« 「標的型メール」摘発可能に 不正アクセス禁止法の改正案を閣議決定(21日) | トップページ | コンビニに強盗、7万5千円奪い逃走 愛知・一宮(21日) »

2012年2月21日 (火)

火炎瓶投げる計画「現場で聞いた」 平田容疑者供述(21日)

1995年3月にオウム真理教施設に火炎瓶が投げつけられた事件で、教団元幹部の平田信(まこと)容疑者(46)が警視庁の調べに「火炎瓶を投げることを(教団元幹部の)井上嘉浩死刑囚(42)から現場で聞かされた」と供述していることが20日、捜査関係者への取材でわかった。ただ、平田容疑者は供述調書に署名することは拒否しているという。

 公安部によると、平田容疑者は井上死刑囚らと共謀し同月19日夜、東京都杉並区の宗教学者の元自宅マンション玄関前に時限式爆発物を仕掛けて爆破。同区のアジトに戻った後、港区の教団東京総本部ビル(当時)に火炎瓶を投げつけた疑いがある。

 捜査関係者によると、平田容疑者は火炎瓶事件の際、井上死刑囚とは別の車で現場に同行。「現場で井上死刑囚から地図を見せられて『ここに立っていろ』と指示された。(実行役が)火炎瓶を投げて逃げてくるから、追いかけてくる者がいたら妨害しろと言われた」と現場での共謀を認める供述をしている。一方、アジトでの事前謀議には出ていないとしているという。

 また、マンション爆破事件については「爆発物とは知らなかった」と否認しているという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 「標的型メール」摘発可能に 不正アクセス禁止法の改正案を閣議決定(21日) | トップページ | コンビニに強盗、7万5千円奪い逃走 愛知・一宮(21日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54038207

この記事へのトラックバック一覧です: 火炎瓶投げる計画「現場で聞いた」 平田容疑者供述(21日):

« 「標的型メール」摘発可能に 不正アクセス禁止法の改正案を閣議決定(21日) | トップページ | コンビニに強盗、7万5千円奪い逃走 愛知・一宮(21日) »