« 2012年3月25日 | トップページ | 2012年3月27日 »

2012年3月26日

2012年3月26日 (月)

「千葉県警信用できない」 遺族側が第三者調査要請(26日)

長崎県の2女性殺害事件に絡み、千葉県警習志野署員がストーカー被害の届け出受理を先送りした直後に署内の親睦旅行に行っていた問題で、遺族側は26日、経緯の再調査を進めている同県警に対し、「警察内部での調査は信用できない」として、第三者による調査の実施を長崎県警を通じて要請した。

 これに対し、千葉県警の浜口道夫首席監察官は、遺族側に電話で「監察官室で態勢を整え、しっかりと再調査を進めている。今後、誠意を持って対応したい」と伝えたという。県警では現在、内部の不正を調べる監察官室が当初の約30人から約40人に態勢を強化し、旅行の事実が5日公表の検証結果に盛り込まれなかった理由などを調べている。

Msn_s1_9 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120326/crm12032618480012-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪市交通局リスト問題、捏造と断定 非常勤職員が労組装い作成(26日)

昨秋の大阪市長選に絡み、平松邦夫前市長を支援する「知人・友人紹介カード」の回収状況を示すような市交通局職員の一覧リストが作成された問題で、交通局は26日、リストの作成者を鉄道事業本部に所属する30代の男性非常勤職員と特定したと発表した。職員は交通局の事情聴取に、当初は否定し、その後あいまいな説明をしたが、交通局はパソコンの履歴(ログデーター)などから、この職員が捏造(ねつぞう)したと断定した。

 リストは市長選で平松氏を支援した大阪交通労働組合(大交)が作成したように装われていたが、大交は全面否定していた。職員は大交の選挙活動に反感を抱いたような証言もしたといい、交通局は捏造した動機について調べるとともに、偽計業務妨害罪などでの刑事告発も検討している。

 リストは「知人・友人紹介カード配布回収リスト」と題され、鉄道事業本部職員1867人の氏名や、企業の社員番号にあたる氏名コードを列挙。「配布」「回収」と書かれた欄には、個別に状況をチェックしたような「済」の記載があった。欄外には、カードの提出に非協力的な組合員がいた場合、今後不利益になることを本人に伝えることを求める記述もあった。

 交通局の調査によると、職員は1月、同本部の職員リストを自身が日常使う交通局内のパソコンに取り込み、リストを捏造。作成や印刷した形跡がログデータに残っていたという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

国際郵便で大量覚醒剤輸入 メキシコ人の男を逮捕(26日)

1カ月の間に4億2000万円相当の覚醒剤を密輸していました。

 メキシコ人の自称・会計士、ペレス・ラモン容疑者(29)は、覚醒剤約400グラムを筋肉増強剤の容器に隠して東京都内の男(29)に国際郵便で送り、密輸した疑いが持たれています。警察などによりますと、空港で密輸に気づいた税関の職員が覚醒剤を抜き取り、受け取り人の男を調べていたところ、ラモン容疑者が浮上したということです。ラモン容疑者は1月から2月にかけて、約5キロ、4億2000万円相当の覚醒剤を密輸していて、「売りさばくためだった」と容疑を認めています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日単位・レベル)

10歳の人権

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

20120316101617

 39歳の母親が42歳の交際相手の男に自分の娘である10歳と15歳の少女を〝提供〟し、わいせつ行為をさせた事件で、富山地裁は10歳の少女の告訴を無効と判断し、公訴の一部を棄却する判決を言い渡していたことがこのほど明らかになった。判決結果は男の懲役13年、母親は幇助したとして懲役4年が言い渡されている=26日産経新聞社会面

 強制わいせつは親告罪。この判断だと仮に保護者の母親が8歳の娘を〝提供〟してわいせつ行為をさせた場合は、娘は告訴ができなくなる。代理人とか方法は幾つかあるだろうが、法のもと平等であるはずの子供の人権はどうして救う?被害弱者と言ってしまえば、それまでだが、ただでさえ、子供の被害が多い。

 鹿児島市では10歳から4歳の兄弟3人が母親に殺されたり、愛知県では小学4年生の長女(10)が床に投げ落とされたり、昨年12月になるが東京都江東区の大手ゼネコン社宅の10階から1歳の男児が投げ落とされるなど、余りにも惨い犯罪が続いている。

