年(18)の父親(47)に、被害者の連絡先を無断で漏らした問題で、亀岡署の50代の交通課係長(警部補)が被害者全員の名前、住所、電話番号を書いた文書を父親に渡したことが府警への取材でわかった。府警は地方公務員法(守秘義務)違反などの疑いもあるとみて、警部補らから詳しく事情を聴いている。
 26日に会見した府警の西村元希首席監察官によると、少年の父親が事故の後、「被害者に謝りたいので連絡先を教えてほしい」と求め、警部補が文書を渡した。警部補は府警の調査に「だれにも相談せずに、安易にやってしまった」と話しているという。
 ただ、文書を渡した日時や場所、文書がどのようなものかなど、詳しい経緯については「調査中だ」と述べるにとどめた。警部補以外に関わった署員がいなかったかについても調べるという。西村首席監察官は「今回の件は法律違反の疑いが強い」としている。
 一方、安森智司府警本部長は26日朝、取材に「あってはならないことで、遺族の方には申し訳ない」と陳謝した。亀岡署の大棚吉一署長も26日未明、会見し、謝罪した。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20120426k0000e040203000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

70歳が見張り役に、会社事務所の窓を破り窃盗(26日)

会社事務所の窓を破って現金や金券を盗んだとして、福井県警捜査一課と大阪府警は25日、いずれも住所不定で無職の橋本秀樹(70)、北林透(48)の両容疑者(窃盗罪などで起訴済み)を建造物侵入、窃盗の疑いで逮捕、送検したと発表した。


 両府県警は、2人が2009年8月から12年1月までに大阪、福井の2府県で計34件(被害総額750万円)の盗みをした疑いがあるとして送検した。このうち県内の被害は計12件(同64万円)だった。
 県警によると、2人は共謀して昨年10月1日未明、福井県南越前町の会社事務所の1階の窓を工具で破って侵入し、10万円を奪った疑いで再逮捕された。主に橋本容疑者が見張り役、北林容疑者が実行役だった。(2012年4月26日11時54分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

陸山会事件、小沢氏に無罪…元秘書との共謀否定(26日)

陸山会事件で政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた小沢一郎民主党元代表(69)に対し、東京地裁は26日午前、無罪(求刑・禁錮3年)の判決を言い渡した。
 大善文男裁判長は判決理由の中で元秘書による虚偽記入は認定したが、元代表の共謀を否定した。検察官役の指定弁護士は、控訴するかどうかを慎重に検討する方針。元代表は野田首相が目指す消費増税に強く反対している。党内最大勢力を率いる元代表に無罪判決が出たことで、首相の政権運営に影響が出るのは必至だ。
 2009年の検察審査会法改正で導入された強制起訴制度での判決は2件目で、いずれも1審無罪となった。元代表の周辺では同制度を批判する声が上がっており、今後、見直しの議論が高まる可能性がある。
 小沢元代表は04年10月の土地取引の際、土地代金として同会に貸した現金4億円の不記載や、代金支出を04年分ではなく05年分の政治資金収支報告書に計上することについて、同会元事務担当者・石川知裕衆院議員(38)(1審有罪、控訴)や後任の池田光智被告(34)(同)から報告を受け、了承を与えたとして起訴された。
 判決はまず、東京第5検察審査会による起訴議決の有効性に言及。弁護側は、東京地検特捜部の検事(当時)が作成した虚偽の捜査報告書が同審査会に提出されていたことを根拠に、虚偽報告書の影響を受けた議決は無効だとして公訴(起訴)棄却を求めたが、地裁は「検審の議論は非公開で、虚偽の捜査報告書と議決結果の因果関係を審理の対象とすることは相当ではない」とし、議決は有効だとした。一方で、「検察官が事実に反する報告書を作成し、検審の判断を誤らせることは決して許されない」と非難。「検察庁が十分調査した上で対応することが相当だ」と厳格な対処を求めた。
 次に、石川被告らによる収支報告書の虚偽記入について、現金4億円を隠そうとした動機を「元代表からの借入金として公表することで、元代表が政治的に不利を被る可能性を避けるためだった」と認定。石川、池田両被告に「虚偽記入の故意が認められる」とした。
 その上で、元代表と元秘書らの共謀の有無についての判断に移った。
 共謀について、指定弁護士は、元代表が土地取引の際に署名した銀行融資の申込書類など、事件への関与をうかがわせる客観証拠から有罪を主張。弁護側は「いずれも共謀を裏付けるものではない」と反論していた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

