« 2012年2月23日 | トップページ | 2012年2月25日 »

2012年2月24日

2012年2月24日 (金)

NHKディレクター、自宅から違法薬物(24日)

 NHK編成局の男性ディレクター(46)の東京都内の自宅マンションから今月15日、違法薬物が発見されていたことが警視庁渋谷署幹部への取材でわかった。

ディレクターはハワイで身柄拘束されており、警視庁は捜査員を現地に派遣し、麻薬及び向精神薬取締法違反(所持)容疑で逮捕する。

 同署幹部やNHKによると、ディレクターは今月10日を最後に出勤せず、連絡が取れなかったため、上司が署員と一緒に自宅を訪れたところ、室内から薬物が見つかった。同署で鑑定した結果、違法薬物と確認されたという。

 ディレクターはこの間、ハワイに渡航し、現地で禁止された麻薬を所持したとして拘束され、国外退去処分を受けていた。警視庁は現地で身柄の引き渡しを受け、25日に国内に移送する。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

わいせつDVD3万枚押収 16歳少年らを逮捕(24日)

店の倉庫からは、わいせつなDVDが3万枚押収されました。

 わいせつDVD店の店長・佐久間稔容疑者(54)と16歳の無職の少年は22日、東京・歌舞伎町の店で、客にわいせつなDVD、約10枚を販売した疑いが持たれています。警視庁によりますと、佐久間容疑者らの店は2008年から営業を始め、これまでに約2億円を売り上げたとみられています。16歳の少年は家出中で、店員をしながら店に寝泊まりし、一日に約1万4000円を得ていました。取り調べに対し、「たくさん金ももらえるし、いいところだった」と話しています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城・龍ケ崎市タクシー強盗事件 茨城県警、犯行の様子をとらえた防犯カメラ映像公開(24日)

Sn2012022414_531

13日に起きたタクシー強盗の犯行の様子をとらえた防犯カメラの映像を、茨城県警が公開した。
13日未明に東京・杉並区内から乗車した男は、茨城・龍ケ崎市の路上で車を止めさせると、運転手にカッターナイフのようなものを突きつけて、売上金およそ7万円と運転手の携帯電話を奪い、運転手を車から降ろしてタクシーごと逃走した。
タクシーはその後、現場から500メートルほど離れた路上に乗り捨てられているのが見つかった。
運転手の話によると、男は40~50歳くらい、身長170cmくらいだったということで、警察が行方を追っている

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00217949.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日単位・レベル)

極左政権sign02

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

Titole1

 本日の1枚の写真は佐賀県警のキャラクターマスコット「ごろうくん」です。愛嬌のある「ムツゴロウ」をモチーフにしたもので、警察官の制服を着用した白い「ムツゴロウ」により、親しみやすさを強調したうえで正義や明るさを表現しているそうです。

2006_0810_004208nisho

民主党政調会長が産経新聞記者を公の記者会見から閉め出したという。これって、意にそぐわない者は抹殺するという過激派の精神に似てはいまいか?

 昭和46年から47年にかけて群馬県の山中を中心に土中に埋められた死体が次々に発見された。その数は12体にものぼった。連合赤軍のリンチ殺人事件である。軍の中央執行委員会の委員長と副委員長の命令で気に入らない者を規律違反、日和見などの理由で次々に粛清したのである。

 さらに過激派の事件では革マル派対中核派の殺戮事件-革マル派の党派闘争理論に「暴力の一方的行使」の容認があるらしい。つまり意に反する者などに対しては力を持って対処するのが過激派だ。その血筋の流れが現政権には散見される。

 こんな事は初めてではない。自衛隊祭事の一般招待者の挨拶を事前検閲しようとしたり、小沢問題では起訴相当の判断を下した検察審査会に威圧の電話をかけたり、自党に批判的なマスコミ報道は役人が発表しているとものと信じ込み、議員連盟までつくり潰そうと画策するなど北朝鮮なみの〝独裁政治〟手法をチラチラさせている。

