« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 大阪市交通局リスト問題、捏造と断定 非常勤職員が労組装い作成(26日) »

2012年3月26日 (月)

国際郵便で大量覚醒剤輸入 メキシコ人の男を逮捕(26日)

1カ月の間に4億2000万円相当の覚醒剤を密輸していました。

 メキシコ人の自称・会計士、ペレス・ラモン容疑者(29)は、覚醒剤約400グラムを筋肉増強剤の容器に隠して東京都内の男(29)に国際郵便で送り、密輸した疑いが持たれています。警察などによりますと、空港で密輸に気づいた税関の職員が覚醒剤を抜き取り、受け取り人の男を調べていたところ、ラモン容疑者が浮上したということです。ラモン容疑者は1月から2月にかけて、約5キロ、4億2000万円相当の覚醒剤を密輸していて、「売りさばくためだった」と容疑を認めています。

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 大阪市交通局リスト問題、捏造と断定 非常勤職員が労組装い作成(26日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54316636

この記事へのトラックバック一覧です: 国際郵便で大量覚醒剤輸入 メキシコ人の男を逮捕(26日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 大阪市交通局リスト問題、捏造と断定 非常勤職員が労組装い作成(26日) »