香川県警、押収品を紛失 高松市の入札妨害事件で(26日)

昨年12月に発覚した高松市発注の工事をめぐる競売入札妨害事件で、香川県警が、市内の建設会社を家宅捜索した際に押収したパソコンの周辺機器を紛失していたことが26日、県警への取材で分かった。
 県警によると、昨年12月7日、パソコンなどを押収し、5日後に返却。この際、パソコンに接続し重要なソフトを起動するときに鍵の役割を果たす、長さ約5センチの「メインプロテクトキー」と呼ばれる機器がなくなっていることが、会社からの指摘で判明した。
 県警が捜したが見つからず、今月になって香川県が同じ機器を約30万円で購入し弁償した。県警は当時、捜査2課で家宅捜索の責任者だった男性警部補を本部長注意の処分とした。捜査2課は「会社や県民に迷惑をかけた。再発防止に努めたい」と話している。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120426/crm12042611500002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

古書店に強盗 現金の一部落とす 尼崎(26日)

26日午前0時20分ごろ、兵庫県尼崎市下坂部の「古本市場尼崎店」に全身黒っぽい服装の男が侵入、店員の女性(34)に包丁のような刃物を突き付け「金を出せ」と脅し、店の売上金など約120万円を奪って逃走した。
 尼崎東署によると、店は閉店後で客はいなかった。店員らにけがはない。男は別の男性店員(32)ともみ合いになり、奪った現金の一部を敷地内に落として逃走した。同署が行方を追っている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120426/crm12042608360000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

孤立死か、昭島市の住宅に2遺体 (26日)

また孤立死なのでしょうか。25日昼前、東京・昭島市の住宅で高齢の女性とみられる2人の遺体が見つかりました。
 「『いらっしゃらないのかしら・・・』と思い、ふと見たら、新聞がこんなにたまっていた」(通報者)
 先週の土曜、東京・昭島市の住宅のポストに「郵便物がたまっている」と近所の人から交番に届け出がありました。警視庁などが調べたところ、25日昼前、住宅から2人の遺体が見つかりました。2人はこの住宅に住む加藤留里子さん(84)と加藤燦子さん(64)とみられ、死後、かなりの時間が経っているということです。
(Q.一番最後に訪問したのは?)
 「8月ですね。伺ったときに(加藤さんは)『ちょっとドアは開けられません』と。『元気ですか?』と聞いたら『元気です』と」(民生委員)
 昭島市役所によりますと、2人は市の介護サービスなどを受けた形跡はなく、また、民生委員による家族構成などを把握するための聞き取り調査も拒否していたということです。警視庁は2人が孤立死した可能性もあるとみて、詳しく調べています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5013182.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ファイブガイズ」名乗り窃盗容疑、少年ら4人逮捕(26日)

1都4県でスポーツ用品などを狙った窃盗を繰り返した疑いのある15~21歳の4人を警視庁などが逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。同庁は、少年らが「ファイブガイズ」を名乗る窃盗グループを作り、60件余りの盗みを重ねたとみている。
 同庁によると、逮捕されたのはいずれも東京都足立区に住む15~16歳の少年3人と、住所不定の無職の男(21)の4人。逮捕容疑は、昨年11月、同区のスポーツ用品店など2カ所に侵入し、現金約40万円や商品など計約85万円相当を盗んだというもの。
 少年らは、昨年10月に遊び仲間5人で窃盗グループを作り、盗んだ品は換金して遊ぶ金に充てたと説明しているという。同庁は、東京のほか千葉、茨城、埼玉、愛知の各県で少年らが商店や民家での窃盗を繰り返し、金目のものがない場合には嫌がらせのため放火したケースもあったとみている。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