 さらに政調会長の記者会見は新聞や放送協会加盟社だけでなく、名刺も出させないという全くの「フリー」記者も入れるらしい。「前進」や「解放」などの機関紙も入っているのでは?公安は徹底マークを…

 さらに隠蔽体質ばかりか、原発事故調査委員会の委員に原発相が接触していたという。法的には利害関係者の接触を禁じているはずだ。日本は恐ろしい方向に向かっていることを国民はしっかりと認識するべきである。

 首都東京の体感治安は報道等を勘案し「レベル2(ブルー)」に戻す。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

麻薬所持の疑い、NHK職員逮捕へ(24日)

NHK職員を麻薬取締法違反の疑いで警視庁が逮捕の方針です。

 このNHK職員は編成局ソフト開発センターの46歳のディレクターで、今月、ハワイのホノルルに入国しようとしたところ、違法薬物を所持していたとして現地の当局に身柄拘束されたということです。この男は、東京の自宅に麻薬を隠し持っていた疑いで、すでに警視庁が捜査を進めています。

 警視庁は24日夜、ハワイに捜査員を派遣するとともに、男が帰国し次第、麻薬取締法違反の疑いで逮捕する方針です。ディレクターの身柄拘束についてNHKは、「現在、事実確認中」とコメントしています

Logo1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大分女児死体遺棄、死亡経緯解明できず(24日)

大分県日出町の女児死体遺棄事件で、江本琴音ちゃんの遺体を遺棄した罪で母親が24日、起訴されました。一方で、琴音ちゃんが死亡した経緯については解明できないまま捜査は終結しました。

 死体遺棄の罪で起訴されたのは、大分県日出町の無職・江本優子被告(35)です。江本被告は去年9月13日ごろ、日出町の雑木林に長女の琴音ちゃんの遺体を遺棄した罪に問われています。

 江本被告は死体遺棄の容疑について認めていて、「琴音ちゃんは自宅で毛布をかぶった状態で死んでいた。私は殺していない」と供述しているということです。

 警察では、発見された遺体の鑑定を進めてきましたが、骨がごく少数であることなどから死因の特定には至らず、琴音ちゃんが死亡した経緯を解明できないまま捜査は終結しました。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4960887.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

三角関係にあった女性に立て続けに脅迫状送りつける 大阪・堺市の中学教師の女逮捕(24日)

大阪・堺市の27歳の教師の女が、三角関係にあった女性に対し、立て続けに脅迫状を送りつけて逮捕された。
脅迫の疑いで逮捕されたのは、大阪・堺市の中学校教師・小西 舞容疑者(27)。
小西容疑者は、交際していた男性をめぐって、「5階から飛び降りろ、消えてくれる」と、20代の女性に角ばった文字で筆跡を変えるなど、偽装工作を施した脅迫文を郵送した。
さらに、「リストカットしたら」などの内容の手紙を、2月6日から16日の間に4回にわたって匿名で送りつけた疑いが持たれている。
警察によると、小西容疑者は、被害者の女性とその交際相手の20代男性と三角関係にあり、被害者の女性は、男性と2年前から交際。
小西容疑者も、その間に同じ男性と交際していたが、2011年8月ごろに破局したという。
警察の取り調べに、「2人で仲良くしている姿を見かけて、むかついた」と供述している小西容疑者。
被害女性から相談を受けた警察は、内偵捜査で小西容疑者を割り出し、4通目の脅迫文をポストに投函(とうかん)しているところを警戒していた署員が見つけた。
小西容疑者は、中学では英語を教えていて、3年生のクラスを担任していた。
生徒は、「第一印象は、とにかく優しそうで、いつもにこにこしていて。(生徒に人気は?)結構ある」、「すごくいい先生なんですよ。進路のこともよく考えてくれて、いい先生でした。僕たち2年生のとき担任で、優しくしてくれて」などと話した。
テニス部では顧問を務め、熱心な指導ぶりに加え、まじめで明るく、生徒や保護者からの信頼も厚かったという。
中学の校長は、今回の逮捕を受け、「恋愛問題などについては、一切把握していなかった。こうなる前に気づいてあげられず、残念です」と話した。
小西容疑者は容疑について、「間違いありません」と認めたうえで、動機について「2人の幸せをぶち壊したかった」と供述している。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00217936.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

