« 国交省職員、痴漢容疑で逮捕 (10日) | トップページ | ひどい雨ですね、ひどいことをするけど…と強盗(10日) »

2012年3月10日 (土)

東日本大震災から11日で1年 依然478人の遺体の身元判明せず DNA鑑定で特定ケース増加(10日)

東日本大震災から11日で1年。犠牲者のうち、依然478人の遺体の身元が確認されていない一方、DNA鑑定を活用して、身元が特定されるケースが増えていることがわかった。
警察庁によると、9日時点での震災による死者数は岩手県で4,671人、宮城県で9,512人、福島県で1,605人など、あわせて1万5,854人となっている。
また行方不明者は、岩手県で1,261人、宮城県で1,688人、福島県で214人など、あわせて3,167人。
一方、警察庁のまとめでは、2月末時点で震災で亡くなった死者のうち、65歳以上がおよそ56%を占め、遺体の検視の結果、死因の9割以上が溺死だった。
また、478人は以前として身元が判明していない。
遺体の身元確認をめぐっては、震災後の半年以降、DNA鑑定を活用するケースが増え、全体の8割以上にのぼっていて、DNA鑑定への依存度が高まっている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

« 国交省職員、痴漢容疑で逮捕 (10日) | トップページ | ひどい雨ですね、ひどいことをするけど…と強盗(10日) »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災から11日で1年 依然478人の遺体の身元判明せず DNA鑑定で特定ケース増加(10日):

« 国交省職員、痴漢容疑で逮捕 (10日) | トップページ | ひどい雨ですね、ひどいことをするけど…と強盗(10日) »