« 東京 ビル街のコンビニに強盗(6日) | トップページ | 警察官が出向 “被災地のために”(6日) »

2012年2月 6日 (月)

「自転車ナビマーク」設置開始、警視庁(6日)

自転車のマナー向上を目指して、警視庁は、自転車が車道の左側を走るように促す「自転車ナビマーク」の設置を始めました。

 車道に描かれた「自転車ナビマーク」。警視庁が進める「自転車総合対策」の一環として、6日、東京・江戸川区の車道に設置されました。

 このマークでは、自転車が車道の左側を走るよう促すため、自転車の通行可能ゾーンと進行方向を示しています。

 「ここは特に歩道が狭いので、(自転車ナビマークが)ついているなら車道の方が走りやすい」(付近の住民)

 警視庁は今後、都内に400か所以上、この自転車ナビマークを設置する予定で、逆走自転車による事故や歩道での暴走行為を食い止めたいとしています。

 また、警視庁は、JR中野駅前など110か所を「自転車対策重点地区」に指定し、今後、自転車の違法走行について取り締まりを強化する方針です

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4945803.html

 

« 東京 ビル街のコンビニに強盗(6日) | トップページ | 警察官が出向 “被災地のために”(6日) »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自転車ナビマーク」設置開始、警視庁(6日):

« 東京 ビル街のコンビニに強盗(6日) | トップページ | 警察官が出向 “被災地のために”(6日) »