« 「脱法ドラッグ」をコカインと誤鑑定 警視庁、男性を誤認逮捕(13日) | トップページ | 立てこもり 15時間余にわたり飲食(13日) »

2012年3月13日 (火)

双子の赤ちゃんは世話大変、床に投げつけた母(13日)

 静岡県警袋井署は12日、生後間もない双子に重傷を負わせたとして、母親の静岡市葵区平和、無職中野綾奈容疑者(23)を傷害容疑で逮捕した。

 発表によると、中野容疑者は同県袋井市の実家に帰省していた2011年3月28日~4月5日、同年3月10日に生まれたばかりの双子の女児に暴行し、長女に脳挫傷や頭骨骨折、次女に頭部挫傷などの重傷をそれぞれ負わせた疑い。

 同年4月5日に行われた1か月健診で双子の大けがが判明、病院から連絡を受けた静岡市児童相談所が県警に通報した。中野容疑者は「ミルクをなかなか飲まず、夜泣きもあってパニックになった。床に投げつけたり、手をかんだりした」と供述しているという。同相談所によると、市内のそれぞれ別の里親に引き取られたという。

 

« 「脱法ドラッグ」をコカインと誤鑑定 警視庁、男性を誤認逮捕(13日) | トップページ | 立てこもり 15時間余にわたり飲食(13日) »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双子の赤ちゃんは世話大変、床に投げつけた母(13日):

« 「脱法ドラッグ」をコカインと誤鑑定 警視庁、男性を誤認逮捕(13日) | トップページ | 立てこもり 15時間余にわたり飲食(13日) »