 こうした時代に、「法律は法律」と言ってしまえばそれまでだが、ちょっと気になる判決なので取り上げてみたが、皆さんはどう思いますか。

2006_0810_004208nisho

 東京・国分寺市で27日未明、発砲事件があり、「自分は暴力団関係者」と名乗る29歳の男性が腹などを撃たれて重傷を負った。男性を撃ったとみられる人物は逃走している=テレビ朝日電子版

   首都東京体感治安は「レベル2(イエロー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽造警察手帳ネット販売で家宅捜索の徳島・小松島署巡査部長、有印公文書偽造の疑いも(26日)

徳島・小松島署の40代の巡査部長が偽造した警察手帳をインターネットで販売したとして、2月、大阪府警の家宅捜索を受けていたことが発覚した。
警察関連の商品は、ネット上に数多く見られる。
この巡査部長は、エンブレムのレプリカを彫刻店に持ち込み、警察本部の刻印を入れるよう依頼していた。
巡査部長が依頼した彫刻店は「(巡査部長が)オークションとかでやっていることは知っていた。(巡査部長は)『奥さんを名義人にしているから心配ない』と」と話した。
店の説明では、巡査部長は4~5年前から、あわせて十数個のエンブレムを持ち込んでいたという。
大阪府警は、有印公文書偽造の疑いもあるとみて、さらに調べを進めている。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00219961.htmlLogo4_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

集会監視:自衛隊は「人格権侵害」 仙台地裁が賠償命令(26日)

陸上自衛隊の情報保全隊が、イラク派遣の反対集会などを監視していたのは憲法違反であり精神的苦痛を受けたとして、東北6県の住民107人が国に監視差し止めと計約1億円の賠償を求めた訴訟で、仙台地裁(畑一郎裁判長)は26日、「自己の個人情報をコントロールする人格権を侵害し違法」として原告の男女5人に計30万円の支払いを命じる判決を言い渡した。監視差し止めの訴えは却下した。

 原告側弁護団によると、情報保全隊の監視差し止めを巡る訴訟の判決は初めて。

 判決は「各原告の氏名、職業に加え、所属政党などの思想信条に直結する個人情報を収集しており、違法とみるほかない」と指摘した。

 原告側は、情報保全隊が03~04年、自衛隊のイラク戦争派遣に反対する集会やデモの参加者を撮影するなどの情報収集をしたと主張。こうした監視活動は表現の自由やプライバシー権の侵害に当たるなどと訴え、1人当たり100万円の国家賠償を求めていた。

 同隊の活動を巡っては共産党が07年、同隊の内部資料だとして集会やデモ参加者の写真などが載った資料を公表していた。

 一方、国側は内部文書の存在については認否を留保したうえで、情報収集は自衛隊法に基づいて行っており、違法性はないと主張していた。【竹田直人】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120326k0000e040184000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

子供の遺体から薬物 鹿児島の子供3人殺害 逮捕の母親、子供眠らせ殺害か(26日)

鹿児島市で4~10歳のきょうだい3人が殺害され、殺人容疑で母親の福冨さとみ容疑者(37)が逮捕された事件で、子どもの遺体から、薬物反応が出ていたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。

 これまでの県警の調べで、子供たちの首には絞められたような痕があったことが分かっている。県警は福冨容疑者が薬物で子供を眠らせた上で殺害した疑いもあるとみて、司法解剖して死因の特定を急ぐ。県警は26日午後、福冨容疑者を送検した。

 事件は24日夜に、福冨容疑者の夫が帰宅した際、家の中で子供3人と福冨容疑者が倒れているのを発見し発覚。福冨容疑者は左手首に切り傷があり「自分も死ぬつもりだった」と話していることから、県警は無理心中を図ったとみて、詳しい動機を調べている。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120326/crm12032614170009-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

テコンドー4段の教師を強盗致傷罪で起訴(26日)

女性に跳びげりをしてけがを負わせ、カバンを奪ったとして、東京地検は26日、強盗致傷罪で、小学校教諭、石塚力泰容疑者(38)=東京都稲城市若葉台=を起訴した。捜査関係者によると、石塚被告は「相手と接触しそうになって無視されたので、腹が立ってやった」と供述している。

 起訴状によると、2月5日午前1時半ごろ、稲城市百村の路上で、無職女性(18)の背中に飛びげりして転倒させた上、顔などを蹴ってけがを負わせ、バッグ(現金約1千円在中)を奪い逃走したとしている。

 石塚被告はテコンドー4段で、師範の資格を持ち、調布市内の道場で指導していた。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120326/trl12032617540004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