人口比・空き巣被害全国1、手口を調べてみれば(24日)

 茨城県内で昨年1年間に起きた空き巣の件数が1974件に上り、人口10万人当たりに換算すると66・5件と全国ワースト1位を記録したことが、県警のまとめでわかった。

 被害に遭った住宅の約4割は玄関や窓の鍵をかけていなかった。

 県警生活安全総務課は「戸締まりをきちんとすれば防げたケースが多い。大切な財産を守るため、確実に施錠するよう心がけてほしい」と注意を呼びかけている。

 県警のまとめによると、昨年の空き巣の件数は前年より101件少なく、2002年の4110件から半減した。人口10万人当たりの件数も減少傾向にあるが、全国平均の36・5件を大幅に上回り、前年の全国ワースト3位から1位に転落した。ワースト2位以下は福岡県(63・7件)、愛知県(63・6件)と続く。

 空き巣被害の割合が高いのは、無施錠の住宅が多いのが要因に挙げられる。

 昨年の場合、空き巣件数の42・6%を占める841件で戸締まりをしていなかったという。

 地域別で見ると、「鹿行」が54・2%、「県西」が51・2%、「県南」が45・8%、「県北」が37・0%、「県央」が36・3%で、いずれも全国平均の35・6%を上回った。

 阿見町や美浦村で空き巣を繰り返したとして窃盗罪などで公判中の住所不定、無職の男(21)は、深夜に自動車で住宅街を訪れ、1軒ずつ回っては玄関のドアノブを回したり窓の鍵を確認したりして、無施錠の民家に忍び込んでいた。

 4件の空き巣だけで現金計約210万円のほか、腕時計やネックレスなど(計約147万円相当)を荒稼ぎしており、被害者のなかには、夜中に小さな物音がしただけでも不安になる人や、「戸締まりをしなかったから被害に遭った」と自責の念に駆られて自殺した人もいたという。

 空き巣に遭った住民は、県警の調べに「近くに出かけてすぐ戻るつもりだったので大丈夫と思った」「鍵を掛け忘れた」などと話すという。県警はショッピングセンターなどでポスターを掲示したり、チラシを配布したりして防犯を呼びかけているほか、防犯ボランティアが戸別訪問して施錠を促している。

 同課の宍戸一也総括理事官は「少し家を空けるときでも鍵を掛けたり、念入りに施錠を確認したりすることを習慣づけてほしい」と話している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

内閣府審議官、法案資料盗まれる 電車網棚から(24日)

 内閣府官房審議官の男性(54)が1月、電車で帰宅途中に、法案資料が入ったカバンを盗まれていたことが警視庁府中署への取材で分かった。同署は窃盗事件として調べている。

 同署によると、審議官は1月25日午後11時ごろ、京王線新宿駅から電車に乗り、座席に座っていたところ、網棚の上に置いていたカバンを盗まれた。本を読んでいて気づかなかったという。審議官は同署に被害届を提出。資料には法案に関する過去のデータなどが記載されていたという。

関連記事

記事本文の続き 審議官は「カバンをひざの上に置くなど身の回りのものについていっそう注意したい」と話している。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小学校3校で窓ガラス割られる 校庭に「死ね」の文字 (24日)

愛知県春日井市で24日朝、小学校3校の窓ガラスが割られているのが相次いで見つかり、春日井署は器物損壊などの疑いで調べている。

 午前6時45分ごろ、同市六軒屋町西1丁目の市立丸田小学校で、校庭に「死ね」と白線を引く用具で落書きされているのを出勤した教員が発見し同署に通報。調べたところ、体育器具庫の窓ガラス1枚が割られ、中にあった金属バット2本が盗まれていた。

