« 2012年3月27日 | トップページ | 2012年3月29日 »

2012年3月28日

2012年3月28日 (水)

東京・江戸川区で水道メーター盗難相次ぐ(28日)

東京・江戸川区で先月から今月にかけて、130個の水道メーターが盗まれたことが分かりました。

 東京都によりますと、今月15日、江戸川区篠崎町にある「竹と親しむ公園」の利用者から「水が出ない」と連絡がありました。都の職員が調べたところ、水道メーターが何者かに持ち去られているのが見つかりました。先月末に水道メーターの交換を請け負う業者の倉庫から94個が盗まれたのを含め、江戸川区内の公園や工事中のマンションなどから水道メーター合わせて130個が盗まれたということです。都によりますと、水道メーターは一部が「砲金」という金属でできていて、地金にすると1キロあたり約600円で取引されています。都は警視庁に被害届を出し、不審な行為を見かけた場合には水道局お客様センターに連絡するよう呼びかけています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220328059.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

空き地に遺体、たき火燃え移ったか (28日)

午後2時すぎ、栃木県日光市七里の空き地で全身に焼かれた跡のある遺体を近所の女性が発見し、110番通報しました。

 遺体は日光市に住む70代の女性とみられています。また、遺体が見つかった20メートルほど先には枯れ草を集めて燃やした跡があったということです。

 警察では当初、事件の可能性があるとみて調べていましたが、目立った外傷がないことなどから、たき火をしているときに誤って着衣に火が燃え移ったとみて調べています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4989469.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

静岡・伊豆の国市の集配センターで約200枚のはがきなど配らず 一部はシュレッダーにtZb

静岡・伊豆の国市の集配センターに勤めていた郵便配達員が、2011年5月から11月にかけて、およそ200枚のはがきなどを配らなかったうえ、支店長など7人が一部をシュレッダーで廃棄するなどして、ほかの職員に口外しないよう指示していた。
会見で、郵便事業株式会社東海支社は「前代未聞の出来事であり、私どもも特に悪質なものと考えております」と話した。
支店長ら7人は「年末の繁忙期を前に、仕事の邪魔になると思った」と話しているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00220137.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車の危険運転、検挙頼める条例可決へ 大阪・摂津市(28日)

自転車で危険な運転をする人を検挙するよう市長から警察に要請できる大阪府摂津市の条例案が、29日にも市議会で可決・成立する。4月1日に施行される予定。自転車の安全運転のルールを定めた条例は全国に広がっているが、警察への検挙要請条項を定めた条例は全国でも珍しい。

 摂津市は市全域が平らで路線バスの運行本数も少ないため、自転車を利用する市民が多く、自転車のマナーに関する市民の相談や苦情も多数寄せられている。このため、市は市議会に「自転車安全利用倫理条例案」を提案。携帯電話をかけながらの運転や、ベルをむやみに鳴らして歩行者をどかすような運転をしないよう求めている。

 さらに条例案では、このように他人に危害を及ぼし、迷惑をかけるような運転をする利用者に対し、市長が必要な指導・警告をすることができ、必要に応じ検挙するよう警察署長に要請できる、と定めている。

Logo2_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

被災企業支援悪用し1億円詐取、2人に実刑判決(28日)

東日本大震災で被害を受けた中小企業に対する国の緊急融資保証制度などを悪用し、銀行から1億円超の融資を引き出したとして詐欺罪に問われたコンサルタント会社役員佐藤

真言

(

まこと

)

(39)、衣料品会社社長朝倉亨(48)両被告に対し、東京地裁(山口裕之裁判長)は28日、いずれも懲役2年4月(求刑・懲役4年)の実刑判決を言い渡した。

 「大胆・巧妙な犯行で、常習性も認められる」とした。

 共犯の衣料品輸入会社社長伊藤幸治郎被告(64)は、27日に同地裁で懲役2年8月(求刑・懲役3年6月)の判決が出ている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長崎ストーカー、千葉県警が第三者再調査断る(28日)