模造刀盗:容疑の元特任教授を逮捕 展示の美術館から(26日)

岡山県警井原署は26日、岡山県井原市立田中(でんちゅう)美術館で展示されていた模造刀を盗んだとして、広島県福山市日吉台、元福山大特任教授、溝上恭平容疑者(65)を窃盗容疑で逮捕した。「作品に感動して触ったら、手元に置きたいという衝動に駆られた」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2月19日午後4時過ぎ、開館中の同美術館に展示されていた騎馬人物像(高さ230センチ)の台座に上り、金属製の模造刀1本(長さ105センチ)を盗んだとされる。同署によると、防犯ビデオに同容疑者の行動が録画されており、今月15日に画像を公開。同18日朝には模造刀が同館入り口に置かれているのを出勤してきた職員が発見。その後、「溝上容疑者に間違いない」という情報提供があり、溝上容疑者が25日に同署に出頭した。

 騎馬人物像は、井原市主催の「平櫛田中賞」を受賞した小谷元彦・東京芸大先端芸術表現科准教授の作品。受賞記念展が1月27日~3月20日に開かれていた。

 溝上容疑者は、福山大学生命工学部海洋生物科学科の特任准教授を経て、昨年3月だけ特任教授を務めた。【井上元宏】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120326k0000e040169000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

出所祝いの直後に口論、父親刺した疑い 28歳男逮捕(26日)

父親を包丁で刺して殺そうとしたとして、福岡県警は26日、福岡県朝倉市一木、無職早野真吾容疑者(28)を殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。早野容疑者は「酒を飲んでいて覚えていない」と容疑を否認しているという。

 朝倉署によると、早野容疑者は25日午後11時ごろ、自宅の居間で、父光義さん(58)の背中や腹、肩を包丁(刃渡り15センチ)で刺した疑いがある。光義さんは重傷を負って病院に運ばれたが命には別条ないという。

 署によると、早野容疑者は両親と3人暮らし。昨年9月に刑務所を仮出所し、3月に刑の満期を迎えたことから、25日は3人で居酒屋で出所祝いをしていた。ところが母親から「前科者」と言われて腹を立て、母親を殴ったという。その後、自宅に帰った光義さんから「もめている」と110番通報があり、署員が行くと光義さんが血を流しており「息子に刺された」と話したという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

浅山容疑者がシーツで首つり 東京、山形の連続殺人・放火容疑で逮捕(26日)

東京、山形で発生した2件の殺人・放火事件に関与したとして逮捕、再逮捕された浅山克己容疑者(46)が25日、警視庁原宿署の留置施設で自殺を図り、意識不明の重体になっていたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁によると、浅山容疑者は25日午後9時5分ごろ、留置施設の個室で、寝具のシーツをひも状に切り、入り口ドアの金網に引っかけて首をつっているのを、見回りの男性巡査部長(36)が発見した。約5分前の一斉点呼の際には、応じて返答していたという。

 捜査関係者によると、浅山容疑者は25日も取り調べを受けたが、変わった様子はなかった。調べに対して、一貫して容疑を認めていたが、最近は「詳しいことは裁判になったら話す」と詳しい供述をしていなかった。

 浅山容疑者は、昨年11月に東京都江東区のマンションで住人の女性を殺害、放火したとして今年1月に逮捕。さらに、平成22年に山形市下条町の民家に放火して2人が焼死した火災に関与したとして、殺人と現住建造物等放火容疑で再逮捕されていた。

 東京、山形いずれの被害者も、長男が浅山容疑者と親密に交際。警視庁と山形県警の合同捜査本部は、交際トラブルに端を発した連続殺人・放火事件とみて捜査していた。

 警視庁の大栗正行留置管理1課長は「詳細は調査中。本人の早期回復を祈り、留置施設内の同種事案の再発防止に努めたい」とコメントした。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120326/crm12032611470005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

回転ずし店で売上金強奪 木更津、100万円被害 店長の顔にスプレー噴射(26日)

26日午前9時10分ごろ、千葉県木更津市中央の「スーパー回転寿司やまと木更津店」の駐車場で、同店の店長が顔にスプレーを噴射され、売上金約100万円を奪われた。木更津署は強盗事件として捜査を始めた。

 同署によると、店長が駐車場で車に乗り込んだ直後、何者かが助手席側のドアを開け、店長の顔にスプレーを噴射。売上金の入ったバッグを奪って逃走した。

 現場はJR木更津駅の西約800メートル。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120326/crm12032611590006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元プロボクサーら、恐喝容疑で逮捕 (26日)

