« 偽造切手事件:名古屋港水族館券も偽造か…逮捕の3容疑者(4日) | トップページ | ドロップシッピング詐欺事件で、7人再逮捕 警視庁(4日) »

2012年4月 4日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(4,5日単位・レベル)

白鳥事件供述調書(終わり)

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

20120321154921

検事供述調書④
 検事「21日の白鳥事件当日は何をしていた」
 答え「昼間は鶴田が白鳥さんを見失ったという報告をした会議の後、スキーに行くことが決まりました。(略)僕は小野さんの家に帰って、スキーを借りて実際に滑ってみようと小野さん宅の南側の道路を真っ直ぐ行って2丁目の道路を渡り南8条西20丁目付近の民家の裏のような畑で15分ぐらい滑りました。そして帰りました」(中略)
 検事「帰った後はどうした」
 答え「帰ってから部屋で本か何かを読んでいたら小野さんの一番上から4番目の娘さんが外から帰ってきて、玄関から入り階段を上りながら『郵政の近くで人殺しがあった』と叫んでいました。ピンときたのは白鳥さんをやったのではないかと思いました」
 検事「それから…」
 答え「僕はすぐ門脇の家に行きました。茶の間で門脇に殺人事件の事を話しました。午後の8時ごろではないかと思います。茶の間で新聞を読んでいたら、誰かが玄関から入ってきました。その時、村上委員長が2階から裏の階段を下りてきてその人とぼそぼそと話しながら2階に上がって行きました。15分から20分ぐらいして帰っていきました。その人と村上委員長が話していたときは、いつもの雰囲気と違ってあわただしいと言うか緊張した雰囲気でした」
 検事「外から来た人物は誰か分かるのか」
 答え「おそらく中自衛隊の仲間の誰かと思います」
 検事「外から来た人は自転車か何か持っていなかったか」
 答え「分かりません」

 第35回供述調書
 検事「その後どうした」
 答え「小野さんの家を借りて相当長くなるのと仕事も非合法のため他に移ろうと考えていました。そこで21日の白鳥事件が起きて、現場の聞き込みが行われており、小野さんは有名な党員の家なので特に注目して見られると思い引っ越すため村上委員長に相談しました。その時、鶴田から『俺は近いうちに今いるところから出るからお前も来てくれ』と言われました」

 第38回供述調書
 検事「事件の後、みんなで集まったことあるか」
 答え「天誅ビラを撒いた後1、2日経ってから門脇の家に全員が集まりました」
 検事「そこでどんな話がでたのか」
 答え「村上委員長から、捜査妨害のはがきを出そうと言われみんなが賛成しました」
 検事「内容は」
 答え「超過勤務手当もろくに出さない捜査は止めようというような内容だと記憶しています」 この後、第41回供述調書で検事が「犯人は佐藤と思っているようだがその理由はと問いただしている。

 答え「僕のところに来たとき佐藤が一歩も外に出ないでいた事を考えると、どうもおかしいと思います。事件直後に彼だけ一番早くいなくなったこと。それから言えば、彼がやりそこなった事だって現に知っておりますし、今から考えると彼はその任務のため中自衛隊に特別に入れられたのではないかと思われます」

 この後、昭和30年11月31日の公判で検察官は「尾行して見失ったのは鶴田と佐藤の両名であり、再び発見して追尾し殺害したのは佐藤博である」としたのでありました。
 ここに詳細は書けませんが日本共産党北海道西ブロック地域担当の手記には佐藤博容疑者については「ヒロ」が通称だったとし、著者とヒロの会話の中でヒロが実行を認める部分が書かれている。終わり
    首都東京体感治安は「レベル2(イエロー)」とする。

★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏 ポイント 19以下
【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり完全なる「平穏」(レベル1)をはずしています。

« 偽造切手事件:名古屋港水族館券も偽造か…逮捕の3容疑者(4日) | トップページ | ドロップシッピング詐欺事件で、7人再逮捕 警視庁(4日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 偽造切手事件:名古屋港水族館券も偽造か…逮捕の3容疑者(4日) | トップページ | ドロップシッピング詐欺事件で、7人再逮捕 警視庁(4日) »