« 2012年3月20日 | トップページ | 2012年3月22日 »

2012年3月21日

2012年3月21日 (水)

時価1600万円のバイオリンと弓盗まれる 奈良(21日)

奈良市登大路(のぼりおおじ)町の奈良県文化会館で、時価計1600万円相当のバイオリンと弓が盗まれた、と県警が21日発表した。

 県警によると、持ち主は県立ジュニアオーケストラの音楽監督を務める元大阪フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターの梅沢和人(かずと)さん(54)。20日午後に開催されたコンサートで、梅沢さんが控室に1804年にフランスで製作されたバイオリンと弓を置き、ステージに立っていたところ、午後6時ごろになくなっていたことに気づいたという。控室は施錠されていなかったという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

10階から長男投げ落とした父親 殺人未遂罪で起訴(21日)

東京都江東区の大手ゼネコン社宅で昨年12月、10階から当時1歳の男児が投げ落とされた事件で、東京地検は21日、殺人未遂罪で、この部屋に住む男児の父親でゼネコン社員、橋本真吾容疑者(38)を起訴した。

 地検は、橋本被告の精神鑑定のため鑑定留置を行ったが、責任能力があると判断した。

 起訴状によると、昨年12月15日午前9時ごろ、江東区木場の社宅10階の自室で、当時1歳の長男の首を絞めた上、リビング南側の窓から投げ落とし、殺害しようとしたとされる。

 長男は約26・7メートル下に転落したが、落下した場所にあった植え込みがクッションになり、無事だった。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120321/crm12032117210006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「暴排に貢献」 巨人・沢村投手とヤクルト・由規投手に警視庁が感謝状(21日)

警視庁は21日、暴力団追放をPRするポスターに起用したプロ野球・巨人の沢村拓一投手(23)と東京ヤクルトの由規投手(22)に対し、東京ドーム(東京都文京区)のイベントスペースで感謝状を贈呈した。

 警視庁の樹下尚・組織犯罪対策部長から感謝状を手渡された沢村投手は「本当に光栄。今後もプロ野球選手として社会貢献に取り組みたい」。由規投手は「社会貢献できてうれしく思う」と話した。

 沢村、由規両投手は、昨年10月の東京都暴力団排除条例の施行に合わせて警視庁が作製したポスターに現役プロスポーツ選手として初めて起用された。同庁によると、ポスターは駅や公共施設などに掲示されたが、好評だったため当初の2万枚に加えて1千枚増刷したという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120321/crm12032118370007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉の足場倒壊事故 足場固定せず、安全対策に不備(21日)

埼玉県東松山市のマンションで19日、外壁の改修工事用に設置された足場が倒れ、保育園児1人が死亡、1人が重傷を負った事故で、この足場ではボルトや金具で建物に固定するなど法律で義務付けられた転倒防止措置が取られていなかったことが21日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警の調べでは、足場は高さ約10メートルで、縦、横ともに約1.8メートル。労働安全衛生法では、こうした足場を設置する場合、建物側に穴を開けてアンカーを埋め込み、足場と建物を連結する「壁つなぎ」などの転倒防止措置を取ることが義務付けられている。

 捜査関係者によると、現場となったマンションの外壁には、足場と連結するため金具を埋め込んだ痕跡は見られなかったという。県警は「両毛ビケ足場」(栃木県岩舟町)など施工業者が安全対策を怠った可能性があるとみている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120321/crm12032121380009-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日単位・レベル)

検挙の推移

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

Osk2012032100981

 高知地方気象台は21日、全国で最も早く、高知市でソメイヨシノが開花したと発表した=朝日新聞電子版
 日本気象協会によると東京都心の桜の開花予想は31日で平年より5日遅いという。

2006_0810_004208nisho

警察庁の統計によると全国の警察が認知件数を減らしている中で、検挙件数をみると、やはり減少傾向にあることが気になる。

 平成23年の検挙件数は46万2540件で前年より3万4816件の減少となった。多くの都道府県警が減らしているのに対して増加したのは茨城県、新潟県、大阪府、三重県など11府県に止まった。

 さらに検挙率で戦後最低を記録した平成13年と比べると検挙件数が増加したのは7道県だった。最も増加したのは愛知県で平成13年の検挙件数3万398件に対し23年は3万5409件と+5011件となった。また埼玉県警は2万5019件だったが23年は2万9126件と+4107件だった。

 認知件数の抑止効果は各都道府県で確実に効果が出ていが、検挙件数はばらつきが多い。要因として犯罪の複雑化もあるが、なんと言っても大量退職時代でベテラン捜査員の減少が影響しているとみるのが妥当だ。その意味では愛知県や埼玉県などの功績は評価に値する。
  首都東京体感治安は「レベル2(イエロー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺撲滅、警視庁がイベント (21日)