長崎ストーカー殺人事件で、傷害事件の被害届受理を先延ばしにした千葉県警習志野署の担当課員らが北海道に慰安旅行をしていた問題で、同県警が遺族に、「第三者による再調査は行わない」と伝えていたことがわかった。遺族は強く反発している。

 殺害された山下久江さん(77)の次男、山下茂人さん(55)によると、26日午後、同県警幹部から「第三者による再調査は守秘義務の関係で難しいため、県警の監察官室が行うことになった」との電話があった。茂人さんは「誰もが客観的と思える再調査をしないのは、反省していないということ。再発防止に努めようという姿勢が見えない」と批判している。

 同県警監察官室は「客観性や中立性を持たせるため、外部の有識者で構成する県公安委員会に経過を逐一報告する」と説明している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

インサイダー取引で尼崎の主婦告発「日本風力開発」株にからみ 監視委(28日)

東証マザーズ上場の「日本風力開発」(東京)の役員から得た内部情報をもとに、「監理銘柄」に指定される前に同社株を売却したとして、証券取引等監視委員会は28日、金融商品取引法違反(インサイダー取引)の罪で、兵庫県尼崎市の無職、西田貴子氏(52)を神戸地検に告発した。

 監視委によると、西田氏は平成22年6月4日~13日頃、知人の同社役員から、同社株が東証から監理銘柄に指定される可能性があるとの情報を入手。指定された事実を同社が同月14日に公表する直前、保有していた同社株計470株を約8600万円で売却した。公表後、株価は急落。西田氏は計約5千万円の損失を回避したという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120328/crm12032821310009-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(28、29日単位・レベル)

国策で防ぎたい事件だ!

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

20120321145028

 前日は振り込め詐欺のうち還付金詐欺が急増している話だったが、オレオレ詐欺が前年同期に比べて認知件数で減少、被害額で増加していることが警察庁のまとめで分かった。

 警察庁によると今年2月までの全国の認知件数は754件で前年同期に比べて57件の減少。これに対して被害額は15億4663万6000円で同3億7110万5000円の増加となった。

 内訳は昨日お伝えした還付金詐欺が認知件数も被害額でも急増しているのに対してオレオレ詐欺は2月までの認知件数が453件で同178件も減った。しかし、被害額は11億6372万円で同2億7502万3000円の増加となった。

 還付金詐欺はATM機の前で携帯を使いボタンを操作させて自動的に相手の口座に移動させるもので、自分の口座に預金額がない場合は移動できないので被害はない。

 しかし、ATMを操作する際に、相手の口座番号を記憶していないと、捜査の手がのびなくなる。したがって予防は被害者をATMの前に絶対に行かせないことだ。それだけに広聴・広報活動が重要になってくる。警察活動に期待する。
  首都東京体感治安は「レベル2(イエロー)」とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

留置係全員が勾留者に喫煙や飲食など便宜図る署(28日)

京都府警田辺署の留置管理係の男性巡査部長(55)が、勾留中だった男(31)(恐喝容疑などで逮捕)に便宜を図ったことを逆手に取られて30万円を脅し取られたとされる事件で、府警は27日、巡査部長を含む留置管理係7人全員が昨年12月~今年1月、男らに喫煙や飲食などの便宜を図っていたと発表した。

 昨年12月には、男に規定の20分を大幅に超える2時間の接見をさせたのに、規定通りとする虚偽の報告書を作成、提出したとして、府警は同日、7人のうち巡査部長ら3人を虚偽無印公文書作成・同行使容疑で書類送検した。

 発表では、留置場内で大声を出して暴れた男に昨年12月、菓子を与えたのが発端で、さらに男の要求はエスカレート。その様子を見た勾留中の他の2人からも同様に要求され、7人は喫煙もさせていた。虚偽の報告書は昨年12月28日、巡査部長が巡査(25)に記入をさせ、係長の警部補(44)が黙認して提出した疑い。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

破綻リゾート元会員狙い詐欺相次ぐ 「入会金戻せる」(28日)

