« 男性受刑者が自殺、12月に続き 新潟刑務所(18日) | トップページ | 体の弱くなった父親へ暴力 多発する“ニートの事件”の心理と論理(18日) »

2012年3月18日 (日)

暴力団幹部宅で爆発 甲府の住宅街、けが人なし(18日)

17日午前9時40分ごろ、甲府市堀之内町の住宅から「エアコン室外機が焦げている」と119番があった。南甲府署によると、この住宅には指定暴力団稲川会から分裂した暴力団「山梨侠友会」の幹部男性が住んでいる。同署は爆発物が仕掛けられた可能性があるとみて詳しく調べる。けが人はなかった。

 現場はJR身延線国母駅から南に約2キロの住宅街。

 南甲府署によると、敷地内にある室外機が大破し、平屋建て住宅の外壁がへこんでいた。17日未明から早朝に爆発したとみられるが、家人は気づかなかったという。

 侠友会は昨年5月、稲川会三代目山梨一家が分裂して結成され、両者間で緊張関係が続いているという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120317/crm12031721120005-n1.htm

 

« 男性受刑者が自殺、12月に続き 新潟刑務所(18日) | トップページ | 体の弱くなった父親へ暴力 多発する“ニートの事件”の心理と論理(18日) »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54247542

この記事へのトラックバック一覧です: 暴力団幹部宅で爆発 甲府の住宅街、けが人なし(18日):

« 男性受刑者が自殺、12月に続き 新潟刑務所(18日) | トップページ | 体の弱くなった父親へ暴力 多発する“ニートの事件”の心理と論理(18日) »