« 捜査員、弁解録取書を誤って裁断…居酒屋火災(8日) | トップページ | 築地のすし店主から6500万円恐喝容疑 男2人を逮捕(8日) »

2012年3月 8日 (木)

いざという時に困る…消防ホース筒先盗難相次ぐ(8日)

兵庫県東播磨地域などで、屋外に設置した消防用格納箱から消防ホースの真ちゅう製筒先などが相次いで盗まれている事件で、今年に入ってから加古川市と稲美町だけでも計約240か所で被害が出ていることが、加古川署の調べで分かった。

2010年1月以降では計347か所にのぼり、同署は急増する盗難被害への警戒を呼び掛けている。

 同署が6日までの被害件数を集計した。被害に遭ったのはいずれも、住民が消火活動を行うためのホースなどを入れた格納箱。道路脇などに置かれ、通常は施錠されていない。10年以降、筒先313個、真ちゅう製パイプ326個、鉄製レバー8個が盗難。筒先やパイプは1個1万円前後の価値があるといい、同署は換金目的の犯行とみている。

 同署は各自治会に対し、格納箱に防犯ブザーを設置するなどの対策を要望。同署もパトロールを強化しており、長島和彦・副署長は「火事の際に大きな影響が出る危険性がある。一日も早い犯人の検挙に努める」と話している。

 

« 捜査員、弁解録取書を誤って裁断…居酒屋火災(8日) | トップページ | 築地のすし店主から6500万円恐喝容疑 男2人を逮捕(8日) »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いざという時に困る…消防ホース筒先盗難相次ぐ(8日):

« 捜査員、弁解録取書を誤って裁断…居酒屋火災(8日) | トップページ | 築地のすし店主から6500万円恐喝容疑 男2人を逮捕(8日) »