 午前7時50分ごろには約1キロ南の春見町の市立八幡小でも理科室などの窓ガラス計9枚が割られているのが見つかり、午前8時20分ごろ、さらに約1キロ離れた月見町の市立鳥居松小でも理科室の窓ガラス1枚が割られているのが見つかった。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120224/crm12022415100014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

下痢したが回復 ユッケ新基準違反で初摘発 道警、焼き肉店長を書類送検(24日)

北海道警は24日、衛生基準を満たさないユッケを提供したとして、食品衛生法違反容疑で札幌市東区の焼き肉店の男性店長(58)を書類送検した。道警によると、富山県などで起きた焼き肉店での集団食中毒事件を受け、導入した新基準で全国初の摘発。

 送検容疑は1月、自分の店で専用の包丁やまな板などを使わずに加工、調理したユッケ約60グラムを客の男女2人に提供した疑い。2人は下痢などの症状を訴えたが、回復した。

 店長は容疑を認め「ユッケは客が楽しみにしていた。新基準は分かっていたが、肉の取り扱いには自信があった」と供述したという。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120224/crm12022416590017-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:現金「受け子」役、少年ら3人逮捕 詐欺容疑で県警 /千葉(24日)

被害者から直接現金を受け取る手渡し方式の振り込め詐欺事件で、現金を取りに行く「受け子」役をしたとして、県警捜査2課は23日、千葉市中央区のアルバイトの少年(19)▽市原市の無職少年(19)▽同市の飲食店従業員の少女(17)--の3人を詐欺容疑で逮捕・送検したと発表した。

 容疑は、3人は共謀し昨年8月31日午後3時10分ごろ、事前に別の男が息子を装って「ホステスを妊娠させ、慰謝料と堕胎費用280万円を消費者金融から借りた。返済金の残り分を業者が受け取りに行く」などと電話しておいた八千代市の無職男性(73)方を訪問、現金150万円をだまし取ったとしている。

 県警によると、市原市の少年が男性方まで車を運転、千葉市の少年が金融業者を装い現金を受け取ったという。少女は見張りをしていたとみられる。少年2人は容疑を認めているが、少女は「一緒に行っただけ」と容疑を一部否認している。

 少年2人は中学時代の同級生で、少女は市原市の少年の交際相手。昨年夏には今回の現場を含む国道16号沿いの地域で、妊娠堕胎名目の詐欺事件が数十件発生している。県警は余罪も追及し、グループの指示役などについても捜査を進める方針。【中西啓介】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20120224ddlk12040172000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大生、2人組に襲われバッグ奪われる(24日)

24日午前1時45分頃、横浜市戸塚区舞岡町の歩道で、徒歩で帰宅していた同区の大学2年の女性(20)が後ろから来た2人組の男に首を絞められて倒された上、現金約8万3000円が入ったハンドバッグを奪われた。

 女性にけがはなかった。戸塚署は強盗事件として捜査している。

 発表によると、2人はいずれも20歳前後だったという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

米、山口組幹部の資産凍結 「ヤクザ」不法行為に制裁(24日)

米財務省は23日、国境を越えた重大な犯罪に関わっているとして、指定暴力団山口組と、山口組の幹部2人の米国内の資産を凍結し、米国人との取引を禁止すると発表した。国際的な犯罪組織に対する米政府の経済制裁の第1弾となる。

 幹部2人は、篠田建市(通称・司忍)山口組組長とナンバー2の高山清司被告。財務省は山口組を「ヤクザ(または暴力団・極道)」とローマ字で表現し、麻薬流通や人身売買、資金洗浄などに関わっていると指摘。「不法行為で年数十億ドルを稼いでいるとみられる」と非難した。

 オバマ大統領は昨年7月、国際的な犯罪組織に経済制裁を科す大統領令を出した。その際、日本の「ヤクザ」、南イタリアの「カモッラ」、メキシコの麻薬組織、旧ソ連圏を本拠とするグループの四つの犯罪組織を名指ししていた。今回は旧ソ連圏のグループの7人も制裁の対象となった。(ワシントン)

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺容疑でオウム元信者の斎藤被告を追送検へ 偽名保険証で医療機関を受診(24日)

