« 熊野神社の灯籠に山口組最高幹部の名前 警察は撤去指導(18日) | トップページ | 埼玉・草加市にある道路の中央分離帯で白骨化遺体発見 事件と事故の両面で調べる(19日) »

2012年3月18日 (日)

交番で拳銃自殺図る 19歳巡査が意識不明(18日)

18日午後1時15分ごろ、千葉県流山市の南流山駅前交番2階休憩室で銃声があり、同交番勤務で敷地内にいた巡査部長(30)が駆けつけたところ、部下の男性巡査(19)が頭から血を流してあおむけで倒れていた。巡査は病院に運ばれたが意識不明の重体。流山署は、巡査が貸与されている拳銃で、自殺を図ったとみて調べている。

 同署によると、同交番は警察官2人と交通相談員1人の計3人が勤務。巡査が書類を取りに2階に行った直後に、銃声があった。巡査の右側頭部に銃創があり、発射されたとみられる弾丸1発が室内で見つかった。巡査は、今年2月に同交番に配属されたばかりの新人。普段と変わった様子はなかったという。

 同署の横田正夫署長は「職員が拳銃を使用して自殺を図ったことは誠に遺憾。再発防止のため指導を徹底する」としている。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120318/crm12031820360007-n1.htm

 

« 熊野神社の灯籠に山口組最高幹部の名前 警察は撤去指導(18日) | トップページ | 埼玉・草加市にある道路の中央分離帯で白骨化遺体発見 事件と事故の両面で調べる(19日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交番で拳銃自殺図る 19歳巡査が意識不明(18日):

« 熊野神社の灯籠に山口組最高幹部の名前 警察は撤去指導(18日) | トップページ | 埼玉・草加市にある道路の中央分離帯で白骨化遺体発見 事件と事故の両面で調べる(19日) »