« ゲート・レインボー両ブリッジ、凍結で通行止め(19日) | トップページ | 71歳男性、2台にひかれ死亡…最初の車逃走(19日) »

2012年2月19日 (日)

ハッカー日本一目指し暗号解読、コンテスト開幕(19日)

ハッカー日本一を目指し、コンピューターへの不正アクセスを防ぐ知識や技術を競うコンテスト「CTF」が18日、福岡県飯塚市の九州工業大情報工学部で始まった。

県内外から7チーム計31人が参加し、19日まで、暗号解読などに挑戦する。

 CTFは「キャプチャー・ザ・フラッグ(旗取りゲーム)」の意味。海外では若手技術者発掘のため、盛んに実施されている。日本ではコンピューター技術などに精通した人物を指す「ハッカー」が、不正行為をする人と誤解され、ほとんど開かれていない。

 大会実行委によると、今後、国内各地でCTFを開き、上位者が競う全国大会を2年以内に開く予定。「全国大会開催を視野に入れたCTFは国内初」としている。同大3年中園亜由美さん(21)は「高度な知識や技術の習得につながる。大会を通じ、ハッキングへの負のイメージも払拭できるはず」と話していた。

 

« ゲート・レインボー両ブリッジ、凍結で通行止め(19日) | トップページ | 71歳男性、2台にひかれ死亡…最初の車逃走(19日) »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/54018938

この記事へのトラックバック一覧です: ハッカー日本一目指し暗号解読、コンテスト開幕(19日):

« ゲート・レインボー両ブリッジ、凍結で通行止め(19日) | トップページ | 71歳男性、2台にひかれ死亡…最初の車逃走(19日) »