« だまされない自信あった…振り込め被害者の8割(6日) | トップページ | 全焼の乗用車内に遺体 山梨 車内から練炭(6日) »

2012年2月 6日 (月)

「拉致解決なければ永久に日朝間の懸念」 (6日)

松原拉致問題担当大臣は、大阪市内での拉致被害者救出の集会で「拉致問題は決して風化せず、解決しなければ永久に日朝間の懸念となる」と述べ、北朝鮮側に被害者の早期帰国を求めました。

 「(拉致被害者救出を)30年以上もどうにもできない国、どうなっているんだ」(有本恵子さんの母 嘉代子さん)

 「(北朝鮮が)拉致被害者の帰国を実現しないなら、永久に日朝両国の大きな懸念として残るだろう」(松原仁 拉致問題相)

 松原大臣は「拉致問題は50年経っても風化せず、解決しなければ永久に残ると北朝鮮側に伝えたい」と述べ、橋下大阪市長も「拉致被害者救出への国家の意思をもっとはっきり示すべきだ」と述べました。

 集会に先立ち、松原大臣は非公開の人を含めた大阪に関係する特定失踪者68人の名簿を松井知事らに手渡し、さらなる取り組みを求めました。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4945096.html

Logo1

 

« だまされない自信あった…振り込め被害者の8割(6日) | トップページ | 全焼の乗用車内に遺体 山梨 車内から練炭(6日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/53914333

この記事へのトラックバック一覧です: 「拉致解決なければ永久に日朝間の懸念」 (6日):

« だまされない自信あった…振り込め被害者の8割(6日) | トップページ | 全焼の乗用車内に遺体 山梨 車内から練炭(6日) »