振り込め詐欺を撲滅しようと、漫才師の青空球児さんを招いて警視庁が主催したイベントには、地元の人など350人が参加しました。

 去年1年間の都内での振り込め詐欺の被害は1563件、およそ36億円にのぼっていて、被害者の9割はお年寄りということで、警視庁は注意を呼びかけています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4983105.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

用水路転落の元プレジデント編集長、死因は病死(21日)

栃木県大田原市で20日、ビジネス誌「プレジデント」元編集長で同県那珂川町矢又、文筆業、樺島弘文さん(56)が用水路に転落し、搬送先の病院で死亡が確認された事故で、県警大田原署は21日、死因が急性虚血性心不全による病死と判明したと発表した。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、樺島さんは20日午後1時10分ごろ、ロードレース用の自転車に乗ったまま用水路に転落しているのが見つかった。運転中に病気で意識を失い転落したとみられている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

勤務先から爆薬盗んだ疑いで男逮捕「嫌がらせしようと」(21日)

愛知県警設楽署は21日、勤務先から爆薬を盗んだとして窃盗の疑いで、同県東栄町月井軒貝津、会社員、堀田献治容疑者(49)を逮捕した。「勤務先とトラブルになり、嫌がらせをしようとした」と供述しているという。

 逮捕容疑は17日午後10時ごろ、同県新城市内の採石会社から、採石作業で使う含水爆薬10本(約2万4千円相当)を盗んだとしている。

 同署によると、20日に堀田容疑者から「爆薬を盗んだ」と聞いた友人が通報。爆薬はすべて堀田容疑者の自宅などから押収され、使用された形跡はないという。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120321/crm12032114310004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛川町死亡引き逃げ 男を逮捕(21日)

今月13日、神奈川県愛川町の町道で66歳の女性が死亡したひき逃げ事件で、警察は近くに住む45歳のトラック運転手の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。逮捕されたのは、神奈川県愛川町のトラック運転手石原章夫容疑者(45)です。
警察の調べによりますと石原容疑者は今月13日の午後8時ごろ、愛川町の町道の交差点で勤務先から歩いて帰宅途中だった近くに住む66歳の女性を車ではねて逃げ死亡させたなどとしてひき逃げと自動車運転過失致死の疑いが持たれています。
別のトラック運転手から警察に「事件のあった現場を同じ時間帯に通過している車がある」という情報が寄せられ捜査した結果、石原容疑者の運転するトラックのタイヤの泥よけの一部に血痕がついており、事情を聴いたところ容疑を認めたということです。
調べに対して石原容疑者は、「何かものに乗り上げた」と話しているということで警察は当時の詳しい状況などについて調べています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1003856871.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市泉区で現金約14万円などが入った巾着袋をひったくったとして18歳少年を逮捕(21日)

神奈川・横浜市で、現金およそ14万円などが入った巾着袋をひったくったとして、18歳の少年が逮捕された。
窃盗の疑いで逮捕された18歳の少年は20日、横浜市泉区で、銀行から帰宅途中の女性(68)から、現金およそ14万円などが入った巾着袋をひったくった疑いが持たれている。
現場周辺では、若い男の犯行とみられるひったくり事件が4件起きていて、警察は余罪を追及することにしている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00219597.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小田急電鉄車掌:ロマンスカー内でわいせつ容疑、逮捕(21日)

回送中の小田急電鉄特急ロマンスカー内で女子高生にわいせつな行為をしたなどとして、神奈川県警少年捜査課などは21日、同社車掌の関根隆雄容疑者(33)=東京都練馬区下石神井1=を県青少年保護育成条例違反容疑などで逮捕した。

 逮捕容疑は昨年12月25日午後9時40分ごろ、新百合ケ丘-新宿間上り線を回送運転中のロマンスカーの客席で、相模原市の県立高1年の女子生徒(16)の下半身や胸を触り、同26日には同市のカラオケ店で、今年1月26日には東京都新宿区内のホテルでみだらな行為をしたとしている。

 県警によると、関根容疑者はカラオケ店とホテルでの容疑については認めているが、電車内での行為については「両肩を抱いたところまでは覚えているが、その後のことは覚えていない」と供述しているという。

 県警によると、関根容疑者は昨年12月、携帯電話の出会い系サイトで生徒と知り合った。同月25日に「内緒で回送に乗ってく?」とのメールを生徒に送信。停車した新百合ケ丘駅(川崎市麻生区)で客室に乗せた。関根容疑者は勤務中で、制服姿だったという。