元プロボクサーで元東洋太平洋チャンピオンの男が8日、知人の男性に言いがかりをつけ現金30万円を脅し取ったとして、警視庁に逮捕されていたことがわかりました。

 恐喝の疑いで逮捕されたのは元プロボクサーでミドル級の元東洋太平洋チャンピオンの保住直孝容疑者(37)と矢島拓也容疑者(24)ら2人です。警視庁によりますと、保住容疑者らは8日、37歳の男性が経営する東京・文京区の飲食店で、男性に対し「人に世話になったことに対して最低のことをしている。そのうち殺されるからね」などと言いがかりをつけ、現金30万円を脅し取った疑いが持たれています。

 保住容疑者は男性と17年前に成人式で知り会ったということです。

 取り調べに対し「脅したわけではない」と容疑を否認しているということで、警視庁は経緯についてさらに調べています

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4987174.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性遺体:同居長男を指名手配 遺棄容疑で大阪府警(26日)

大阪府池田市のマンションの一室で、住人で無職の井上直美さん(59)の遺体が見つかった事件で、大阪府警が行方不明になった同居の長男(32)について、死体遺棄容疑で逮捕状を取り、指名手配していたことが26日、捜査関係者への取材でわかった。駐車場から長男の車がなくなっており、府警は詳しい事情を知っているとみて行方を追っている。

 捜査関係者によると、長男は井上さんの遺体を自宅のクローゼットに遺棄した疑いが持たれている。

 府警によると、同市に住む長女が今月7日以降、井上さんと連絡が取れないことを不審に思い、兄の長男に尋ねた。長男は「入院していて会えない」「田舎に帰っている」などと繰り返したが、入院などの事実はなかった。事件は長女が府警に通報し、捜査員が25日に遺体を発見。長男は24日に長女からの電話に出て以降、行方不明になっている。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120326k0000e040154000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

仙台のGSに強盗 トイレ借りに来た女案内中に刃物(26日)

26日午前5時25分ごろ、仙台市青葉区堤町のガソリンスタンドに4人組の男女が押し入り、開店準備をしていた男性従業員(34)を脅し、事務室の金庫から現金などを奪って逃げた。被害金額は不明。従業員にけがはなく、仙台北署が強盗容疑で調べている。

 同署によると、男性従業員がトイレを借りに来た女を案内した際、男に後方から刃物のような物を首に押しつけられ「大声出すな、殺すぞ」と脅された。その間に別の男2人が事務室に侵入、金庫から売上金などを奪った。開店準備中で金庫は開いていたという。ほかに客はいなかった。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120326/crm12032610070003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

3児殺害容疑の母「子どもに会いたい」 (26日)

鹿児島市で10歳から4歳のきょうだい3人が殺害された事件で、逮捕された母親は「子どもに会いたい。自分も死ぬつもりだった」と話しているということです。

 この事件は、鹿児島市中山で、福冨翔也くん(10)と倖生くん(8)、りおなちゃん(4)の3人が自宅アパートで殺害されたものです。警察は、3人の首を絞めて殺害した疑いで母親のさとみ容疑者(37)を25日、逮捕しました。

 「相談できる人いなかったのかな・・・」(近所の人)
 「兄弟ともおっとりした性格。(翔也くんは)学校が楽しくて、早く来てドッジボールをしていた」(翔也くん、倖生くんが通っていた小学校の校長)

 さとみ容疑者は自分の手首を切っていて、取り調べに対して容疑を認め、「子どもに会いたい。自分も死ぬつもりだった」と話しているということです。警察は、無理心中を図った疑いがあるとみて調べています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4986586.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・深谷市で警察の非常勤職員の女が乗用車で男性をはね死亡させる 現行犯逮捕(26日)

埼玉・深谷市で24日夜、警察の非常勤職員の女が、乗用車で男性をはねて死亡させ、現行犯逮捕された。
逮捕された秩父警察署の非常勤職員・関口計子容疑者(51)は、24日午後7時50分ごろ、乗用車で右折する際、直進してきた大型バイクに衝突し、バイクを運転していた大学2年生・新村甲斐さん(20)が頭を強く打って死亡した。
警察は、関口容疑者から話を聴くなど事故の原因を調べている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00219911.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「気分悪くなった」男女を搬送…脱法ハーブか?(26日)

