« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 大阪で「客引き専門業者」横行…2人書類送検(15日) »

2012年3月15日 (木)

「男に切られた」はウソ 栃木の小5男児、カッター遊び発覚恐れ…(15日)

栃木県足利市のスーパーマーケット敷地内で14日、小学生の男児が男にカッターナイフで手を切られたとされる傷害事件で、栃木県警は15日、男児による虚偽申告だったと発表した。

 県警によると、市内の小学5年の男児(11)が14日午後、スーパー敷地内で、同級生(11)とカッターナイフでプラスチックのコップを切って遊んでいたところ、誤って左手の親指付け根を切った。両親に遊んでいた内容を知られてしまうことを恐れ、2人で話を合わせて「近づいてきた男にカッターナイフで切られた」と証言したという。男児は「本当にごめんなさい。いい子になります」と話しているという。

 県警は14日、スーパーの店員の通報を受けて市内に緊急配備を実施し、小学校や幼稚園に注意を呼びかけていた。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120315/crm12031518440015-n1.htm

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 大阪で「客引き専門業者」横行…2人書類送検(15日) »

街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54229553

この記事へのトラックバック一覧です: 「男に切られた」はウソ 栃木の小5男児、カッター遊び発覚恐れ…(15日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 大阪で「客引き専門業者」横行…2人書類送検(15日) »