« 交番で拳銃自殺図る 19歳巡査が意識不明(18日) | トップページ | 偽ブランド品販売目的で所持容疑、逮捕 (19日) »

2012年3月19日 (月)

埼玉・草加市にある道路の中央分離帯で白骨化遺体発見 事件と事故の両面で調べる(19日)

埼玉・草加市にある道路の中央分離帯で、白骨化した遺体が見つかり、警察は、事件と事故の両面で調べている。
18日午前9時半ごろ、草加市柿木町にある中央分離帯の側溝に「人の頭のようなものがある」と、清掃中の作業員から通報があった。
警察が調べたところ、中央分離帯の真ん中にある深さおよそ30cmの側溝に、少なくとも死後1年以上たった、年齢・性別ともに不明の頭蓋骨が見つかり、周辺からは、頭以外の全身の白骨も見つかったという。
前回の清掃から2年以上たっていて、警察は、事件と事故の両面で調べている。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00219450.htmlLogo4

 

« 交番で拳銃自殺図る 19歳巡査が意識不明(18日) | トップページ | 偽ブランド品販売目的で所持容疑、逮捕 (19日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉・草加市にある道路の中央分離帯で白骨化遺体発見 事件と事故の両面で調べる(19日):

« 交番で拳銃自殺図る 19歳巡査が意識不明(18日) | トップページ | 偽ブランド品販売目的で所持容疑、逮捕 (19日) »