« 玄関に入ろうとしたら、背後から首絞め強盗(5日) | トップページ | 「宙(そら)の会」結成3周年記念集会 あらためて事件の早期解決を呼びかけ(5日) »

2012年3月 5日 (月)

女性2人殺害:長崎など3県警 遺族に検証説明し謝罪へ(5日)

長崎県西海(さいかい)市の山下美都子さん(当時56歳)、久江さん(同77歳)が自宅で殺害された事件で、長崎、千葉、三重3県警の幹部が5日、長崎県内で遺族らと会い、遺族が指摘した警察の連携不足などについて検証した結果を説明し、陳謝する。

 事件は昨年12月16日に発生。長崎県警は、山下さんの三女(23)に暴行やストーカー行為を繰り返したとされる筒井郷太容疑者(27)=鑑定留置中=を殺人容疑などで逮捕した。

 長崎、千葉両県警によると、三女は千葉県習志野市内に住んでいた昨年2月ごろ、三重県桑名市に実家がある筒井容疑者と交際を始めたが、筒井容疑者は次第に暴力をふるうようになり、10月ごろには三女は事実上の監禁状態になった。10月30日に親族らが三女宅から三女を救出。同行した習志野署員が筒井容疑者を任意同行し「二度と近づかない」との誓約書を書かせて帰した。

 遺族によると、その後も家族の携帯電話や自宅に無言電話が続いたほか、筒井容疑者が三女の同級生や同僚にも「殺す」などの脅迫メールを送るようになったため、家族は11月21日に西海署、習志野署、三重県警桑名署に相談した。

 しかし、長崎県警西海署、習志野署の対応は「メールを受けた人の居住地の警察に相談を」。桑名署は「西海署と習志野署に連絡する」と言ったきり連絡がなかったという。

 また、12月6日には習志野署にも被害届提出のため出向いたが「いつでもいい」と言っていた同署の対応は「1週間待ってくれ」に変わったという。

 遺族はこうした警察の対応について、3県警に説明を求めていた。これを受け、3県警は当時の相談対応や捜査状況を検証。警察庁の片桐裕長官は1月26日の記者会見で「検証結果を踏まえ、必要な対策を講じていく」と述べていた。【梅田啓祐】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120305k0000e040172000c.html

 

« 玄関に入ろうとしたら、背後から首絞め強盗(5日) | トップページ | 「宙(そら)の会」結成3周年記念集会 あらためて事件の早期解決を呼びかけ(5日) »

ストーカー事件・DV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性2人殺害:長崎など3県警 遺族に検証説明し謝罪へ(5日):

« 玄関に入ろうとしたら、背後から首絞め強盗(5日) | トップページ | 「宙(そら)の会」結成3周年記念集会 あらためて事件の早期解決を呼びかけ(5日) »