オウム真理教の元幹部、平田信(まこと)被告(46)=爆発物取締罰則違反などの罪で起訴=をかくまった犯人蔵匿の罪などで起訴された元信者、斎藤明美被告(49)が、偽名を使って入手した健康保険証で通院したなどとして、警視庁は詐欺の疑いで、斎藤被告を24日に追送検する方針を固めたことが捜査関係者への取材で分かった。調べに対し、斎藤被告は送検容疑を認めているという。

 警視庁の調べでは、斎藤被告は特別手配されていた平田被告をかくまう一方、「吉川祥子」の偽名で大阪府東大阪市の整体院に就職。平成12年、同院を運営する法人を通じて、同じ偽名の保険証を入手し、複数の医療機関で治療を受け、医療費の支払いを免れた疑いなどが持たれている。

 整体院側は、斎藤被告の偽名の履歴書を信用し、住民票などで本人を確認する作業はしていなかった。旧社会保険事務所(現全国健康保険協会)への保険証申請手続きの際も、氏名や住所、生年月日などの記入が必要だが、住民票などの添付は不要で、保険証は申請通りに発行されていた。

 斎藤被告の弁護人によると、斎藤被告は保険証を使い、銀行の口座を開設したほか、レンタルビデオ店の会員証を入手していた。保険証入手の経緯について「もらえちゃったんです」と自身も意外だったと説明。「これで東大阪市にしばらく住めると思った」とも話し、逃亡生活の展望が開けるきっかけだったことを明かしていた。

 

続きを読む "詐欺容疑でオウム元信者の斎藤被告を追送検へ 偽名保険証で医療機関を受診(24日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

遺体は愛知の不明女性会社員 DNA鑑定などで判明(24日)

岐阜県御嵩町の山林で21日に女性の遺体が見つかった事件で、岐阜県警は24日、DNA鑑定などの結果、遺体を昨年11月から行方不明になっている愛知県東海市名和町の会社員、相川比奈江さん(48)と確認した。

 関係者によると、相川さんは約1年前から東海市の産業資材の販売会社で営業担当として勤務。昨年11月7日午後、「岐阜に行ってくる」と営業車で出掛けたまま連絡が取れなくなっており、夫が翌8日に愛知県警東海署に捜索願を出していた。

 捜査関係者によると、名古屋市中村区で見つかった相川さんの車はカーナビが壊され、車内に消火剤がまかれていた。岐阜、愛知両県警はカーナビに記録されている履歴や指紋などの証拠を隠滅しようとした疑いもあるとみて調べている。

 これまでに三重県桑名市で身分証明書、岐阜県海津市で所持品が発見された。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120224/crm12022411190004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

母子死亡 市が情報共有の態勢検討(24日)

東京・立川市のマンションの1室で、母親と4歳の息子とみられる親子の遺体が見つかったことを受けて、立川市は、母子家庭や障害がある子どもがいる家庭などを対象に地域から孤立していないかどうか、情報を共有する態勢作りを検討することになりました。

今月13日、東京・立川市の中心部にあるマンションの1室で、45歳の母親と4歳の息子とみられる親子が、死後1か月から2か月ほどたった遺体で見つかりました。母親はくも膜下出血で急死したとみられ、障害がある男の子は1人で食事をすることができず、体重が9キロほどで衰弱死したとみられています。
親子のマンションには、立川市から委託された社会福祉法人の事業所が、去年6月から毎月1回、男の子のおむつを届けるために訪れ、母親に会っていました。12月までは特に異常はなかったということですが、先月中旬にはインターフォンを押しても応答がなく、母親の携帯電話も電源が切れた状態でつながらなかったということです。事業所から連絡を受けて、立川市のケースワーカーも先月下旬にマンションを訪れましたが、やはり連絡が取れず異常に気づくことはありませんでした。
これを受けて、立川市は23日、緊急に対策を協議し、今後、母子家庭や障害がある子どもがいる家庭、それに市内に転入してきたばかりの家庭などを対象に、地域から孤立していないかどうか、市や児童相談所、警察などと連携して情報を共有する態勢作りを検討することになりました。立川市は、24日から今回の対応を検証する会議を開き、来月上旬までに中間報告をまとめる予定です。立川市子育て推進課の鈴木伸和課長は、「今回は親子が孤立してしまう前に、どういうリスクがあるかをしっかり見極めることができなかった。悲しい事件が起きないよう、そのための態勢を一刻も早く作りたい」と話しています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜・女性死体:乗り捨てられた車内に消火剤まく(24日)

