« 中国警察、息のある女子高生を「凍死」 業者が田に遺棄(21日) | トップページ | 小田急電鉄車掌:ロマンスカー内でわいせつ容疑、逮捕(21日) »

2012年3月21日 (水)

わいせつ被害、半数が未成年…スマホ使う手口も(21日)

兵庫県内で2011年に認知された性犯罪(強姦強制わいせつ)は386件に上り、5年ぶりに増加したことが県警のまとめで分かった。

スマートフォン(高機能携帯電話)を使って誘い出す手口もあり、県警は被害に遭わないよう防犯ブザーの準備などを呼びかけている。

 県警捜査1課によると、認知件数の内訳は、強姦が40件、強制わいせつが346件だった。

 強姦は10年比で9件減少し、過去10年で最少となった。一方、強制わいせつは同年比で45件増加した。

 強制わいせつの被害者は未成年がほぼ半数を占め、19~13歳が30・6%、12歳以下が19・3%。犯行場所は、神戸、阪神の両地区が67・4%で最多。犯行が最も多い時間帯は午後6時~午前2時で、56・2%だった。曜日は木~日曜日が多かった。同課は、都心部だが夜間は人通りがまばらな住宅地で被害に遭うケースが多いとみており、増えた原因の分析を進めている。

 犯行の手口は、1人で路上を歩いているところを狙うケースが目立つという。このほか、オートロック式のマンションに入る被害者の後を追い、ドアが閉まる直前に体を滑り込ませて中に入り、エレベーター内などで犯行に及んだり、スマートフォンの画面を子どもに見せ、「ゲームのアンケートに答えて」などと声をかけて人目のつかない場所に移動させ、体を触ったりするケースもあった。

 同課は、女性警官7人が性犯罪の被害相談に対応する「レディースサポートライン」(078・351・0110、平日午前9時~午後5時)を設置している。担当者は「普段の心がけで被害を減らせる。被害に遭っても一人で悩まず、相談してほしい」としている。

 

« 中国警察、息のある女子高生を「凍死」 業者が田に遺棄(21日) | トップページ | 小田急電鉄車掌:ロマンスカー内でわいせつ容疑、逮捕(21日) »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54273740

この記事へのトラックバック一覧です: わいせつ被害、半数が未成年…スマホ使う手口も(21日):

« 中国警察、息のある女子高生を「凍死」 業者が田に遺棄(21日) | トップページ | 小田急電鉄車掌:ロマンスカー内でわいせつ容疑、逮捕(21日) »