« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 痴漢容疑で国交省職員逮捕 警視庁(10日) »

2012年3月10日 (土)

ストーカー事件捜査中に襲撃 父親暴行され重傷(10日)

かつて交際していた30代の女性の父親(63)をバットで殴り、重傷を負わせたとして、警視庁蒲田署が傷害容疑で、無職、望月和一容疑者(41)=神奈川県茅ケ崎市室田=を逮捕していたことが10日、分かった。望月容疑者は女性にストーカー行為を繰り返しており、被害届を受けた同署は、脅迫容疑で逮捕する方針で捜査を進めていた。

 逮捕容疑は8日午後1時ごろ、女性の父親が経営する東京都大田区の工場で、父親の頭や腕を木製のバットで殴り、腕を骨折させるなど重傷を負わせたとしている。望月容疑者は事件の約1時間後、同署に「自分がやった」と出頭したという。

 同署によると、望月容疑者は平成22年9月ごろ、女性と別れたが、同年12月に女性宅を訪れて復縁を迫り、刃物で自殺未遂する騒ぎを起こした。女性は転居したが、望月容疑者は昨年5月に父親の会社に電話して復縁を求め、今年2月にも「押しかける」と脅迫する電子メールを送りつけた。

 同署は女性や父親の周辺をパトロールするなどしていたが、望月容疑者が8日に押しかけた当時、警戒の署員はいなかった。

 蒲田署の粟野信之副署長は「事前に被疑者を検挙できなかったことは誠に遺憾。今後は被害者の保護対策に努めてまいりたい」とコメントした。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120310/crm12031014390001-n1.htm

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 痴漢容疑で国交省職員逮捕 警視庁(10日) »

ストーカー事件・DV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストーカー事件捜査中に襲撃 父親暴行され重傷(10日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 痴漢容疑で国交省職員逮捕 警視庁(10日) »