« 自転車:防犯登録をナンバープレート化 都が検討会設置へ(18日) | トップページ | 強制わいせつ傷害容疑で巡査長を逮捕(18日) »

2012年4月18日 (水)

およそ2万4,000件の会社機密情報持ち出す 中国人男を再逮捕(18日)

工作機械大手「ヤマザキマザック」の中国人の元社員の男が、会社の機密情報を持ち出したとして逮捕された事件で、警察は、ほかにもおよそ2万4,000件の機密情報を持ち出したとして再逮捕した。
再逮捕された唐博容疑者(31)は、2011年6月から2012年3月までの間に、会社のサーバーから工作機械の図面のデータおよそ2万4,000件をコピーして不正に持ち出した不正競争防止法違反の疑いが持たれている。
唐容疑者は容疑を否認し、「暇つぶしのためにやった」などと話しているという。
警察は、唐容疑者が持ち出した図面のデータをライバル会社に提供しようとした疑いが強いとみて調べている。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

« 自転車:防犯登録をナンバープレート化 都が検討会設置へ(18日) | トップページ | 強制わいせつ傷害容疑で巡査長を逮捕(18日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54500660

この記事へのトラックバック一覧です: およそ2万4,000件の会社機密情報持ち出す 中国人男を再逮捕(18日):

« 自転車:防犯登録をナンバープレート化 都が検討会設置へ(18日) | トップページ | 強制わいせつ傷害容疑で巡査長を逮捕(18日) »