工藤会捜索は形だけ・警察ふがいない…住民憤り(26日)

今度こそ解決につなげて――。

 福岡県警の元警部銃撃事件で、県警が指定暴力団工藤会の捜索に乗り出した25日、同会の関連施設が近くにある住民らから早期解決を望む声が相次いだ。
 県警が工藤会の関与を疑う発砲事件や手投げ弾事件は未解決のまま。捜査が進まない現状に憤りも漏れた。
 北九州市小倉北区の工藤会本部事務所で25日午前9時半から始まった捜索。
 正門前で周辺を警戒する機動隊員のそばを歩いていた女性(60)は「この事務所から暴力団は一日も早く出て行ってほしい」と、塀の向こうに立つ事務所を険しい表情で見つめた。
 女性は約30年、事務所がある地区で暮らし、ほぼ毎朝、事務所前を通って運動施設に行くという。
 「背広を着た組員がずらりと並んで車を出迎えることもあり、威圧感があって怖い。住みやすい地域なのに暴力団の街として有名になってしまった」と嘆く。
 事務所近くを歩いていた別の女性(29)は小倉北区に1か月前に引っ越してきたばかり。「県の暴力団排除条例が厳しくなり、もう大丈夫だと思っていたが、すぐに銃撃事件が起きた。警察には暴力団関係の事件をなくし、生活の不安を取り除いてほしい」と訴えた。
 同区の繁華街に立つ4階建てのビルには午前9時45分、捜査員約10人が捜索に入った。工藤会の中心的な構成団体が事務所を構えているが、50分ほどで出てきた捜査員の手に、押収物が入った段ボール箱などはなかった。
 近くの自営業の男性は「もう何十回も捜索を見てきたが、形だけではないのか。事件解明に結び付いているのか疑問」と話し、「警察がふがいないから、自分たちで気をつけていくしかない」と声を落とした。(2012年4月25日16時20分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

雑貨店駐車場で男女が流血、死亡 茨城県筑西市(26日)

25日午後6時15分ごろ、茨城県筑西市玉戸の雑貨店「メガセンタートライアル筑西店」の駐車場で、男女2人が血を流し倒れているのを通行人が発見、110番した。2人は搬送先の病院で死亡が確認された。
 筑西署によると、「男が女性を刺し、男は自分で刺した」との目撃が複数あり、同署は殺人事件として捜査。男が女性を刺殺した後、自殺したとみて死因や詳しい状況を調べている。
 筑西署によると、2人は筑西市の職業不詳の男(43)と、同市築地のパート作業員和田優子さん(39)。男の首には刃物で切ったような痕、和田さんは胸に刺し傷があり、現場には包丁が残されていた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120425/crm12042521270016-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

亀岡暴走:遺族連絡先を加害者父に教える…亀岡署、無断で(26日)

京都府亀岡市で集団登校の児童らに無免許の少年の車が突っ込み10人が死傷した事故で、府警亀岡署員が少年(18)=自動車運転過失致死傷などの疑いで送検=の父親(47)に、被害者10人全員の住所、氏名、電話番号を、無断で教えていたことが府警への取材でわかった。少年の父親からの電話に驚いた遺族が亀岡署に抗議をして発覚した。府警は遺族らに謝罪するとともに、情報が漏れた経緯について調査を始めた。
 事故では、市立安詳(あんしょう)小の児童ら10人がはねられ、小谷(おだに)真緒さん(7)=2年=と、別の女児=1年、重傷=の母親の松村幸姫(ゆきひ)さん(26)の2人が死亡した。松村さんは妊娠約7カ月で、おなかの子どもも亡くなった。
 26日未明、亀岡署で記者会見した大棚吉一署長によると、少年の父親が24日午前に署を訪れ、「被害者に謝罪したいので連絡先を教えてほしい」と求めたため、応対した署員が被害者10人全員の連絡先などを口頭で教えた。
 大棚署長は「被害者の心情をまったく考えず、傷つけることになってしまったことをおわびする」と頭を下げた。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20120426k0000m040147000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月25日 | トップページ | 2012年4月27日 »