経営破綻(はたん)した会員制リゾートクラブ運営会社「パルアクティブ」(東京都新宿区)の元会員らに「入会金を取り戻す方法がある」などと架空の投資話を持ちかけ、現金を振りこませる詐欺被害が相次いでいる。元会員は1万人以上に上り、名簿が流出している可能性もある。破産管財人らは注意を呼びかけている。

 破産管財人の弁護士らによると、パル社では、入会金の額(100万~400万円)に応じて各種の会員権を発行。元会員への電話は、パル社が破産した昨年6月ごろからかかるようになった。会員権の買い戻しを約束し、「ある企業の社債購入が条件」と持ちかけるのが主な手口。指定された口座に現金を振り込んだ後、電話をかけてきた業者とは連絡がつかなくなる。

 パル社元幹部らは被害防止対策室を設置。「1千万円を振り込んだ」など、被害の申告は21件で約8千万円に上っている。国民生活センターにも同種の相談が寄せられているという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

航空会社装うウイルスメール 注意を(28日)

大手航空会社の全日空から航空券の注文を確認する電子メールが送られたように装って、利用者のパソコンをウイルスに感染させようとする新手のサイバー攻撃が確認され、セキュリティ会社では、覚えのないメールには注意するよう呼びかけています。

全日空によりますと、「身に覚えのない航空券を案内するメールが届いた」という利用者からの問い合わせが先月から寄せられるようになったということです。
メールには利用者の本名が正確に記され、インターネットを通じて航空券を注文したとして、確認のためメールに添付されたファイルを開いて印刷するよう書かれているということです。
メールの文面は、実際に全日空が航空券を注文した利用者に送っているものとほぼ同じだということで、メールの指示に従いファイルを開いてしまった利用者もいたということです。
東京都内のセキュリティ会社がこのメールを分析したところ、添付されたファイルはコンピューターウイルスで、感染するとパソコンの内部の情報を海外のコンピューターに勝手に送る仕組みになっていたということです。
セキュリティ会社は「あらかじめ狙った相手の個人情報や、航空会社がふだん送っているメールの内容を詳細に分析したことが考えられる。サイバー攻撃の手口は巧妙化しており、覚えのないメールが届いた場合は、ファイルを開かないように注意してほしい」と話しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120328/k10014015441000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高速道ふさいで口論中、トラック追突し2人死亡(28日)

28日午前3時頃、大阪府松原市立部の阪和自動車道下り線で、滋賀県湖南市の運送会社の大型トラック=大堀貴広運転手(36)=が車線上に止まっていた別の大型トラックに衝突。計4台が絡む事故となり、路上にいた和歌山市の運転手石田信弘さん(38)ら2人が死亡、大堀運転手と石田さんの同僚男性(30)が軽傷を負った。

 府警高速隊は自動車運転過失致死傷容疑で大堀運転手を逮捕する方針。発表では現場は片側3車線で、死亡した2人は中央寄りの2車線をふさぐ形でそれぞれトラックを止めて口論。別のトラックに乗っていた石田さんの同僚が仲裁しようとしていたという。死亡したもう1人は東京都江戸川区の運転手(30)とみられ、府警が確認を急いでいる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

けんか騒ぎに乱入、少年を刺す 57歳男逮捕(28日)

28日午前3時ごろ、東京都足立区竹の塚のコンビニエンスストア前の歩道で、無職の少年(18)が突然、面識のない男に背後から包丁で刺された。少年の知人らが近くの交番に助けを求め、駆けつけた警視庁竹の塚署員が、現場近くにいた男を傷害と銃刀法違反の現行犯で逮捕した。少年は背中を刺されたが軽傷で、命に別条はないという。

 逮捕されたのは自称近くに住む無職の男(57)。同署によると、コンビニエンスストアの前で少年を含めた5、6人がケンカしていたところ、突然男が現れ、襲いかかってきたという。同署は男の身元確認を急ぐとともに、詳しい経緯を調べている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120328/crm12032811430005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤ盗難に用心、交換時期に多発 福井の民家中心、3月被害増(28日)