岐阜県御嵩町で21日、愛知県東海市の女性会社員(48)の可能性がある一部白骨遺体が見つかった事件で、名古屋市内の路上に乗り捨てられていた女性の車内に消火器の消火剤がまかれ、カーナビが壊れていたことが捜査関係者への取材で分かった。愛知、岐阜両県警は女性が事件に巻き込まれ、証拠隠滅目的で車内を荒らされた可能性があるとみて調べている。

 関係者によると、女性は1年ほど前から東海市内の会社に営業担当として勤務。昨年11月7日に「岐阜に行ってくる」と会社から車で出たまま連絡が取れなくなり、翌8日に夫が警察に捜索願を出した。7日夜には車が名古屋市で、女性の健康保険証などが三重県桑名市の路上で見つかった。その後、女性の携帯電話も岐阜県内で見つかった。【沢田勇】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120224k0000m040122000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

地下組織元隊員「警部銃撃に失敗」…白鳥事件(24日)

 1952年(昭和27年)に札幌市警の警備課長だった白鳥一雄警部(当時36歳)が同市内の路上で射殺された「白鳥事件」で、当時の日本共産党札幌地区委員会の地下軍事組織だった「中核自衛隊」の元隊員が読売新聞の取材に応じ、事件数日前に白鳥警部を銃撃しようとして失敗していたと証言した。

元隊員は事件前後の状況について手記を執筆しており、近く公表する。

 この元隊員は57年に殺人ほう助などの罪で執行猶予付き有罪判決を受けた同市在住の高安知彦さん(81)。当時は北海道大生で、同隊の隊員だった。

 高安さんによると、52年1月、同委員会幹部が同隊に警部暗殺に向けた「行動開始」を指示。高安さんは警部の出勤時間や帰宅経路などを突き止めた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子学生遺棄事件、報奨金をもう1年延長 島根(24日)

島根県浜田市の県立大1年生だった平岡都(みやこ)さん(当時19)が2009年11月、広島県北広島町の臥竜(がりゅう)山で遺体で見つかった事件で、警察庁は25日で切れる捜査特別報奨金制度(有力情報提供者に300万円の懸賞金)の適用を1年間延長することを決めた。

 島根、広島両県警の合同捜査本部によると、延長は10年2月26日に制度を適用して以来、2回目。今年1月末までに約2200件の情報が寄せられたが有力なものはないという。

 捜査本部は今回、遺体に付いていたポリ袋片と同種の袋の写真を載せたチラシ4万枚とポスター1万枚を新たに作り情報を求めている。情報は捜査本部フリーダイヤル(0120・385・301)へ。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【前原氏本紙を排除】「これはペンの暴力」 他社も抗議(24日)

民主党の前原誠司政調会長が23日、定例の記者会見で本紙記者を排除した。前原氏の言動を「言うだけ番長」と表現した本紙報道は「ペンの暴力」だと主張している。しかし、次期首相候補にも数えられる政治家のこの日の行動は、常軌を逸していると言わざるを得ない。

 23日昼、本紙記者は人事異動のあいさつをしようと、前原氏と国会内で接触した。すると前原氏は「君に話があるんだ」と話し、記者を衆院議員会館の自室に連れて行った。

 「ことあるごとに『言うだけ番長』と書くのはなぜか。(本社の)会長の名前で正式に文書で回答してほしい。それがなければ今後、産経には政策調査会の取材を認めない」

 前原氏は記者にこう通告した。その上で「記事を読むだけで暗い気分になる。これは子供のいじめやペンの暴力の次元だ。回答が来るまでは記者会見も取材も認めない」と語った。