 小田急電鉄によると、生徒が回送電車に乗り込むところを駅の係員が目撃して発覚。関根容疑者は「家出をしてきた未成年者を保護する目的だった」と説明していたという。同社は「事実関係を確認の上、厳正に対処いたします。お客様、関係者の皆様に対して、深くおわび申し上げます」とのコメントを出した。【一條優太、松倉佑輔】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120321k0000e040145000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

わいせつ被害、半数が未成年…スマホ使う手口も(21日)

兵庫県内で2011年に認知された性犯罪(強姦強制わいせつ)は386件に上り、5年ぶりに増加したことが県警のまとめで分かった。

スマートフォン(高機能携帯電話)を使って誘い出す手口もあり、県警は被害に遭わないよう防犯ブザーの準備などを呼びかけている。

 県警捜査1課によると、認知件数の内訳は、強姦が40件、強制わいせつが346件だった。

 強姦は10年比で9件減少し、過去10年で最少となった。一方、強制わいせつは同年比で45件増加した。

 強制わいせつの被害者は未成年がほぼ半数を占め、19~13歳が30・6%、12歳以下が19・3%。犯行場所は、神戸、阪神の両地区が67・4%で最多。犯行が最も多い時間帯は午後6時~午前2時で、56・2%だった。曜日は木~日曜日が多かった。同課は、都心部だが夜間は人通りがまばらな住宅地で被害に遭うケースが多いとみており、増えた原因の分析を進めている。

 犯行の手口は、1人で路上を歩いているところを狙うケースが目立つという。このほか、オートロック式のマンションに入る被害者の後を追い、ドアが閉まる直前に体を滑り込ませて中に入り、エレベーター内などで犯行に及んだり、スマートフォンの画面を子どもに見せ、「ゲームのアンケートに答えて」などと声をかけて人目のつかない場所に移動させ、体を触ったりするケースもあった。

 同課は、女性警官7人が性犯罪の被害相談に対応する「レディースサポートライン」(078・351・0110、平日午前9時~午後5時)を設置している。担当者は「普段の心がけで被害を減らせる。被害に遭っても一人で悩まず、相談してほしい」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国警察、息のある女子高生を「凍死」 業者が田に遺棄(21日)

中国東部の安徽省亳州で、暴漢に襲われて倒れていた女子高生を、警察が死んだ浮浪者と判断。生きたまま田んぼに捨てられる事件が起きた。中国では昨秋、ひき逃げされた女児が見捨てられたまま死亡する事件が起きており、再び大きな衝撃が走っている。

 女子高生が襲われたのは今月11日夜。地元メディアによると、学校で大学受験の模擬試験を受けた後、帰宅途中だった。12日夕、衣服が乱れ、血を流して溝に倒れている女子高生を村民が発見し、110番通報。女子高生は生きていたが、現場に来た警官は凍死した浮浪者と判断し、救急車も呼ばず、地元政府に「遺体運搬車で運ぶように」と連絡した。現場では「まだ息があるんじゃないか」という村民もいたという。

 その後、地元政府が手配した運搬車の運転手は女子高生を、10キロ弱離れた別の村の田んぼに捨てた。13日午前10時ごろ、村民が女子高生を見つけて救急車を呼んだ。村の警察の調べで後頭部を鈍器で殴られたことや、身元が判明。女子高生は倒れてから、気温が0度近くまで下がる屋外に計2日間も放置され、危険な状態が続いていたが、峠は越えたという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

放火の疑いで中3逮捕 現場周辺で過去に不審火(21日)

福岡県警小倉北署は21日までに、北九州市小倉北区下富野の民家倉庫に火を付けたとして現住建造物等放火の疑いで、同区に住む中学3年生の少年(15)を逮捕した。「間違いない」と容疑を認めているという。

 周辺では1月にも不審火が2件発生。1月21日未明の火災では、小倉北区下富野の民家が全焼し、焼け跡から住人の小川広勝さん=当時(71)=の遺体が見つかった。小倉北署は関連も調べる。

 逮捕容疑は昨年12月29日午後9時55分ごろ、小倉北区下富野の無職男性(90)方で倉庫に火を付け、壁など約1平方メートルを焼損したとしている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120321/crm12032111150001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

わいせつ容疑で車掌逮捕へ 回送特急内で女子高生に(21日)

昨年12月のクリスマスの夜、出会い系サイトで知り合った女子高生を回送の特急ロマンスカーに乗せてわいせつな行為をしたとして、神奈川県警が県青少年保護育成条例違反の疑いで小田急電鉄車掌の30代の男=東京都練馬区=の逮捕状を取ったことが20日、捜査関係者への取材で分かった。21日にも逮捕する方針。