25日午後11時10分頃、名古屋市中区錦のホテルの従業員から「宿泊客がハーブを吸って気分が悪くなった。 吐き気やめまいがする」と119番があった。30歳代の男性と20歳代の女性の2人が病院に運ばれたが、命に別条ないという。愛知県警中署は、2人の話から脱法ハーブを使用していた可能性もあるとみて調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

グーグル検索の機能で犯罪連想、表示停止命じる(26日)

グーグルのインターネット検索サイトに自分の氏名を入力すると、「サジェスト」という機能によって犯罪を連想させる単語が表示されるのは名誉毀損などに当たるとして、日本人男性が米国のグーグル社に表示の停止を求めて仮処分を申し立て、東京地裁(作田寛之裁判官)が19日付の決定で停止を命じたことがわかった。

 男性側の代理人によると、同機能の停止を命じる司法判断は初めて。同社は停止を拒否しており、現時点でも表示される状態が続いているという。

 代理人の富田寛之弁護士によると、グーグルの検索サイトのキーワード欄に男性の氏名を入力すると、犯罪をイメージさせる単語が検索候補として表示され、選択すると男性を中傷するサイトが多数並ぶという。男性はこれらの犯罪に関係した覚えがないのに、サイトの書き込みを理由に就職の内定が取り消されたこともあるといい、昨年10月、同地裁に仮処分を申し立てた。

 審尋で同社側は「意図的に表示したわけではなく、検索候補として単語を並べただけで名誉毀損には当たらない」などと主張したが、地裁は、男性の氏名を入力した場合の犯罪関連の単語の表示に限り、停止を命じた。

 富田弁護士は「氏名の表示だけならば、閲覧した人が中傷サイトに気付かない可能性もあるのに、わざわざそうしたサイトに誘導してしまう機能に問題がある。名誉毀損が明らかなものは消去するような仕組みをグーグル側は考えるべきだ」と話している。

 グーグル日本法人は「対応を検討している」とコメントしている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強制わいせつ致傷容疑で高崎署巡査を逮捕 別事件も関与か 群馬県警(26日)

路上で女子大学生を押し倒し、わいせつな行為をしたとして、群馬県警捜査1課と高崎署は25日、強制わいせつ致傷の疑いで、高崎署交通2課巡査、津久井秀樹容疑者(24)=前橋市敷島町=を逮捕した。

 県警の調べでは、津久井容疑者は同日午前3時5分ごろ、高崎市上並榎町の路上で、自転車で帰宅中だった大学3年の女性(21)を押し倒し、服を脱がそうとするなどのわいせつな行為をした上、女性のひざなどに軽傷を負わせた疑いが持たれている。

 県警によると、津久井容疑者は「若い女性の体を触ってみたかった」と容疑を認めている。現場近くのスーパーの駐車場に車を止めていたと供述しており、県警は計画的犯行と見て、津久井容疑者を厳しく追及している。

 県警によると、約1時間半後に現場から500メートルほど離れた路上で起きた19歳の女子大生への強制わいせつ未遂事件についても、関与をほのめかしているという。

 津久井容疑者は26日付で前橋東署へ異動する予定で、25日午前0時ごろまで高崎署で残務整理をしていた。犯行後の午前5時半ごろには現場付近の路上で職務質問を受けていた。

 26日は午前8時すぎに出勤しており、目撃情報などから津久井容疑者が浮上。県警が事情を聴いたところ、容疑を認めた。

 県警の小林政夫首席監察官は「深くおわびしたい。事実確認の上、厳正な処分を検討する」としている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120325/crm12032521120012-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗容疑で警察官逮捕 沖縄県警巡査長、現金入り名刺入れ盗んだ疑い(26日)

沖縄県警は25日、現金4500円が入った他人の名刺入れを盗んだとして、窃盗の疑いで那覇署地域課の巡査長、及川元気容疑者(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は24日午後10時ごろから25日午前0時ごろの間、那覇市の飲食店内で、現金が入った20代の女性の名刺入れを盗んだ疑い。

 県警によると、飲食店は及川容疑者の同僚の結婚式2次会の会場だった。2次会参加者が不審な動きをする及川容疑者を目撃していた。及川容疑者は「名刺入れは拾った」と容疑を否認している。

 県警の親川啓和首席監察官は「警察官がこのような事件を起こし申し訳ない。指導を強化し、再発防止に努めたい」とコメントした。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120326/crm12032600280000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月25日 | トップページ | 2012年3月27日 »