« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 小沢元代表の公判結審、4月26日判決 (19日) »

2012年3月19日 (月)

患者の骨髄液、慶応大学病院が無断採取 (19日)

慶応大学病院は去年10月からの2か月半の間に、肺がんなどの手術をした31人の患者から、本人の同意を得ずに手術中に肋骨の骨髄液を採取していたことなどを明らかにしました。

 臨床研究に利用していたということですが、厚生労働省が定める、倫理指針に違反していて、研究していた専任講師と担当の教授には違反の認識があったということです。

 これまで、健康被害は確認されていませんが、病院は専任講師ら2人について懲戒処分する方針です。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4981464.html

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 小沢元代表の公判結審、4月26日判決 (19日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 患者の骨髄液、慶応大学病院が無断採取 (19日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 小沢元代表の公判結審、4月26日判決 (19日) »