« 「友達を紹介しろ」と次々恐喝 自称組幹部を逮捕(18日) | トップページ | ランドセル盗んで古物店に、ネット出品でアシ(18日) »

2012年2月18日 (土)

救急車搬送で一命とりとめ…消防局に1億円寄付(18日)

昨年2月に死亡した兵庫県西宮市の70歳代の男性の遺族から、同市消防局宛てに1億円の寄付があったことがわかった。

男性は死の1年前、救急車で病院に運ばれて命を救われたことに感謝し、「消防や救急車両整備のために役立ててほしい」と遺言書に記していたという。同局はこの1億円を新年度一般会計予算に組み込み、消防車両やAED(自動体外式除細動器)の購入に充てる。

 同局によると、男性は2010年2月に心筋梗塞で倒れた際、市消防局の救急車で病院に搬送され、助かっていた。男性の死後の昨年11月、長男が市役所を訪れ、「お世話になりました」と礼を述べた上で、男性の遺言書に基づき、匿名で1億円の寄付を申し出た。

 同局の

眞武

(

またけ

)

繁俊・企画課長は「消防局に個人からこれだけ多額の寄付がされたのは初めてだろう。感謝され、消防職員たちの励みにもなる」と話していた。

 

« 「友達を紹介しろ」と次々恐喝 自称組幹部を逮捕(18日) | トップページ | ランドセル盗んで古物店に、ネット出品でアシ(18日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救急車搬送で一命とりとめ…消防局に1億円寄付(18日):

« 「友達を紹介しろ」と次々恐喝 自称組幹部を逮捕(18日) | トップページ | ランドセル盗んで古物店に、ネット出品でアシ(18日) »