« 暴力団幹部宅で爆発 甲府の住宅街、けが人なし(18日) | トップページ | 埼玉・熊谷市の路上で夫婦が2人組の男に襲われ、現金約40万円入りのポーチを奪われる(18日) »

2012年3月18日 (日)

体の弱くなった父親へ暴力 多発する“ニートの事件”の心理と論理(18日)

【衝撃事件の核心】

 東京都江東区で今月、79歳の父親をつえで殴打し、重傷を負わせたとして、男が逮捕された。殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、男性と同居する無職の長男。定職に就かず、実家のマンションで、両親とともに生活していたが、警視庁の調べに「親子間のトラブルから、日常的に父親に暴力をふるっていた」と供述したという。力が弱くなった父親に暴力をふるう“ニート”の事件は、他にも起きており、事態は深刻化している。

関連記事

記事本文の続き ■路上にうずくまる老人が血だらけで…

 今月3日午後。東京都江東区の路上で、高齢の男性が血だらけで倒れているのが発見された。駆け寄った通行人に声を掛けられると男性は声を振り絞り、こう話したという。

 「息子に殴られた…」

 通行人が119番通報し、男性は病院に搬送されたが、頭を骨折するなど重傷を負っており、意識不明となった。駆けつけた警視庁城東署員が、男性が住むマンションの一室に向かうと、室内にいた長男の山田恵三郎容疑者(33)が、暴行を認めた。

 同署の調べでは、山田容疑者は父親の頭や腹などをアルミニウム製のつえで繰り返し殴るなどして、殺害しようとした疑いが持たれている。室内で激しく暴行された父親は命からがら屋外へ逃げ出し、路上に倒れ込んだ。

 住民らによると、山田容疑者は、父親と70代の母親との3人暮らし。両親が40代のころ生まれ、その後、一緒に生活を続けていた。最近は定職に就かず、自宅に引きこもった状態が続いていたという。

 近所に住む女性は「息子さんは引きこもっていたらしく、ほとんど姿を見かけなかった。無職とは聞いていたが、3人家族で、どうやって生活していたのか」と首をかしげる。

 捜査関係者によると、山田容疑者が引きこもっていた部屋は、布団が敷かれたままで、周辺には菓子の袋や飲み物の容器などが散乱していたという。

 年老いた母親は事件後間もなく、自宅を引き払い、転居した。

 

■発端は「チャンネル争い」 刃物を父親に…

 親に理不尽な暴力を向ける事件は後を絶たない。今年2月にも、東京都豊島区で、一方的な理由から男性が父親を刺し殺した。

 事件が発生したのは、2月20日昼。「主人が息子に刺された」と女性から110番通報を受け、駆けつけた警視庁池袋署員は、無職の男性(76)が、自宅で血だらけで倒れているのを発見した。

 同署は、現場の近くにいた男性の長男(50)を発見。包丁で男性を刺したことを認めたため、殺人未遂の現行犯で逮捕した。

 「前日から口論になっていた…」。同署によると、長男は、動機をこう明かしたという。19日の深夜、ギャンブルから帰宅した長男は、父親と激しい口論になったという。

 そのときは口論で収まったが、翌20日午後3時半ごろ、長男は些細な理由から、再び父親に激高する。その理由とは、テレビのチャンネル争い。「刺して懲らしめてやろうと思った」。同署の調べに、長男はこう供述したという。

 刺された父親は、搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。同署は容疑を殺人に切り替え、詳しい経緯を調べている。

 ■定職なく、両親と同居 募る不満、不安…

 この長男もまた、定職につかず両親と同居していた。日常的な暴力は確認されていないが、深夜帰宅をとがめられたり、チャンネルで言い争ったりするなど、少しのトラブルをきっかけに、父親に刃物を向けることになった。母親に対しては、傷つけることはしていなかった。

 一方、江東区の事件で逮捕された山田容疑者は、父親を日常的に殴るなど、虐待を加えていたことを明らかにしている。ただ、暴力の対象は父親だけで、母親に対する暴行はなかったとみられている。

 精神科医の影山任佐・東工大教授(犯罪精神病理学)は「独立してほしいという親の不満や、将来への不安を感じ、怒りや焦りが鬱積していたのでは。行くあてもなく、結局は親と一緒にいるしかない。男にとっては情けない状態で、ちょっとしたきっかけで感情が爆発したのかもしれない」と指摘する。

 ある捜査幹部は「家族に暴力をふるい、死に追いやる事件が珍しいものではなくなってしまった」とため息をついた。

 なぜ、父親だけが“暴力”の対象となったのか、はっきりした理由は分からない。「『マザーコンプレックス』の心理があったのではないか」と指摘する声もある。

Msn_s1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 暴力団幹部宅で爆発 甲府の住宅街、けが人なし(18日) | トップページ | 埼玉・熊谷市の路上で夫婦が2人組の男に襲われ、現金約40万円入りのポーチを奪われる(18日) »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体の弱くなった父親へ暴力 多発する“ニートの事件”の心理と論理(18日):

« 暴力団幹部宅で爆発 甲府の住宅街、けが人なし(18日) | トップページ | 埼玉・熊谷市の路上で夫婦が2人組の男に襲われ、現金約40万円入りのポーチを奪われる(18日) »