« 元首相の遺品など窃取供述 逮捕の男ら、被害3億円か(8日) | トップページ | いざという時に困る…消防ホース筒先盗難相次ぐ(8日) »

2012年3月 8日 (木)

捜査員、弁解録取書を誤って裁断…居酒屋火災(8日)

東京都杉並区の居酒屋「石狩亭」で客ら14人が死傷した火災で、警視庁が、ビルを所有する「東京ビルディング」の社員・倉田俊二容疑者(29)(業務上過失致死傷容疑で逮捕)の弁解録取書を誤って廃棄していたことがわかった。

 同庁は「コピーは残っており、捜査に支障はない」としている。

 同庁によると、弁解録取書は、倉田容疑者が逮捕された今月6日に作成された。コピーをした後、原本が誤って廃棄書類に紛れこみ、捜査員がシュレッダーにかけたという。

 

« 元首相の遺品など窃取供述 逮捕の男ら、被害3億円か(8日) | トップページ | いざという時に困る…消防ホース筒先盗難相次ぐ(8日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 捜査員、弁解録取書を誤って裁断…居酒屋火災(8日):

« 元首相の遺品など窃取供述 逮捕の男ら、被害3億円か(8日) | トップページ | いざという時に困る…消防ホース筒先盗難相次ぐ(8日) »