福井県警は27日、3月に入り福井市の民家を中心にタイヤ盗難が相次いでいると発表した。タイヤの交換時期であることから「鍵の掛かった車庫や物置などに保管し、家の軒先などに長期間放置しないでほしい」と注意を呼び掛けている。

 県警生活安全企画課によると、県内でのタイヤ盗難被害は1、2月は1件ずつだったが、3月に入り17件発生、同月だけで75本が盗まれた。うち16件は福井市内の民家だった。カーポートや家の軒先に置いてあるアルミホイール付きのラジアルタイヤやスタッドレスタイヤが盗まれている。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/accidentandincident/33846.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不正コインでスロット遊び…容疑の警部補を逮捕 神奈川(28日)

パチンコ店のスロットマシーンを不正に使用したとして、神奈川県警は横浜市旭区南本宿町、県警瀬谷署刑事課の警部補田中義則容疑者(59)を窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕し、28日早朝発表した。「警察官として間抜けなことをした」と容疑を認めているという。

 県警監察官室によると、田中容疑者は、27日午後9時半前、同区二俣川1丁目の相鉄線二俣川駅前のパチンコ店で、1枚20円のコインを投入するスロットマシーンで、5円のコインを使って遊んでいた疑い。

 男性店員が防犯カメラで田中容疑者の不正に気づいたという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「早くしろ」 コンビニ強盗、5万円奪う(28日)

28日午前1時50分ごろ、熊本市石原町のコンビニ「デイリーヤマザキ熊本石原店」で、刃物を持った男が1人で勤務していた男性従業員(26)を「早くしろ。分かっているだろう」と脅し、レジにあった現金約5万円を奪って逃走した。従業員にけがはなかった。熊本東署は強盗事件として調べている。

 同署によると、男は身長約175センチでやせ形。黒のヘルメットをかぶり、赤っぽいジャンパーに黒っぽいズボン姿だったという。バイクで逃走したとみられる。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120328/crm12032808580003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

患者負傷、看護師関与の可能性(28日)

長岡市の県立精神医療センターに入院中の男性患者が骨折などの重傷を負った問題で、原因を調査していた第三者委員会が27日、看護師が関与した可能性が高いとする調査結果をまとめた。関与をほのめかした看護師の1人が2月に自殺していたことも明らかにした。

 同委によると、昨年7月に30代男性患者がろっ骨など10カ所を骨折しているのが分かった。県は昨年12月に弁護士などからなる第三者委を組織。同委は男性患者や病院職員52人から聴き取りするなど調査してきた。

新潟日報http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/33580.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

散歩の女性が刃物で腕切られる、男が逃走 山梨・北杜(28日)

27日午後6時半ごろ、山梨県北杜市明野町上手の路上で「男に刃物で刺された」と、被害女性の家族から110番通報があった。被害に遭ったのは京都市の会社員女性(23)で、左腕などに切り傷を負った。命に別条はないという。

 北杜署によると、女性が県営団地付近を散歩していると突然、茂みから男が飛び出し、小型の包丁で左腕などを切りつけた。男は包丁を捨てて、南西方向に走って逃げたという。

 男は40歳ぐらいで身長175~180センチ。黒いベンチコートとマスクを着け、フードをかぶり、白い運動靴を履いていた。女性は実家のある北杜市に帰省していたという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

IMF前専務理事を捜査 売春あっせん共犯容疑(28日)

フランスの捜査当局は26日、同国北部リールの高級ホテルを舞台とした組織的な売春斡旋(あっせん)事件で、国際通貨基金(IMF)前専務理事のドミニク・ストロスカーン容疑者(62)について共犯容疑で正式捜査を開始した。

 予審判事が正式捜査の開始を決定。容疑者は10万ユーロ(約1100万円)の保釈金を支払い、身柄の拘束を解かれた。建設会社が売春組織に依頼して売春婦を雇い、パーティーを開いていたとみられている。

 捜査当局はストロスカーン容疑者がパーティーに売春組織が関与し、会社の資金が不正使用されていることを知りながら参加したとみて調べている。

 弁護士によると、ストロスカーン容疑者はリールやパリでパーティーに何度か参加したことは認めているが、「女性らが売春婦であるとは知らなかった」と関与を否定しているという。(共同)

