« 高齢者マンションで男女2人死亡 神戸(23日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2012年2月23日 (木)

生活保護費200万円詐取の疑い(23日)

風俗店を経営する男が、収入があるにもかかわらず、「病気で働くことができない」と偽って生活保護費200万円余りを不正に受け取っていたとして、埼玉県警察本部に詐欺の疑いで逮捕されました。
男は容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、東京・荒川区の風俗店経営、金子悟志容疑者(47)です。
警察の調べによりますと、金子容疑者はおととし12月、経営する風俗店からの収入があるにもかかわらず、「病気で働くことができない」と偽って荒川区に生活保護を申請し、1年間にわたって200万円余りの生活保護費を不正に受け取っていたとして詐欺の疑いがもたれています。
金子容疑者は偽装結婚を仲介したとして別の事件で起訴されていて、警察が調べたところ、内縁の妻の自宅から金子容疑者の収入とみられる現金1000万円と3000万円の残高がある通帳が見つかったということです。
調べに対して金子容疑者は「当時は体の具合が悪くて働くことができず、申請した内容は正しかった」と容疑を否認しているということです。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120223/k10013235741000.html News_pic1_2

 

« 高齢者マンションで男女2人死亡 神戸(23日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54055337

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護費200万円詐取の疑い(23日):

« 高齢者マンションで男女2人死亡 神戸(23日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »