« 高級時計窃盗:容疑の元従業員らを逮捕 大阪(15日) | トップページ | 島田市 がれき受け入れを表明(15日) »

2012年3月15日 (木)

市橋被告、控訴審で「生涯かけて謝罪」 (15日)

イギリス人英会話講師を殺害したとして殺人などの罪に問われ、一審で無期懲役の判決を受けた市橋達也被告の二審の裁判が開かれ、市橋被告は「生涯かけて被害者に謝罪していくつもりです」と涙ながらに述べました。

 市橋達也被告(33)は5年前、イギリス人英会話講師のリンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22)を殺害したとして殺人などの罪に問われています。一審の千葉地裁は、市橋被告に対し検察側の求刑どおり無期懲役の判決を言い渡し、弁護側が判決を不服として控訴していました。

 15日から始まった二審の裁判で、市橋被告は「私に英語を教えてくれようとしたリンゼイさんを乱暴した上で命まで奪ってしまった。生涯かけて彼女には謝罪していく気持ちです」と声を震わせながら涙ながらに述べました。

 一審の裁判員裁判では、市橋被告がリンゼイさんの首を3分間にわたって絞めて殺害したと認定されましたが、15日の裁判で市橋被告は、その点について「それだけは違う。本当に3分以上絞めたなら控訴はしなかった」と述べました。また、弁護側は、「犯行は偶発的なものであり、殺意はなかった」として、傷害致死罪にとどまると主張し刑を軽くするよう求めました

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4978218.html

 

« 高級時計窃盗:容疑の元従業員らを逮捕 大阪(15日) | トップページ | 島田市 がれき受け入れを表明(15日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54228333

この記事へのトラックバック一覧です: 市橋被告、控訴審で「生涯かけて謝罪」 (15日):

« 高級時計窃盗:容疑の元従業員らを逮捕 大阪(15日) | トップページ | 島田市 がれき受け入れを表明(15日) »