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120327/crm12032722290019-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ゼリーに針、女性手当て 札幌のスーパーで購入(28日)

27日午後7時25分ごろ、札幌市南区川沿のスーパー「北雄ラッキー川沿店」から、ゼリーを購入した近くの無職の女性(68)が体調不良を訴えていると119番通報があった。女性は病院で胃の中に長さ約2センチの針があるのが見つかり、内視鏡で取り除いた。命に別条はない。

 南署は偽計業務妨害と傷害の疑いがあるとみて調べている。

 南署によると、女性は24日ごろ、飲み込むタイプのゼリー5個を購入、27日に3個目を食べたときに違和感があり、店に連絡。店が調べたところ、3個目の容器に針がさらに3本入っていた。残った2個のゼリーからは見つからなかった。

 北雄ラッキー川沿店は店内のゼリーを点検したが、ほかに針の混入はなかったとしている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120328/crm12032800530000-n1.htm

Msn_s1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知県の工作機械メーカーの機密事項を持ち出した疑いで中国人社員の男を逮捕(28日)

愛知県の工作機械メーカー「ヤマザキマザック」の中国人社員の男が、会社のサーバーから機密事項である工作機械の図面を、ハードディスクにコピーして持ち出した不正競争防止法違反の疑いで逮捕された。
中国国籍の唐博容疑者(31)は、「コピーした記憶はありません」と容疑を否認しているという。
愛知県警では、唐容疑者が産業スパイとして情報を漏えいさせていた可能性が高いとみて調べている

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00220084.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警戒区域のペット 引き取り手探す(28日)

原発事故のあと福島県の警戒区域に取り残され、これまでに保護されたペット750匹余りのうち、半数以上の飼い主が見つかっていないことから、環境省はインターネットなどを通じて引き取り手を探しています。

環境省と福島県は、去年4月から今月にかけて、原発事故で立ち入りが禁止されている福島県の警戒区域に取り残されたペットの保護を進めてきました。
これまでに保護された犬432匹と猫321匹の合わせて753匹のうち、元の飼い主に返されたり新たな飼い主が見つかったりしたのは357匹にとどまり、全体の半数を超える396匹は飼い主が見つかっていないということです。
環境省は、施設の狭いおりの中に長時間入れられたままでは、犬と猫にとってストレスとなり、健康状態の悪化にもつながるとして、インターネットなどを通じて引き取り手を探しています。
環境省は「保護したペットには放射性物質のスクリーニング検査を行い、問題がないことを確認している。動物たちが安心して暮らせるよう、引き取りに協力してほしい」と話しています。
問い合わせは、福島県動物救護本部で受け付けています。
電話番号は、024-521-7245。
ホームページアドレスは、http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htmです。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120328/k10014014981000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

豊島区でも暴力団排除条例 来月1日施行へ(28日)

東京・豊島区では、犯罪の温床となっている暴力団関係者の養子縁組を防ぐことを目的に、来月から区独自の暴力団排除条例が施行されます。施行を前に、区と警察が情報の共有化などの連携強化を確認しました。

 豊島区では、来月1日から独自の暴力団排除条例が施行されます。条例では暴力団関係者が養子縁組に関与していると疑われる場合、関係者かどうかの確認など警察に問い合わせることを可能にする措置などが全国で初めて盛り込まれました。27日、区長と地元の警察署の署長らが施行を前に集まり、連携を確認しました。
 高野之夫豊島区長:「豊島区にとっても永遠に歴史に残る」
 目白警察署・塩田一定署長:「暴力団壊滅の一つの足がかり。万が一、起きた場合には端緒をつかめる」
 都内有数の繁華街・池袋を抱える豊島区では、暴力団関係者らが不正な養子縁組で名前を変え、住宅ローンを申請して金をだまし取る詐欺被害などが多発していました。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220327053.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月27日 | トップページ | 2012年3月29日 »