« ストーカー事件、千葉県警が緊急署長会議 (8日) | トップページ | ミクシィで覚醒剤を売った疑い 元区議らを追送検(8日) »

2012年3月 8日 (木)

母子死亡12月中旬には異変が(8日)

東京・立川市の母親と4歳の息子がマンションで遺体で見つかった問題で、親子は去年12月中旬から連絡が取れない状況だったことがNHKの取材で分かりました。

立川市の調査では、死亡した45歳の母親と障害のある4歳の息子は、去年12月6日に市の紙おむつの宅配サービスを受け取ったあとの動向が不明で、市が母親と連絡が取れない状況に気付いたのは年が明けた1月に入ってからとしています。
ところがNHKの取材で、親子が東京・武蔵村山市にある病院に月2回、通っていたことが分かりました。
病院は、この親子について、去年12月16日に予約していたリハビリを無断で休んだあと連絡が取れない状況にあったことを明らかにしました。
不審に思った病院の担当者は、母親の携帯電話に連絡しましたがつながらず、ことしになってからも欠席が続いていたということです。
病院の担当者は「市役所などほかの関係機関と連絡を取ったり、情報を集めたりできることもあったと思うが、気付くのに難しい面はあった」と話しています。

 

« ストーカー事件、千葉県警が緊急署長会議 (8日) | トップページ | ミクシィで覚醒剤を売った疑い 元区議らを追送検(8日) »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母子死亡12月中旬には異変が(8日):

« ストーカー事件、千葉県警が緊急署長会議 (8日) | トップページ | ミクシィで覚醒剤を売った疑い 元区議らを追送検(8日) »