 記者は事情を政治部上司に報告。前原氏に再度接触し、どういう内容の回答を求めるのか、文書で提示するよう求めた。この時、前原氏は「考える」と述べるにとどめていた。

(次ページ)北海道新聞記者にも「あなたは出入り禁止だ」

 

続きを読む "【前原氏本紙を排除】「これはペンの暴力」 他社も抗議(24日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「こんなに滑るのか」ウルトラ警察隊が雪道訓練(24日)

 東日本大震災を受けて福島県警に県外から特別出向した警察官「ウルトラ・ポリス・フォース(ウルトラ警察隊)」が23日、福島県猪苗代町で雪道での自動車運転の訓練を受けた。雪道に慣れていない出向者が安全にパトロールできるよう県警が企画。参加者は「こんなに滑るのか」と悪戦苦闘していた。

関連記事

記事本文の続き 静岡県警や長崎県警などからの出向者約20人が参加した。スキー場の駐車場で、三角コーンを立ててつくったコースをパトカーで走行。雪に覆われた路面で直進からの急ブレーキやカーブでのハンドル操作を体験した。

 3月まで実施する訓練に特別警ら隊の145人が参加するが、半数は雪道で運転したことがないか、経験が乏しいという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子中学生が飛び降り自殺か横浜のマンション敷地内で死亡(24日)

23日午後4時半ごろ、横浜市港北区大豆戸町のマンション敷地内の路上で、同市立中学2年の女子生徒(14)が血を流して倒れているのを通りかかった人が見つけ110番通報した。女子生徒は搬送先の病院で死亡が確認された。

 港北署によると、女子生徒は私服姿で、着衣の乱れなどはなかった。同署は現場の状況から、7階建てマンションの上層階から飛び降り自殺した可能性が高いとみて調べている。

 遺書などは確認されていない。女子生徒は、このマンションに住んでおり、この日は通常通り中学校に登校して帰宅したという。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120223/crm12022323030026-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神戸のマンションで発見の遺体は住人の80代夫婦 夫の頭から出血、妻は死後数日超(24日)

神戸市北区有馬町の高齢者向け分譲マンションの一室で見つかった男女の遺体は、この部屋に住む85歳と83歳の夫婦だったことが23日、兵庫県警有馬署への取材で分かった。

 同署によると、夫は後頭部の数センチの傷から出血。妻に外傷はなかったが、少なくとも死後数日が経過しているという。夫には認知症の症状があり、2人とも持病があった。

 夫は22日午前に人工透析を受けるため通院していたという。2人の死亡時期が異なっているとみられ、同署は関係者らから事情を聴くとともに、24日に司法解剖して死因などを調べる。

 夫婦は23日午前10時半ごろ、男性管理人(62)が夫婦の部屋の新聞受けから朝刊が取り込まれていないことに気付き、チャイムを鳴らしたが反応がなかったため入室。2人が別々の部屋でうつぶせに倒れていたのを見つけた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120223/crm12022323070027-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「無免許ばれたくない…」 軽トラックにしがみつく警察官を振り払う危険運転 殺人未遂容疑で男逮捕(24日)

車にしがみついた警察官を振り払おうと危険な運転を繰り返したとして、大阪府警生野署は23日、殺人未遂容疑などで同府和泉市唐国町、電気工事業、南山文晴容疑者(57)を逮捕したと発表した。「無免許運転がばれるのがいやだった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は22日午後7時半ごろ、大阪市生野区生野西の路上で、軽トラックで一方通行を逆走したのを同署地域課の50代の男性巡査長が見つけた際、車を後退させて巡査長の自転車にぶつけ、さらに運転席付近にしがみついた巡査長を振り払おうと前進と後退を繰り返すなどし、殺害しようとしたとしている。巡査長は右手親指に軽いけが。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120223/crm12022323510029-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月23日 | トップページ | 2012年2月25日 »