« 利殖勧誘事件に悪用 平成23年中の凍結要請2175口座 警察庁(1日) | トップページ | 発砲2警官無罪、警察庁長官「現場理解して」(1日) »

2012年3月 1日 (木)

23年中の覚醒剤密輸入186件 平成で最多 ナイジェリア人が黒幕的に関与(1日)

全国の警察本部が平成23年中に検挙した覚醒剤の密輸入事件は、前年比40・9%増の186件で、平成に入ってから過去最多だったことが1日、警察庁のまとめで分かった。密輸入事件のうち、約8割に当たる151件は航空機を利用してスーツケースなどに覚醒剤を隠して密輸入する「運び屋」によるものだった。

 検挙された運び屋は11月末までで131人。このうち73人はスーツケースを二重底に工作するなどして隠匿していたほか、38人はラップに包み込むなどして飲み込んでいた。

 また、運び屋の約2割に当たる27人について捜査した結果、ナイジェリア人が依頼人や荷受け人といった形で黒幕的に関与していることも判明した。

 覚醒剤の検挙者は同1・1%減の1万1858人と微減だった。年齢層別では10万人当たりの検挙者数が40歳代で20・6人(前年=20・1人)と最多となっており、中年層の増加傾向が続いている

 インターネットの掲示板に覚醒剤といった違法薬物の密売広告などを書き込んでいた薬物密売事件の検挙は同12件増の31件。サイトに書き込むなどしていた55人と、薬物を購入した83人を検挙したほか、捜査過程で約790人が薬物を購入していた疑いが判明し、警察庁では「薬物購入の安易なインフラであるインターネット利用による薬物乱用の拡大が懸念される」と指摘、今後も末端乱用者の検挙を徹底する方針だ。

 一方、銃器発砲事件は同10件増の45件、死者数は同3人減の8人、負傷者数は4人増の10人だった。暴力団によるものとみられる発砲事件は同15件増の32件と大きく増加し、このうち9件は福岡県の道仁会と九州誠道会の抗争に起因するものだった。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120301/crm12030110450003-n1.htm

 

« 利殖勧誘事件に悪用 平成23年中の凍結要請2175口座 警察庁(1日) | トップページ | 発砲2警官無罪、警察庁長官「現場理解して」(1日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54113599

この記事へのトラックバック一覧です: 23年中の覚醒剤密輸入186件 平成で最多 ナイジェリア人が黒幕的に関与(1日):

« 利殖勧誘事件に悪用 平成23年中の凍結要請2175口座 警察庁(1日) | トップページ | 発砲2警官無罪、警察庁長官「現場理解して」(1日) »