 捜査関係者によると、男は昨年12月25日夜、車掌として乗車していた回送のロマンスカーが新百合ケ丘―新宿間を走行中、車内で当時15歳だった女子高生の胸や下半身を触った疑いが持たれている。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012032001001650.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜地裁が事件書類の紛失(21日)

横浜地方裁判所が被告人の供述などを録音したDVDから文書に書き起こしてもらうために委託業者に配送した際、DVDがなくなっていたことがわかりました。
なくなったのは、横浜地方裁判所で審議が行われた刑事事件の裁判で被告人の供述など法廷でのやりとりが録音されているDVDのほか、起訴状や検察側の冒頭陳述の写しなどの裁判資料です。
横浜地方裁判所では、業者に委託して録音したDVDから文書に書き起こしてもらっていますが、今月8日に職員がある刑事事件の裁判の内容を録音したDVDなどを入れた封筒を宅配便で送ったところ、翌日、業者から「袋は到着したが、中には何も入っていない」と連絡があったということです。裁判所によりますと、DVDなどを郵送したりする際はファスナー付きのナイロン製の袋に入れてファスナーを南京錠でとめていますが、業者が受け取った時は南京錠はかかっておらず、袋の口があいた状態だったということです。
裁判所は輸送中に何らかの理由で袋から落ちたと見て探していますが、これまでのところ見つかっていないということです。
横浜地方裁判所の倉吉敬所長は「このような事態が生じ、誠に遺憾だ。改めて施錠や情報の管理について職員への指導を徹底したい」としています。

News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/lnews/yokohama/1006613192.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

園児死亡 安全管理の経緯を捜査へ(21日)

19日、埼玉県東松山市で、工事の足場が倒れて下敷きになった保育園児1人が死亡し1人が大けがをした事故で、警察のこれまでの調べで、足場が建物と固定されていなかったことが分かっており、警察は、足場の組み立て作業の工程で安全管理に問題がなかったか、押収した書類を分析するなどして捜査を進めています。

この事故は、19日、埼玉県東松山市のマンションで、震災で壊れた外壁の修理工事のため設けられた高さ10メートルの鉄パイプで組んだ足場が倒れ、保育園児の北村波琉人くん(6)が死亡し、もう1人が大けがをしたものです。警察は、業務上過失致死傷の疑いで、20日、足場の組み立て作業を請け負った「両毛ビケ足場」の栃木県の本社と東松山市の営業所、それに実際に作業を行った東松山市の「アートステップ」の合わせて3か所を捜索し、書類などを押収しました。
警察のこれまでの調べで、建物に固定することが義務付けられている足場が、固定されていなかったことが分かっており、強風にあおられて倒れたとみています。足場の組み立て作業は、「両毛ビケ足場」が請け負い、東松山市の埼玉営業所と同じ建物にある関連会社の「アートステップ」の2人の作業員が行っていて、警察は、組み立て作業の工程で安全管理に問題がなかったか、押収した書類を分析するなどして捜査を進めています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120321/k10013856041000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新幹線線路の男性はねられ死亡…8万8千人影響(21日)

20日午後0時15分頃、静岡県沼津市根古屋の東海道新幹線で、線路内に立ち入った男性が、名古屋発東京行き「こだま644号」にはねられ死亡した。

 乗客約300人にけがはなかった。

 JR東海によると、事故の影響で、下りは東京―三島間、上りは新富士―新大阪間で運転を見合わせた。約1時間40分後に運転を再開したが、東京―新大阪間で「のぞみ」が上下計10本運休したほか、「のぞみ」や「ひかり」など114本に最大1時間52分の遅れが出て、約8万8000人に影響した。

 県警沼津署によると、男性は身長1メートル60で、赤いTシャツに黒い線の入った白いジャージー姿で、サンダル履きだった。財布や携帯電話などは持っていなかったという。同署で男性の身元確認を進めている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチスロに別のコイン投入 窃盗未遂容疑で県立高教諭逮捕 静岡(21日)

静岡県警袋井署は20日、窃盗未遂の疑いで、静岡県袋井市山名町、県立袋井高校教諭、原田佳彦容疑者(42)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は20日午後6時10分ごろ、袋井市川井のパチンコ店で、1枚20円のコインで利用できるスロット台に、1枚5円の別のコインを入れて不正にコインを盗もうとした疑い。男性店員が目撃し110番通報した。

 同署によると、原田容疑者は「少しでも金を稼ぎたかった」と供述、容疑を認めている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120320/crm12032022350006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月20日 | トップページ | 2012年3月22日 »