« 子供の遺体から薬物 鹿児島の子供3人殺害 逮捕の母親、子供眠らせ殺害か(26日) | トップページ | 偽造警察手帳ネット販売で家宅捜索の徳島・小松島署巡査部長、有印公文書偽造の疑いも(26日) »

2012年3月26日 (月)

集会監視:自衛隊は「人格権侵害」 仙台地裁が賠償命令(26日)

陸上自衛隊の情報保全隊が、イラク派遣の反対集会などを監視していたのは憲法違反であり精神的苦痛を受けたとして、東北6県の住民107人が国に監視差し止めと計約1億円の賠償を求めた訴訟で、仙台地裁(畑一郎裁判長)は26日、「自己の個人情報をコントロールする人格権を侵害し違法」として原告の男女5人に計30万円の支払いを命じる判決を言い渡した。監視差し止めの訴えは却下した。

 原告側弁護団によると、情報保全隊の監視差し止めを巡る訴訟の判決は初めて。

 判決は「各原告の氏名、職業に加え、所属政党などの思想信条に直結する個人情報を収集しており、違法とみるほかない」と指摘した。

 原告側は、情報保全隊が03~04年、自衛隊のイラク戦争派遣に反対する集会やデモの参加者を撮影するなどの情報収集をしたと主張。こうした監視活動は表現の自由やプライバシー権の侵害に当たるなどと訴え、1人当たり100万円の国家賠償を求めていた。

 同隊の活動を巡っては共産党が07年、同隊の内部資料だとして集会やデモ参加者の写真などが載った資料を公表していた。

 一方、国側は内部文書の存在については認否を留保したうえで、情報収集は自衛隊法に基づいて行っており、違法性はないと主張していた。【竹田直人】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120326k0000e040184000c.html

 

« 子供の遺体から薬物 鹿児島の子供3人殺害 逮捕の母親、子供眠らせ殺害か(26日) | トップページ | 偽造警察手帳ネット販売で家宅捜索の徳島・小松島署巡査部長、有印公文書偽造の疑いも(26日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集会監視:自衛隊は「人格権侵害」 仙台地裁が賠償命令(26日):

« 子供の遺体から薬物 鹿児島の子供3人殺害 逮捕の母親、子供眠らせ殺害か(26日) | トップページ | 偽造警察手帳ネット販売で家宅捜索の徳島・小松島署巡査部長、有印公文書偽造の疑いも(26日) »