« 警察官が出向 “被災地のために”(6日) | トップページ | 昨年の覚醒剤密輸摘発、過去最多の185件 欧州の若者犯罪が急増(6日) »

2012年2月 6日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(6、7日単位・レベル)

動機を知りたい

【治安つぶやき】
2009_1228_222559212

Konohaaich1

本日の1枚の写真は、愛知県警のキャラクターマスコット「コノハけいぶ」です。「コノハズク」は愛知県の県鳥。警察官の階級の「警部」は警察の象徴であるとして、年齢を問わず幅広く県民から親しまれることに願いが込められている。

昨年9月、大分県日出街のスーパー駐車場に止めた車から当時2歳の女児、琴音ちゃんが行方不明になっていた事件で35歳の母親が死体遺棄の疑いで逮捕された。

 事件当時、琴音ちゃんは足が不自由なうえ、ワゴン車の後部座席のチャイルドシートに座らされていたわずか5分の間に、ひとりで外に出るのは考えられず、犯人はスーパーの駐車場から声も出させずに連れ出していることや目撃者もないなどあまりにも完璧過ぎることから、逆に多くの疑問が残されていた。しかも、母親は事前に「防犯カメラはありますか」と聞くなど不審な行動が指摘されていた。

 こうした場合、警察は消去法の捜査を行い、第三者の関与が無いことを立証したうえで、父親など家族関係の関与を潰し、最後に残った母親からの事情聴取となる。人権問題に配慮するため十分な時間をかけるものだが、意外に早い解決となりそうだ。

 来月3日はひな祭り。行方不明になって初めての祭りとあれば、母親の心境も違ってくるものである。供述では「死んでいた」と言っており、行方不明になって110番通報を依頼した人によれば、取り乱しが相当なものだったという。愛娘が死亡して本当に動転して遺棄してしまったのか、あるいは本当の鬼母なのか、これからは調べ官の手腕が問われる部分だ。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり完全なる「平穏」(レベル1)をはずしています。

« 警察官が出向 “被災地のために”(6日) | トップページ | 昨年の覚醒剤密輸摘発、過去最多の185件 欧州の若者犯罪が急増(6日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 警察官が出向 “被災地のために”(6日) | トップページ | 昨年の覚醒剤密輸摘発、過去最多の185件 欧州の若者犯罪が急増(6日) »