« コンビニ強盗の“一部始終” 警視庁が映像公開(28日) | トップページ | 警察官発砲付審判 市民の判断は「正当な発砲」 奈良地裁が無罪判決で(29日) »

2012年2月29日 (水)

「合法」ハーブなどから麻薬成分  都、所持の申し出を呼びかけ(29日)

東京都は28日、都内で“合法”のハーブなどの名目で販売されている製品6種類から、AMTやメチロンと呼ばれる麻薬成分を検出したと発表した。これらは麻薬取締法で所持などが禁じられており、同法で7年以下の懲役などの罰則が設けられている。

 都福祉保健局によると製品は液体や粉末で、「GT Mebius」「GT 666 COCA」「TRINITY」などの名称で販売。販売業者は捜査中として明らかにしていない。

 同局では所持している場合は3月23日までに、都道府県の麻薬担当部署に申し出て、所有権放棄などの手続きを取るように呼びかけている。都の連絡先は03・5320・4505。

 これとは別に、同局が都内の販売店などから試験的に購入した製品のうち、11製品から麻薬や大麻、覚醒剤に類似し、薬事法で医療目的など以外での販売が禁じられている「指定薬物」が検出された。都では販売業者に、販売中止と自主回収を指示した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120228/crm12022823470028-n1.htm

 

« コンビニ強盗の“一部始終” 警視庁が映像公開(28日) | トップページ | 警察官発砲付審判 市民の判断は「正当な発砲」 奈良地裁が無罪判決で(29日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54102519

この記事へのトラックバック一覧です: 「合法」ハーブなどから麻薬成分  都、所持の申し出を呼びかけ(29日):

« コンビニ強盗の“一部始終” 警視庁が映像公開(28日) | トップページ | 警察官発砲付審判 市民の判断は「正当な発砲」 奈良地裁が無罪判決で(29日) »